もうすぐ1年

3月に入り、またいきなり寒くなり山に雪が積もり…という日もありましたが、完全に小春日和のこちら。
あたりの丘も、春らしい若草色になり、視覚的にも春らしさを感じられるようになりました♪
冬場は全然人がいなかったのに、「え?こんなに住んでいたの?(といってもしれているけど苦笑)」というくらい、人の姿がみえ、うれしくなります♪

d0179006_595150.gif


3月に入ってすでに1週間がすぎました。
11日まであと数日です。
東日本大震災から1年が経とうとしています。

震災後数ヶ月は、こちらでも毎日のようにニュースで取り上げられていましたが、半年も経つとニュースから聞こえてくることもなく…「やはり遠い日本なのか」と思ったりしていましたが、以前ブログにも書いたように、スイスの中学生達が歌でメッセージを送ってくれたり(→記事はこちら)、最近もニュースで「もうすぐ1年になります」と取り上げられていたり、新聞にも記事が載っていたり…
それに、ヨガでいつも会うものの挨拶だけのおばさまと偶然更衣室で二人になり、「あなた日本人?」というところから、日本や被災地の話になり、「1年経ったけど、絶対忘れたらだめね。本当に早く復興することを願っているんだけど…日本好きだし」と、いろんなところで3・11のことが忘れられず取り上げられています。

d0179006_5101451.gif

Yahooでも、「3・11から~2012~」という復興応援特集が組まれています。
震災への備えから、参加できるイベントや支援などがコンパクトにまとめられています。

こちらでも2月、規模は小さなものではありますが、何度か地震がありました。
コップがカタッと倒れる程度でしたが、予想もしていなかっただけに焦りました。
まさに、どこでいつ発生するかもわからない地震。
夫とは、「もしも震災が起きて連絡がつかない場合」について初めて話をしました。

d0179006_5101451.gif

「岩手県沿岸部の被災者の方々を支援するべく、遠野市民を中心として結成されたボランティア集団」の「NPO法人遠野まごころネット」さんがつながれ地球プロジェクトを企画されています。この活動もチューリッヒ在住の方に教えていただきました。
世界中のどこかで、各々が3・11の日を、犠牲となった方々のことを想い、心に一つにするというプロジェクトです。
中でも、「Hand-in-Hand -世界中で手をつなごう-」という3月11日14時46分に手をつなぎ黙祷をささげるというものは、どこにいてもできる参加できるイベント。私はちょうど夫の実家にいるので、家族と手つなぎで黙祷という形で参加しようと思っています。

d0179006_5101451.gif

私の出身の関西でもイベントがあります。
前述したNPO法人遠野まごころネットさんも実行委員となっている3・11 from Kansai~まだまだ、これから~というイベント。
3月10日、11日の2日間、復興への祈りを捧げると同時に、これからも継続的に関西からできることを考えて行こうというイベントです。

d0179006_5101451.gif

最後に、私の住むスイスでもイベントが行われます。
私が教えていただいた2つのイベントをご紹介します。
1つは、チューリッヒで3月11日に行われるチャリティバザー
スイスに住む人々が集まって日本を元気づけたいプロジェクトRECOVERY NIPPON PROJECTさんが、企画してくださっているイベントです。
去年も、震災の後早い段階で設立され、イベントを行っておられました。前回も情報を送っていただいたものの参加できずでしたが、スイスで日本人の方々が中心となって活動されているのは、とても心強いです。
収益は日本赤十字東日本大震災部門に送金されるとのことです。


もう1つは私の住む南スイスのTicino州、Bellinzona(ベッリンツォーナ)で開催されるイベントJapan Matsuri
こちらは、いろんな角度から日本を紹介し、これまでのステレオタイプの日本観をすて新たな日本を知ってもらおうというものと、3・11の震災で被災された方々を支援するという、大きくいうと2つの目的をもったイベントです。
こちらは、現地の人々が企画してくださったイベントで、スイスのティチーノ州では初めてとなる日本に関するイベント。
イベントでは、アニメ・マンガ・コスプレなどのサブカルから、着物の展示や茶道などの伝統文化、日本食やグッズの販売などもあるようです。
こちらは入場料が、日本赤十字社あしなが育英会に義援金として寄付されるとのことです。

d0179006_5101451.gif

さまざまな場所で3・11を想い、復興とこれからの未来を祈り、忘れないようにと取り組みが行われていることを知ると、改めて感謝の気持ちと、できることを今年も地道にやっていかなければという気持ちになります。

