タグ:情報(その他) ( 47 ) タグの人気記事

庭園の街へ@Varese, Italy

木曜日から東スイスに位置する夫の実家に帰ってきていますが、こちらもいい天気&春まっさかりの温度で、外は半袖の人が目につきます…
さすがに私は半袖はまだ肌寒い…という気もするのですが、コートはいらない!というくらい心地いいお天気♪

春になると特に聞きたくなるのがこの曲!

神戸出身のアコースティックデュオDEPAPEPEの「パッフェルベルのカノン」。
小学校6年生の音楽会の合唱曲だった「遠い日のうた」。
パッフェルベルのカノンをベースとした合唱曲で、それ以来、「カノン」は好きな曲の1つ。
DEPAPEPEの「カノン」は、アコースティックギターの軽快な感じがお気に入り♪
今日お誕生日の小学校からの友達、すっちゃんにこの曲を贈ります♪
おめでと~!
                    d0179006_1946423.gifd0179006_1947943.gifd0179006_194858.gifd0179006_19484333.gif




約1ヶ月前の2月中旬に、もともとブログを通じて友達になったスイスZugに住むmicalちゃん夫妻が2泊3日で遊びにきてくれました。
彼女が我が家に遊びにきてくれるのは2回目♪
今回、micalちゃんの旦那さんも一緒に!彼とは初対面でした!!
ドイツ語できず、英語も「ごめんなさい」な私は、「会話できないのが残念~」と思っていたのですが、会ってすぐに彼はイタリア語(特に習ってない)やら日本語(micalちゃんから習ったのみ)やらを使って気さくに話してくれ、全く語学の壁を感じずでした♪
感謝♪そして彼のトライアル精神、見習っていかなくちゃ!!


2日目、せっかくなので私達の居住地からも近い、イタリアのVarese(ヴァレーゼ)に行ってみようということになりました!
Vareseは、ミラノがあるロンバルディア州のヴァレーゼ県の県都。地図上で赤くマークされているのがうヴァレーゼ県です。
d0179006_612540.png
(出典:Wikipedia「ヴァレーゼ県」より)

ちなみにそのすぐ隣が私の住むスイスのTicino州。
家から車で30分程の距離です。
結構大きな街だと聞いていたものの、中心にはいったことがなく…
今回2人が遠方から来てくれるので、どこがいいかな~と見ていた時にあるキーワードを発見して、Vareseに決定。
というのも、Vareseは「Città giardino」、「庭園の街」らしいのです。
私達夫婦も庭園好きで、日本滞在中は少なくとも3つは庭園めぐりをするのですが、micalちゃん夫妻は家庭菜園されていたり、旦那さんのお仕事も庭園関係と、庭に縁が深い!

Vareseのツーリズム関係のHPでも、イタリアン庭園が紹介されています。(こちらに一覧有)
どうやら、かつて別荘地として栄えていたようで、今は公私問わず多くの庭園が開放され、訪れることができるようです。

ただ…
micalちゃんの旦那さんが「冬はだいたい庭園閉めるよ…」と。
HPのどこにも季節限定友書かれておらず、とりあえず向かうことに。


土曜日だったこともあるのですが、結構な賑わい。
スイスの私の近所の街は、特に冬の間はひっそり…。なので、活気あっていいなぁと思ったり、お店もそれなりに充実していました。
d0179006_23175889.jpg
d0179006_23251698.jpg
d0179006_23423111.jpg

Piazza del Podestà
d0179006_0243941.jpg
この広場、向かって左にインフォメーションセンターが!またここの方が、すっっっっっっっごく親切でした♪
d0179006_0191457.jpg
行けばわかるだろうと思って、庭園の場所もプリントアウトすらしてこなかった私。甘かった…
どこに何があるのか全然わからない状態。唯一みつけた地図もわけわからず、地元の人捉まえて聞いても「簡単だよ…え…う…ん、この地図よくわらんなぁ…あっちいけば出てくるよ。」とかなりアバウトな説明をされ…最終的にインフォメーションセンターを発見!いろいろとパンフもくれ、地図もくれて説明していただきました。

訪れたところは、そこから徒歩ですぐの市庁舎&庭園のある「Palazzo e Giardini Estensi」
インフォメーションセンターで、
「雪つもっているくらい寒いのに、冬も開放されているんですか?」と聞いたところ…
「年中あいているわよ!!」とのこと。