3月11日、世界中が手と想いでつながりますように。


d0179006_5121832.gif

Yahoo「3・11から~2012~」
http://shinsai.yahoo.co.jp/311/

「つながれ地球プロジェクト」
http://project311.jp/
【主催】NPO法人遠野まごころネット
http://tonomagokoro.net/

「3・11 from Kansai~まだまだ、これから~
http://www.311-kansai.com/
----------------------------------------------------
【日時】
2012年3月10日(土)11時~16時
2012年3月11日(日)10時~17時30分

【場所】
梅田スカイビル(大阪市北区大淀中1丁目1−88)
ワンダースクエア、3階回廊(10日から11日)、ステラホール(11日)
最寄駅:阪急梅田駅、JR大阪駅より徒歩10分
地図:http://www.skybldg.co.jp/access/walk.html

【参加費】
無料

【コンセプト】
「忘れない」:復興は、まさにこれから。継続的な支援を。
「おたがいさま」:困った時はおたがいさま。被災地を支える物販ブース。
「関西でできること」:今から行動を起こすために「つながる」。


チャリティーバザー@Zürich
http://web.me.com/r.n.p/ch/Event.html
【主催】RECOVERY NIPPON PROJECT
http://web.me.com/r.n.p/ch/Welcome.html
【日時】
2012年3月11日(日)12時~18時

【場所】
Gemeinschaftszentrum Riesbach
Seefeldstrasse 93, 8008 Zürich


「Japan Matsuri」@Bellinzona
http://japanmatsuri.org/
【日時】
2012年4月21日(土)
2012年4月22日(日)

【場所】
Espo Centro SA
Via G. Cattori 3
Casella postale 1119
6500 Bellinzona

※各取り組みの詳細は、各公式HPでご確認ください。
by ca_rino | 2012-03-08 21:25 | おねがい

2月は3週末イベント続きでした♪

第一週末は、Giannaさんとgioiaさんとのエンドレス新年会!(→1月だと思ってましたが、2月でした~汗)

先々週末はZugに住むmicalちゃん夫妻がTicinoまで来てくれ、合同お誕生日会♪(4人とも1月、2月生まれでした!)まだアップできていませんが‥

先週末(一昨日、昨日)は、中央スイスのLucern(ルツェルン)に住む、親友カップルの招待によりカーニバルへ♪
d0179006_6553755.gif

2月は「逃げる」といわれるように、気がつけば2月も終盤です!!早い!
土曜日は小春日和といってもいいくらい青空が広がっていたにもかかわらず、昨日のLucernは吹雪でした(汗)
こちらに戻ってくると、曇り程度でした。
ヨガのおばちゃまだけでなく、イタリアのニュースでも「北極的寒さ」と言われてしまうくらい異常な寒さを記録したヨーロッパ。まだまだ油断できない天候‥

そんな今年、はまったのは生姜
日本でも生姜ブームだったと聞いたような気がします。

私は甘い物よりも塩気のある方が昔から好きで、おなかがすいたら野菜スティックをかじったり、味噌汁を作ったりしているのですが(笑)、お菓子作りをするようになってハンディブレンダ-を買い、よく作るようになったのがスープ!
中でも生姜を使ったスープにはまりました♪

本日は夫が外食でいなかったため、私の夕食はサラダとスープ。
d0179006_604960.jpg

家にあった材料で‥
芽きゃべつとじゃがいもと生姜のポタージュスープ

【材料】
●豆乳
●芽きゃべつ
●じゃがいも
●生姜
●ブイヨン
●塩、こしょう

豆乳の中に、茹でた野菜を入れて攪拌し、その後漉す(今回は漉してない‥)。
あとは擂った生姜とブイヨンをいれ、味をみながら塩コショウで整えただけの簡単スープです。

スパイシーさと、ぽかぽか具合がたまりません、生姜!!
d0179006_652167.gif

あとは、生姜を擂って紅茶に入れて飲むようにしています♪
さらには、昔通っていた大阪のカフェで、店員のお姉さんが手作りしていた「生姜ティー」。こちらを真似て、生姜をはちみつで煮詰め瓶にストックし、飲みたいときにスプーンですくって、お湯割りしています♪
d0179006_6531871.gif
前回の帰国で、近所のお店で偶然みつけて購入してきた小川生薬の「ごぼう茶」
d0179006_63645.jpg

スイスで牛蒡に出会ったことがなかったので、「お茶で味わえたらうれしい!」という軽い気持ちで買ってきたのですが‥実は日本ではずいぶん前から話題になっていたようですね(汗)
お味は、香ばしく牛蒡の味がしっかりしていてスープみたいで、私は気に入っています♪

ちょっとググってみると、「若返り」「ダイエット」がごぼう茶のキーワード?????!!!!!
心ときめいてしまうぐらい魅力的なキーワード!!
これは、続けて飲まなくては!これから帰国時にはまとめ買い決定です♪
by ca_rino | 2012-02-21 06:47 | たべる

気軽にオペラ!@大阪

おはようございます!
では、まずはこちらから♪


モーツァルト「フィガロの結婚」の序曲。

私は、以前より財団法人大阪国際交流センターのメルマガ(詳細はこちら)をとっているのですが、今回のメルマガに以下のようなお知らせが!

d0179006_1817424.gif
※(財)大阪国際交流センターHP&メルマガより
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20120201_2281/


<<大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業>>

大阪市は、ミラノ市との姉妹都市提携30周年を記念して2012年3月4日(日)13時より大阪国際交流センター大ホールにて「オペラ公演 フィガロの結婚」を相愛大学、大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業実行委員会と共催し、観覧者150名を無料でご招待します。

本公演は、ミラノのヴェルディ音楽院と学術協定を締結している相愛大学が、ミラノから指揮者パオロ・ベッローリ氏とバリトンのロレンツォ・バッタジョン氏を招いて相愛オーケストラ第57回定期演奏会として開催するものです。イタリア語上演(日本語字幕付)であり、未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。

公演内容について、詳しくは相愛大学ホームページをごらんください。

[日時]
3月4日(日) 開演13:00 (11:30~座席券交換、12:00開場、16:00終了予定)

[場所]
大阪国際交流センター 1F 大ホール

[主催]
大阪市、相愛大学、大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業実行委員会

[後援]
在大阪イタリア総領事館、イタリア文化会館-大阪、大阪日伊協会、大阪・ミラノ姉妹都市委員会

[費用]
無料

[募集人数]
150名 ※応募多数の場合は抽選

[応募方法]
往復はがきに氏名、郵便番号・住所、年齢、電話番号、希望参加人数(2名まで)を記入の上、下記の申込み先まで送付してください。返信面に必ずお名前と住所をご記入ください。

[締切]
2月22日(水)(必着)
なお、一般購入される場合はチケットぴあでお求めください。前売り、当日とも2,000円です。なお、前売りチケットが完売の際、当日チケットの販売はありません。
0570-02-9999(Pコード/158-678)

[お申込み・お問合せ]
〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8丁目2番6号
(財)大阪国際交流センター 情報企画部
「相愛オーケストラ・オペラコンサート」係まで
電話:06-6772-9670 (お問合せ時間帯 月~土 9:00~21:00、日・祝 9:00~17:30)



大阪市とミラノは姉妹都市だと、ミラノに行ったときにGiannaさんからお伺いしたのですが、2011年で30周年だったのですね~。
いくつかイベントも組まれていたようです。
大阪市「大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業」

d0179006_18201046.gif


去年、1度友達とオペラ(町のホールで行われるような規模のもの)に行ったのですが、「事前に予習しておいてよかったー!」と。というのも、ネイティブの友達でさえも「事前にストーリー見てこないと、いきなり見ても歌声からは推測しがたい!」といっているので。
でも、音楽や舞台は好きなので、ぜひまた行ってみたいなぁと思いました!
(いつかはスカラ座なんかにも行ってみたい~♪)

今回の分は、日本語字幕もでるようなので、いい機会だと思います♪
日本にいたら申し込んでいたのになぁ‥




d0179006_18172758.gif
詳細はこちらでご確認ください!
大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業
●(財)大阪国際交流センター
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20120201_2281/

●相愛大学
http://www.soai.ac.jp/news/news_20120304_opera.html

●大阪市
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000119141.html
by ca_rino | 2012-02-14 18:12 | いべんと

一票を海外からも!