早速行ってみたのですが…
d0179006_2350965.jpg
庭園…なんだけど雪積もりすぎ…
d0179006_1164357.jpgやっぱりもっと暖かくなってから来るべきでした…。
緑のある季節だと、左の写真のような庭園のようです。(出典:Varese Convention & Visitors Bureau 「Villas and Gardens」より)

せっかくなのでVareseらしい?!ところでパチリ!
d0179006_592384.jpg
男性陣は、なんか少年スタイルでパチリ!
d0179006_8515059.jpg
d0179006_4562851.jpg
micalちゃんが歩いているところは、おそらく泉であろう場所です…雪…。

お腹もすいてきたところで、庭園行く前に密かにチェックしていたピッツェリアへ…。
Associazione Verace Pizza Napoletana(真のナポリピザ)」に認定されている「Pizzeria La Piedigrotta」だったのですが、外に人が並ぶほど満員でした…

というわけで、再びインフォメーションセンターへ。
そこでおすすめしてもらったのが、「Al Vicolino Speziato」というトラットリア。
d0179006_1165177.jpg
d0179006_0282654.jpg

お昼時だったこともあり、電話で席の予約をしてくれ&道順もかなり丁寧に教えていただきました。
この親切さ、感動もの♪

私はランチのパスタセットをチョイス。
サラダ、メインとデザート、ワイン、コーヒーのセットで10ユーロしたかなぁ…というくらいでした。
スイスでなかなかランチセットに出会うことがないので、このお得な感じがうれしい♪
男性陣にはちょっと少なかったかも…
d0179006_1203645.jpg

d0179006_110463.jpg



近くても、行ったことないところがまだまだたくさん!

暖かい時期に庭園巡り&ユネスコの世界遺産に登録されている「ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ(聖なる山々)」の山の一つがSacro Monte del RosarioとしてVareseにあるので、そちらにもぜひ行ってみたいなぁ♪

d0179006_5393456.gif

Varese市の公式HP
http://www.comune.varese.it/

Varese市の観光関係
http://www.vareseturismo.it/en/frontpage
http://www.vareselandoftourism.it/
http://www.varesecittagiardino.it/lacitta.html#guidepdf(観光ガイドパンフ(伊語))

Varese市内の庭園と別荘
http://www.varesecittagiardino.it/en_lacitta.html
http://www.vareseturismo.it/en/node/3117

Al Vicolino Speziato
http://www.ristorantiinitalia.net/lombardia/varese_Al-Vicolino-Speziato_747.php
Vicolo Scuole 3, Varese, Italy
Tel: +39 0332.831838
開店時間: 12.30/15.00 - 19.30/23.30
定休日: 日曜日、月曜日の昼
※定休日や開店時間等の詳細は、事前に直接店舗へご確認ください。
by ca_rino | 2012-03-17 00:00 | りょこう

もうすぐ1年

3月に入り、またいきなり寒くなり山に雪が積もり…という日もありましたが、完全に小春日和のこちら。
あたりの丘も、春らしい若草色になり、視覚的にも春らしさを感じられるようになりました♪
冬場は全然人がいなかったのに、「え?こんなに住んでいたの?(といってもしれているけど苦笑)」というくらい、人の姿がみえ、うれしくなります♪

d0179006_595150.gif


3月に入ってすでに1週間がすぎました。
11日まであと数日です。
東日本大震災から1年が経とうとしています。

震災後数ヶ月は、こちらでも毎日のようにニュースで取り上げられていましたが、半年も経つとニュースから聞こえてくることもなく…「やはり遠い日本なのか」と思ったりしていましたが、以前ブログにも書いたように、スイスの中学生達が歌でメッセージを送ってくれたり(→記事はこちら)、最近もニュースで「もうすぐ1年になります」と取り上げられていたり、新聞にも記事が載っていたり…
それに、ヨガでいつも会うものの挨拶だけのおばさまと偶然更衣室で二人になり、「あなた日本人?」というところから、日本や被災地の話になり、「1年経ったけど、絶対忘れたらだめね。本当に早く復興することを願っているんだけど…日本好きだし」と、いろんなところで3・11のことが忘れられず取り上げられています。

d0179006_5101451.gif

Yahooでも、「3・11から~2012~」という復興応援特集が組まれています。
震災への備えから、参加できるイベントや支援などがコンパクトにまとめられています。

こちらでも2月、規模は小さなものではありますが、何度か地震がありました。
コップがカタッと倒れる程度でしたが、予想もしていなかっただけに焦りました。
まさに、どこでいつ発生するかもわからない地震。
夫とは、「もしも震災が起きて連絡がつかない場合」について初めて話をしました。

d0179006_5101451.gif

「岩手県沿岸部の被災者の方々を支援するべく、遠野市民を中心として結成されたボランティア集団」の「NPO法人遠野まごころネット」さんがつながれ地球プロジェクトを企画されています。この活動もチューリッヒ在住の方に教えていただきました。
世界中のどこかで、各々が3・11の日を、犠牲となった方々のことを想い、心に一つにするというプロジェクトです。
中でも、「Hand-in-Hand -世界中で手をつなごう-」という3月11日14時46分に手をつなぎ黙祷をささげるというものは、どこにいてもできる参加できるイベント。私はちょうど夫の実家にいるので、家族と手つなぎで黙祷という形で参加しようと思っています。

d0179006_5101451.gif

私の出身の関西でもイベントがあります。
前述したNPO法人遠野まごころネットさんも実行委員となっている3・11 from Kansai~まだまだ、これから~というイベント。
3月10日、11日の2日間、復興への祈りを捧げると同時に、これからも継続的に関西からできることを考えて行こうというイベントです。

d0179006_5101451.gif

最後に、私の住むスイスでもイベントが行われます。
私が教えていただいた2つのイベントをご紹介します。
1つは、チューリッヒで3月11日に行われるチャリティバザー
スイスに住む人々が集まって日本を元気づけたいプロジェクトRECOVERY NIPPON PROJECTさんが、企画してくださっているイベントです。
去年も、震災の後早い段階で設立され、イベントを行っておられました。前回も情報を送っていただいたものの参加できずでしたが、スイスで日本人の方々が中心となって活動されているのは、とても心強いです。
収益は日本赤十字東日本大震災部門に送金されるとのことです。


もう1つは私の住む南スイスのTicino州、Bellinzona(ベッリンツォーナ)で開催されるイベントJapan Matsuri
こちらは、いろんな角度から日本を紹介し、これまでのステレオタイプの日本観をすて新たな日本を知ってもらおうというものと、3・11の震災で被災された方々を支援するという、大きくいうと2つの目的をもったイベントです。
こちらは、現地の人々が企画してくださったイベントで、スイスのティチーノ州では初めてとなる日本に関するイベント。
イベントでは、アニメ・マンガ・コスプレなどのサブカルから、着物の展示や茶道などの伝統文化、日本食やグッズの販売などもあるようです。
こちらは入場料が、日本赤十字社あしなが育英会に義援金として寄付されるとのことです。

d0179006_5101451.gif

さまざまな場所で3・11を想い、復興とこれからの未来を祈り、忘れないようにと取り組みが行われていることを知ると、改めて感謝の気持ちと、できることを今年も地道にやっていかなければという気持ちになります。

3月11日、世界中が手と想いでつながりますように。


d0179006_5121832.gif

Yahoo「3・11から~2012~」
http://shinsai.yahoo.co.jp/311/

「つながれ地球プロジェクト」
http://project311.jp/
【主催】NPO法人遠野まごころネット
http://tonomagokoro.net/

「3・11 from Kansai~まだまだ、これから~
http://www.311-kansai.com/
----------------------------------------------------
【日時】
2012年3月10日(土)11時~16時
2012年3月11日(日)10時~17時30分

【場所】
梅田スカイビル(大阪市北区大淀中1丁目1−88)
ワンダースクエア、3階回廊(10日から11日)、ステラホール(11日)
最寄駅:阪急梅田駅、JR大阪駅より徒歩10分
地図:http://www.skybldg.co.jp/access/walk.html

【参加費】
無料

【コンセプト】
「忘れない」:復興は、まさにこれから。継続的な支援を。
「おたがいさま」:困った時はおたがいさま。被災地を支える物販ブース。
「関西でできること」:今から行動を起こすために「つながる」。


チャリティーバザー@Zürich
http://web.me.com/r.n.p/ch/Event.html
【主催】RECOVERY NIPPON PROJECT
http://web.me.com/r.n.p/ch/Welcome.html
【日時】
2012年3月11日(日)12時~18時