昨日、夫実家に帰ってきました。
実家はスイスの北東部にあるため、現居住地の南スイスからまさにスイス縦断です。(とはいえ、高速で3時間以内に縦断できてしまう…)

南スイスも寒く2度ほどでしたが…
d0179006_934127.jpg

d0179006_915526.jpg

北上するにつれて、白さが増して…
d0179006_920155.jpg

峠を越えるともう真っ白…
d0179006_1942677.jpg

d0179006_1985091.jpg
実家付近もこのような感じで、今朝は吹雪いています。改めて冬を実感…(日本の方が寒いなぁと思っていたので…)
d0179006_20182254.gif
前回に続いて、手続き関係。
今回の帰国時に手続きしたわけではないのですが…
むしろ返却してまいりました。
d0179006_19143393.jpg
「在外選挙人証」

在外選挙制度とは、「海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは、日本国籍を持つ20歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証を持っている人です。」外務省「在外選挙とは」より)

去年の3月にTicino州で在ジュネーブ出張駐在官事務所の出張サービスがあり、その際に在外選挙人名簿への登録申請をいたしました。
この登録をもって、スイスに住んでいても日本で国政選挙が行われる際、私も投票することができます。


私は、平成6年(1994年)5月1日以降に日本を出国してスイスに来ているため、「最終住所地」の○市選管の在外選挙人名簿に登録され、在ジュネーブ出張駐在官事務所を通じて当該選管よりこの証書が自宅に送付されてきました。


が、今回の帰国の際に○市役所に転入届を提出し、再び市民となったため、登録から削除されることになりました。そのため、○市の選管に証書を返却。
(一時帰国しても、役所で転入届を出さなければ、返却の必要も再度手続きの必要もないのですが…)

スイスへ帰国する前に再度転出届をだしたので、今では○市民ではありません…
そのため、国政選挙があった際に投票をしたいのであれば、私は事前に一から在外選挙人登録を行っておかなければならないわけです…


在外選挙人名簿登録申請をする前に
○最終居住地の役所にて「転出届」の提出
「在留届」の提出
も必要とのこと。

いろいろと手続きがあるのは大変ですが、自分のためだと思えば然るべきこと。
不明な点は問い合わせれば丁寧に教えていただけると思います。
在外選挙人名簿登録後に国政選挙があった場合は、「在外公館投票」「郵便等投票」「日本国内での投票」の3択となるようです。

こちらに来てから一度も選挙はないのですが、過去の1年間に及ぶイタリア滞在の際に「在留届」提出も、もちろん海外から投票できることも知らず、投票の機会を一度逃してしまい、その後に「在留届」の義務や「在外選挙」人名簿登録についても知りました。


さて、問題はいつ手続きをするか…
私の場合、パスポートと同じく、書類の提出のためにジュネーブまで繰り出さなければなりません。遠すぎる…
去年と同様に出張サービスがTicinoでもあることを待っている段階です。

※手続き関係は、特に申請・提出される前に、役所等の当該機関に直接ご確認していただくようお願いいたします。

d0179006_20185558.gif

外務省「在外選挙」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html
→在外選挙についての説明から、申請方法、投票方法についての説明があります。

外務省「在留届」に関する情報
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

外務省「ORRnet」
http://www.ezairyu.mofa.go.jp/
→ネット上で「在留届」の提出、また変更、さらに「帰国届」の提出ができます。
by ca_rino | 2012-01-21 08:50 | てつづき

先日のヨガの帰り、あまりにも夕焼けが燃えるようにきれいだったので写真を‥と思ったら手元にない!
いそいでカメラを取りに帰り、さらにはちょっと高台へ‥と教会のある丘に向かっていたのですが‥
d0179006_1514385.jpg
すでに時遅し。
撮りたかったあの瞬間は、たった5分の間に過ぎ去ってしまいました‥残念。


あっという間に1週間が経とうとしています。早い‥
まさに一瞬一瞬を楽しまなくては!
d0179006_2564851.jpg
今回の日本帰国でしたかったことの1つに
「パスポートの更新」
がありました。

私の住むのはスイス南端・Ticino(ティチーノ)州。
フランス語圏ジュネーブ州、ヴォー州、ヴァレー州及び、イタリア語圏ティチーノ州は在ジュネーブ出張駐在官事務所が管轄になり、諸手続きにはジュネーブまで行かなければなりません。
が‥
ティチーノとジュネーブ。
直線距離では意外と近そうですが、その間にはアルプス山脈があるため、鉄道だと以下のようなチューリッヒ経由のルートをとらなければなりません‥(涙)
d0179006_2122345.png
(参照:SBB CFF FFS(スイス国鉄)-Informazioni sul traffico ferroviarioより)
片道6時間‥

私のパスポート更新も今年の6月にせまってきており、「ついにジュネーブまで行かなければならないか‥」と思っていました。
が、こちらに住む日本人の友達に「日本で更新してきたらいいのでは?!」と言われ、はっとしたわけです。
これまで、

飛行機チケットをとる=パスポートの内容を変更できない⇒日本では更新できない

と思っていたのですが、原則変更できないのは、チケット購入時に登録された「氏名」であって、「特に氏名の変更がなければパスポート番号が変更になっても特に問題はない!」ということが発覚。
というわけで、日本帰国時に更新いたしました!


今回のパスポートからICデビューです♪

ICになって気づいたこと!
d0179006_261321.jpg
パスポートに富士山や桜のデザインがはいっている☆

10年パスポートにしたので、前回のものは21歳のもの‥若い‥
次の更新は40になりたての頃だなぁ‥と思うと、10年後もこのパスポートみて「あれ?!あまり変わってない!!」と自分で思いたいものです‥努力せねば(苦笑)


また今回更新してわかったこと
●夫姓追加について
⇒私は戸籍上は婚姻前後で苗字がかわっていませんが、スイスでの正式な苗字は(旧姓+夫姓)となっています。
外国人と婚姻した場合で、苗字が戸籍上変わっていない場合も、例外的にパスポートに夫姓を()で入れることができます。
こちらは知っていましたが、「航空券の苗字とパスポートの苗字が一致しないと言われたら困るなぁ」(事前に調べておけばよかったのですが、年末申請で、年明けにすぐ必要だったためその場で確認もできず‥)ということで、夫姓を追加せずに申請しました。

⇒今回利用したフィンエアー社に後ほど問い合わせたところ、フィンエアー社では「戸籍上姓+(夫姓)」とパスポートに記載されても、この()部分は特に関係ないとのこと。
というわけで、今回の申請時に追加してもよかったわけです。

⇒また、今後帰国した場合に、「やはり夫姓も()で追加したい!」ということであれば、それは可能とのこと。私の申請した窓口では「業務日2-3日で処理可能、費用も900円代(正確な費用を忘れてしまいました)」で可能とのこと。
ただ、外務省のHPにも書いてあるように、ICチップには()の夫姓は新規申請・追加申請であっても記録されないとのことです。(→こちらを参照ください)


●古いパスポート
⇒こちらはまた改めて書きたいのですが、外国に居住していたというのを証明するために、古いパスポートも捨てずに保管しておいた方がいいと、役所の年金担当の方からアドバイスをいただきました。
捨てるつもりはなかったのですが、今回役所で丁寧に外国に居住している際の年金受給の仕組みを教えてくださったので、助かりました。
大切に保管しておこうと思います。


※上記の情報は、私が確認したもので、航空会社や自治体によって異なることもあります。
 あくまで参考程度にしていただき、実際に必要な場合は各窓口へご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。



d0179006_2545948.gif

在ジュネーブ出張駐在官事務所
http://www.geneve.ch.emb-japan.go.jp/j_consulaire.htm

外務省「パスポート - Passport A to Z」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/index.html

外務省「こんな時、パスポート Q & A」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_4.html
by ca_rino | 2012-01-20 02:28 | てつづき

昨日、母から「日曜日の夜にNHKで世界の動画を紹介するコーナーで、日本語を知らないスイスの中学生たちが東日本大震災で被害にあった人達のために日本語で歌を歌っている動画が紹介されていて、とても感動した」というメールが入りました。