【場所】
Gemeinschaftszentrum Riesbach
Seefeldstrasse 93, 8008 Zürich


「Japan Matsuri」@Bellinzona
http://japanmatsuri.org/
【日時】
2012年4月21日(土)
2012年4月22日(日)

【場所】
Espo Centro SA
Via G. Cattori 3
Casella postale 1119
6500 Bellinzona

※各取り組みの詳細は、各公式HPでご確認ください。
by ca_rino | 2012-03-08 21:25 | おねがい

気軽にオペラ!@大阪

おはようございます!
では、まずはこちらから♪


モーツァルト「フィガロの結婚」の序曲。

私は、以前より財団法人大阪国際交流センターのメルマガ(詳細はこちら)をとっているのですが、今回のメルマガに以下のようなお知らせが!

d0179006_1817424.gif
※(財)大阪国際交流センターHP&メルマガより
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20120201_2281/


<<大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業>>

大阪市は、ミラノ市との姉妹都市提携30周年を記念して2012年3月4日(日)13時より大阪国際交流センター大ホールにて「オペラ公演 フィガロの結婚」を相愛大学、大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業実行委員会と共催し、観覧者150名を無料でご招待します。

本公演は、ミラノのヴェルディ音楽院と学術協定を締結している相愛大学が、ミラノから指揮者パオロ・ベッローリ氏とバリトンのロレンツォ・バッタジョン氏を招いて相愛オーケストラ第57回定期演奏会として開催するものです。イタリア語上演(日本語字幕付)であり、未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。

公演内容について、詳しくは相愛大学ホームページをごらんください。

[日時]
3月4日(日) 開演13:00 (11:30~座席券交換、12:00開場、16:00終了予定)

[場所]
大阪国際交流センター 1F 大ホール

[主催]
大阪市、相愛大学、大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業実行委員会

[後援]
在大阪イタリア総領事館、イタリア文化会館-大阪、大阪日伊協会、大阪・ミラノ姉妹都市委員会

[費用]
無料

[募集人数]
150名 ※応募多数の場合は抽選

[応募方法]
往復はがきに氏名、郵便番号・住所、年齢、電話番号、希望参加人数(2名まで)を記入の上、下記の申込み先まで送付してください。返信面に必ずお名前と住所をご記入ください。

[締切]
2月22日(水)(必着)
なお、一般購入される場合はチケットぴあでお求めください。前売り、当日とも2,000円です。なお、前売りチケットが完売の際、当日チケットの販売はありません。
0570-02-9999(Pコード/158-678)

[お申込み・お問合せ]
〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8丁目2番6号
(財)大阪国際交流センター 情報企画部
「相愛オーケストラ・オペラコンサート」係まで
電話:06-6772-9670 (お問合せ時間帯 月~土 9:00~21:00、日・祝 9:00~17:30)



大阪市とミラノは姉妹都市だと、ミラノに行ったときにGiannaさんからお伺いしたのですが、2011年で30周年だったのですね~。
いくつかイベントも組まれていたようです。
大阪市「大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業」

d0179006_18201046.gif


去年、1度友達とオペラ(町のホールで行われるような規模のもの)に行ったのですが、「事前に予習しておいてよかったー!」と。というのも、ネイティブの友達でさえも「事前にストーリー見てこないと、いきなり見ても歌声からは推測しがたい!」といっているので。
でも、音楽や舞台は好きなので、ぜひまた行ってみたいなぁと思いました!
(いつかはスカラ座なんかにも行ってみたい~♪)

今回の分は、日本語字幕もでるようなので、いい機会だと思います♪
日本にいたら申し込んでいたのになぁ‥




d0179006_18172758.gif
詳細はこちらでご確認ください!
大阪・ミラノ姉妹都市提携30周年記念事業
●(財)大阪国際交流センター
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20120201_2281/