早速調べてみると、"震災復興のためのメッセージソング"「未来の友達」というタイトルでYouTubeで紹介されていました。
まずは、ぜひお聴きください。


SwissInfoでも12月に紹介されており(記事「スイスから日本に届け、「未来の友達」!」2011年12月10日付け)、すでにご存知の方も多いかもしれませんが、私はまったくしりませんでした。
音楽教師でもあるパスカル・ケーザーさんが制作し、スイス・ベルン州オースタムンディゲン(Osterm­undigen)市のデニコフェン(Dennikofen)中学校の生徒たちが、東日本大震災で被災した方々に向けて歌ったもの。
しかも全部「日本語」。もちろん彼らは日本語話者ではないのです。

聴いてみて、彼らの日本語がとても美しいことにもびっくりしましたが、何よりも元気をもらい、またとても心強く思いました。
時間が経ち、スイスで震災について取り上げられることも少なくなっている今だからこそ、この「忘れない」という気持ち、そして「これから」という前向きな気持ちにぐっときました。

YouTubeのコメント欄には制作関係者の方から「Facebook, Twitter, Mixiやブログなどで是非シェアしてください。よろしくお願いいたします。」と書かれていたので、こちらでもシェアさせていただくことにしました。

より多くの人にこのメッセージが届きますように‥
by ca_rino | 2012-01-19 02:30 | おねがい

ネットを開けないような日々が続き、気づけば年の瀬もいいところ。
2011年も日本時間では残り30分ほどになってしまいました…
ずいぶんブログもご無沙汰になり、失礼しております。
というわけでまだ
d0179006_23522696.jpg
におります。(ガキ使スペシャルをみながら…笑)
(部屋の整理をしていた時に出てきた横尾忠則氏「眠っている私」のポストカードより!)

d0179006_0573487.jpg去年はスイスの家で夫と、日本時間1月1日0時にプロセッコの1リットルボトルをあけたなぁ(→スイスはまだ夕方16時だった…その後スイスの0時を迎えるころにはできあがっていた笑)と思うと、あっという間でした。

やはり今年のことを考えるとまず思い浮かぶのが、3月11日の東北地方太平洋沖地震。
去年日本へ一時帰国した際に、「あの街のこども」という映画を観に行き、16年が経とうとしている阪神淡路大震災が今もなお自分自身の中に強く残っており、また忘れてはいけないということを再確認したところでした。その矢先に起こった震災だけに私の中ではショックも大きく、また(たとえ日本にいたとしても何もできていないだろうけれど)海外にいることが後ろめたく、もどかしく、起こったことが信じられず…というような2011年のスタートでした。
被災地の状況はまだまだ厳しく、不安が払拭されることが全くないということを、やはりこちらに帰ってくると日々のニュースからも感じます。
2012年、復興元年。
日々復興が進み、被災された皆様に安心が一日でも早く戻ってくることができることを心よりお祈り申し上げたいと思います。重ねて、私自身できることを今年も周りの方々と小さなことでも一緒にやっていきたいと思っています。

地震発生後、日本から離れた土地で支えとなったのは、夫や夫の家族、そして友達の存在でした。
特に日本人の友達には、生活面も含めていろんな面で助けていただいき、また情報交換させていただく中でつながりができたりと、気持ちの支えとなっていました。本当に感謝しています。

日本にいる友達もはるばる遊びにきてくれたり、メールや手紙やスカイプくれたりと、本当に距離を感じない。レスが遅くて有名(悪名高い?!)な私に我慢強くお付き合いしてくれて、本当にありがとう☆

今回は、家族や親戚と過ごす時間メインで帰国しているので、いつもに比べてゆっくり皆と過ごせて、そちらも充実。祖父母がいっきに老いていく様子を目の当たりにすると辛いものもありますが、人間老いていくもの。
一緒に過ごせる時間が限られているからこそ、その時間を楽しく過ごせたらいいなぁと思ったり。
普段は、家族や親戚の皆がサポートしてくれているので、安心できることもありがたいなぁと改めて思いました。

今回の帰国、11月はほぼ旅行(全力使い果たして、こちらブログにもかけておらず)で終え、その後は少し新しい世界をみてみたいなぁと着付けと華道に生まれてはじめて挑戦してみました♪(ママ友ひさちゃん先生、お世話になりました!今後もご指導よろしくお願いいたします!)


夫は、今はスイスの大雪の中。
d0179006_23474295.jpg
スキーできず、室内待機でスキー友恒例のボードゲーム「Eile mit weile
d0179006_134253.jpg
に白熱中だとか。(日本語でなんというのか知りません!が、私も小さな頃からお正月にこのゲームを家族でしていました!)

では日本に2011年もあと数分。
みなさま、よいお年をお過ごしください!
さて、年明けそばを食べようかな(笑)
年明けそばといえば、香川発で「年明けうどん」という習慣がじわじわ広がっているという話を今日耳にしました。
へ~!!
(四国新聞社 2011年12月31日「年明けうどん広がっとる県/全国制覇“王手”」
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20111231000072

2012年もどうぞよろしくお願いいたします~♪
by ca_rino | 2011-12-31 23:55 | わたしのこと

1年前に帰国したときに、「スイスからのお届け」というタイトルで3つほどお土産に買って帰るものなどを紹介したのですが、今回もきまぐれにいくつか紹介。

買ったものではないのですが、意外と喜ばれるのがこちら!
d0179006_152298.jpg
地図(これはTicino Tourism発行のものです)!

こちら、私の住むTicino州のもの。縮尺もないものですが、パノラマ地図でみていて面白いです。
d0179006_15223499.jpg
ちなみに、これは観光案内所などでいただいた無料のもの!
お土産にもなかなかいいですよ!(→こういうのが好きな人には。)
ちなみに、私の祖父、母、私、(さらには、夫、亡き夫祖父)…と地図好きなので、地図をみると彼ら用にストックしています(笑)


そんな母、先日東京にいった際に、六本木ヒルズで鳥瞰図購入してきていました!
私もほしいなぁーこれ!
d0179006_15362873.jpg



d0179006_154259.gif
今晩、夫+夫の従姉夫妻が関空へ到着。
明日から、日本旅行3週間がスタートです!
いい天気になりますよーに♪
by ca_rino | 2011-11-06 15:33 | かう

(いつものことながら。もう言い訳いいという感じかも…)ごぶさたしています。
先週、日本へ帰国し、日々12時間ぐらいごとく一日がすぎています!


帰国時におどろくこと…
○トイレの便座が低い…(関空に着いてお手洗いに行った際、「おっとー!!」となった。いつものことですが。)
○手続きが早い(役所での手続きも1時間で全て完了)
○水(やっぱり軟水)→味、髪の毛を洗うと、柔らか~!
○美容院が癒しの空間♪

などなど。


さて、テレビを観ていてついつい観てしまうのがCMなのですが、今一番耳に残っているのが滝川クリステルさんが出演している「SUZUKI」のエコカーのCM。かなりの確率で流されている気がします!
(特設HPはこちら

何がいいって、このCMソング。
フレンチポップスのSylvie Vartanが歌う「あなたのとりこ(Irresistblement)」


この曲との最初の出会いは、80年代に流れていたCanonのCM。
ビデオに録画した映画(『グーニーズ』だった笑)の間にはさむCMとして流れていて、当時小学生だった私の頭の中でずっと流れていた曲でした。(しかもこの映画をなんども観ていたので、よけい耳に残った。)
その後、名前がわからないまま時がすぎ…ラジオで「題名のわからない曲を探そう」というようなコーナーがあった時も「○○ロードショーの『グーニーズ』の間に流されていたCanonのCMで、外国人の人が出演していて…女性シンガーの曲で…という中途半端な情報ではどう説明したらいいかわからない!」というわけで投稿することもできず、また時がすぎ…


ところが、何年か前(といっても7,8年ちかく前?!)に宮崎あおいさんが出演していた「生茶」。
ありがとう~ネット環境!
さっそく「宮崎あおい」、「生茶」で検索して、この曲が判明!!