●相愛大学
http://www.soai.ac.jp/news/news_20120304_opera.html

●大阪市
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000119141.html
by ca_rino | 2012-02-14 18:12 | いべんと

d0179006_245221.jpg
土曜日は雪景色だった実家周辺も、翌日には雨がふり、みどりが顔をだしました‥
d0179006_2245022.jpg
日曜日は店が閉まっているため、散歩をして日曜日をすごす人が多いのです。
そんなわけで私たち夫婦も夫両親と、早速散歩へ。
緑が顔をだしたとはいえ、まだまだ冷える季節。とはいえ、散歩している人たちに何組も出会いました。


d0179006_291587.gif
さて、ひさしぶりに「スイスからのお届け」。(って誰も待っていない?!)
スイスで生活をしはじめてから、スキンケアも少しずつこちらのものに変えていっているのですが、実際変えたのはクリーム類のみ。
その中のひとつで、今愛用しているのがこちら!
d0179006_138119.jpg

VITACREME B12

コスメのいろんな情報を教えてくれる友達が、「スイスの製品で今話題になっているのがあるから、帰国するときに買ってきてもらえない?」と連絡がきて初めて存在をしりました。
どうやら、日本だけでなく、世界中で話題の商品だとか(公式HPによると27カ国で販売されているとのこと)‥
(発売元 Darvidis S.Aの公式サイト
http://www.darvidis.ch/cosmetic/index.php?lang=en

スイスのフランス語圏、Lausanne(ローザンヌ)で製造され、the Swiss Vitamin Instituteで品質管理を受けているこのVitacremeシリーズは、アルプスの氷河水が使われているとのこと。
また、このクリームに含まれているビタミンB12というのは、植物性食品にはほとんど含まれず、レバーや貝類、納豆などに多く含まれるとのこと。肌に関しては、再生効果を発揮するらしいです。
(ビタミンB12についてはこちら(独立行政法人国立健康・栄養研究所/「健康食品」の安全性・有効性情報より))

どこに売っているのかわからなかったので、とりあえず近くの薬局で問い合わせたところ、取り寄せ注文ができ、私もためしに使っています。

匂いがきついのですが、肌の弱い私は今のところあれることもなく、さらっとなじんで気に入っています。
クリームの色もピンクで、最初は「え??」と思ったのですが、これはビタミンB12の色らしいです。
自分に合うものを探すのはなかなか大変ですが、毎回日本から購入してくるのも大変‥
少しずつ、合うものをみつけて、また紹介できればと思います!


※「Vitacreameシリーズ」は、製造元の了承のもと日本市場向けの「Vitacreameシリーズ」が正規代理店より販売されているようです。(海外専用品には、日本の薬事法で禁止されている防腐剤が含まれているという理由から。)
また偽造品も出回っているとのこと。
スイスで購入した物は、私の肌には合いましたが、日本で禁止されている物質が含まれているとのこと。もしもご使用される場合は事前にお試しをされるなど安全性を確認してから、注意してご利用された方がいいと思います。

by ca_rino | 2012-01-22 20:28 | かう

一票を海外からも!

昨日、夫実家に帰ってきました。
実家はスイスの北東部にあるため、現居住地の南スイスからまさにスイス縦断です。(とはいえ、高速で3時間以内に縦断できてしまう…)

南スイスも寒く2度ほどでしたが…
d0179006_934127.jpg

d0179006_915526.jpg

北上するにつれて、白さが増して…
d0179006_920155.jpg

峠を越えるともう真っ白…
d0179006_1942677.jpg

d0179006_1985091.jpg
実家付近もこのような感じで、今朝は吹雪いています。改めて冬を実感…(日本の方が寒いなぁと思っていたので…)
d0179006_20182254.gif
前回に続いて、手続き関係。
今回の帰国時に手続きしたわけではないのですが…
むしろ返却してまいりました。
d0179006_19143393.jpg
「在外選挙人証」

在外選挙制度とは、「海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは、日本国籍を持つ20歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証を持っている人です。」外務省「在外選挙とは」より)

去年の3月にTicino州で在ジュネーブ出張駐在官事務所の出張サービスがあり、その際に在外選挙人名簿への登録申請をいたしました。
この登録をもって、スイスに住んでいても日本で国政選挙が行われる際、私も投票することができます。


私は、平成6年(1994年)5月1日以降に日本を出国してスイスに来ているため、「最終住所地」の○市選管の在外選挙人名簿に登録され、在ジュネーブ出張駐在官事務所を通じて当該選管よりこの証書が自宅に送付されてきました。


が、今回の帰国の際に○市役所に転入届を提出し、再び市民となったため、登録から削除されることになりました。そのため、○市の選管に証書を返却。
(一時帰国しても、役所で転入届を出さなければ、返却の必要も再度手続きの必要もないのですが…)