どうやらその後もいろいろなCMで使われているようですね。
この曲、1968年にリリースされた曲だとか。
え?!43年前の曲!
古さを感じない、ぴーんとくる良さ♪
歌詞がちゃんとわかっていなかった頃から、なんだかキュンキュンしてしまう一曲です♪
by ca_rino | 2011-11-05 01:40 | たのしむ

スイス母の知恵袋

こちらにきて1年半弱。
体調が悪いことが多くなり(普段はいいのですが、どこかしらイマイチなことが多かったこの1年半。水?温度?)、夫母にいろいろとアドバイスを聞くことも多かったのですが、その中「わー!」と思ったのをいくつか。


●熱の冷まし方
昨年、一度だけ熱だしました。
こちらに来てすぐは、登録やら役所婚の手続きやら、実家にいったり、夫友達にあったりバタバタの日々で、役所婚の翌日に体調を崩した私。しかし、役所婚翌日は、早朝からアルプス越え⇒夫実家近くに友達と集合して山登り⇒山の上で友達の誕生日会。
胃痛のまま山を3時間登り、翌日下山後38度近い熱。まさに疲れ。
その時に、実家で夫母がしてくれた熱の下げ方。

毛糸の靴下をお酢入り水に浸す。
⇒それを横たわった状態で履く。
⇒再び水に浸し、また履く。

日本では、おでこに水に浸したタオルをのせて‥というのが普通でしたが、その靴下バージョン!
要は、熱を頭の方から下にひっぱりおろす作用があるとか。
「足元冷やしたらダメじゃないのーー?!」と思いつつ、ぐったりしていた私は身を任せ‥たのですが、その1時間後には熱は7度ほどに下がり体もラクに!


●むかむかするときに‥
前に気分悪いな~といっていた夫に、夫母がすすめたのが、CokeCola!!
むかむかして吐き気があるときなんかは、コカコーラがいいとのこと!
たしかに、かつてはコーラは薬局で販売していたとか‥(夫談)


●腸の調子を整える
この夏、私人生初めて‥便秘(きれいな話ではなくてすみません‥)になってしまいました。
野菜の多い食事をしていたものの、家にグリルが届いてからはやはり肉の割合が前に比べて増えてしまった‥おそらくそれが原因。
体重も増え、玄米食べたり、体操したりしても効果なし。というのが続いたある日。
夫母に聞いてみてすすめられたのが、これ!
d0179006_20283022.jpg

伊語で「Semi di lino」
日本語では、亜麻の種

こちらをスプーン一杯、コップ一杯の水にいれて飲む。以上。

これをした次の日から、精神的なものかもしれませんがいきなり昔の私の腸に!!!
それ以来毎日寝る前にこの一杯を飲んでいますが、調子がいいです!

Wikipedia(日本語のリンクができないので、まずは英語のページに飛びます)によると、
亜麻の種は水かその他の水分と乳化し、卵の代用品として使用出来る。水分3に対し、亜麻の種は1ほどの割合で。主に焼き菓子などの菓子作りに向いている。亜麻の持つ食物繊維も十分に取れ、さらに栄養素も高まるため、ベジタリアン志向や卵アレルギーのある人にはお勧めの方法である

とのこと。
たしかに水にいれると、どろっと粘り気でてきます。
オーガニックショップでも聞いてみると、やはり亜麻の種を薦められました。


日本の母の知恵もちゃんと今回習得してこなくては!

知恵といえば、亀田製菓「おばあちゃんのぽたぽた焼き」
ここの個装にかかれている「おばあちゃんの知恵袋」、楽しみだったなぁ~。
追加;おばあちゃんの知恵袋、ちゃんと公式HPありました!!
http://www.potapotayaki.com/


亀田製菓つながりで、「ハッピーターン」
先日、夫と私で実家の方の友達をよんでハイキング@Ticinoを企画をしたのですが、その時に持っていった「ハッピーターン」と「とんがりコーン」(⇒いよかんさん、ありがとうございます!!)。
一瞬でなくなりました!!「おいしいーーー」と大好評。
d0179006_20474293.jpg
ハッピーターンをもつ友達の笑顔、後ろでとんがりこーんを食べる友達。ちなみに、私、一口も食べれませんでした‥でも人気があってうれしい限り♪
ハッピーターン、やるなぁ!!さすが、魔法のパウダーです♪
by ca_rino | 2011-10-18 20:52 | せいかつ