スイスへ帰国する前に再度転出届をだしたので、今では○市民ではありません…
そのため、国政選挙があった際に投票をしたいのであれば、私は事前に一から在外選挙人登録を行っておかなければならないわけです…


在外選挙人名簿登録申請をする前に
○最終居住地の役所にて「転出届」の提出
「在留届」の提出
も必要とのこと。

いろいろと手続きがあるのは大変ですが、自分のためだと思えば然るべきこと。
不明な点は問い合わせれば丁寧に教えていただけると思います。
在外選挙人名簿登録後に国政選挙があった場合は、「在外公館投票」「郵便等投票」「日本国内での投票」の3択となるようです。

こちらに来てから一度も選挙はないのですが、過去の1年間に及ぶイタリア滞在の際に「在留届」提出も、もちろん海外から投票できることも知らず、投票の機会を一度逃してしまい、その後に「在留届」の義務や「在外選挙」人名簿登録についても知りました。


さて、問題はいつ手続きをするか…
私の場合、パスポートと同じく、書類の提出のためにジュネーブまで繰り出さなければなりません。遠すぎる…
去年と同様に出張サービスがTicinoでもあることを待っている段階です。

※手続き関係は、特に申請・提出される前に、役所等の当該機関に直接ご確認していただくようお願いいたします。

d0179006_20185558.gif

外務省「在外選挙」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html
→在外選挙についての説明から、申請方法、投票方法についての説明があります。

外務省「在留届」に関する情報
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

外務省「ORRnet」
http://www.ezairyu.mofa.go.jp/
→ネット上で「在留届」の提出、また変更、さらに「帰国届」の提出ができます。
by ca_rino | 2012-01-21 08:50 | てつづき

先日のヨガの帰り、あまりにも夕焼けが燃えるようにきれいだったので写真を‥と思ったら手元にない!
いそいでカメラを取りに帰り、さらにはちょっと高台へ‥と教会のある丘に向かっていたのですが‥
d0179006_1514385.jpg
すでに時遅し。
撮りたかったあの瞬間は、たった5分の間に過ぎ去ってしまいました‥残念。


あっという間に1週間が経とうとしています。早い‥
まさに一瞬一瞬を楽しまなくては!
d0179006_2564851.jpg
今回の日本帰国でしたかったことの1つに
「パスポートの更新」
がありました。

私の住むのはスイス南端・Ticino(ティチーノ)州。
フランス語圏ジュネーブ州、ヴォー州、ヴァレー州及び、イタリア語圏ティチーノ州は在ジュネーブ出張駐在官事務所が管轄になり、諸手続きにはジュネーブまで行かなければなりません。
が‥
ティチーノとジュネーブ。
直線距離では意外と近そうですが、その間にはアルプス山脈があるため、鉄道だと以下のようなチューリッヒ経由のルートをとらなければなりません‥(涙)
d0179006_2122345.png
(参照:SBB CFF FFS(スイス国鉄)-Informazioni sul traffico ferroviarioより)
片道6時間‥

私のパスポート更新も今年の6月にせまってきており、「ついにジュネーブまで行かなければならないか‥」と思っていました。
が、こちらに住む日本人の友達に「日本で更新してきたらいいのでは?!」と言われ、はっとしたわけです。
これまで、

飛行機チケットをとる=パスポートの内容を変更できない⇒日本では更新できない

と思っていたのですが、原則変更できないのは、チケット購入時に登録された「氏名」であって、「特に氏名の変更がなければパスポート番号が変更になっても特に問題はない!」ということが発覚。
というわけで、日本帰国時に更新いたしました!


今回のパスポートからICデビューです♪

ICになって気づいたこと!
d0179006_261321.jpg
パスポートに富士山や桜のデザインがはいっている☆

10年パスポートにしたので、前回のものは21歳のもの‥若い‥
次の更新は40になりたての頃だなぁ‥と思うと、10年後もこのパスポートみて「あれ?!あまり変わってない!!」と自分で思いたいものです‥努力せねば(苦笑)


また今回更新してわかったこと
●夫姓追加について
⇒私は戸籍上は婚姻前後で苗字がかわっていませんが、スイスでの正式な苗字は(旧姓+夫姓)となっています。
外国人と婚姻した場合で、苗字が戸籍上変わっていない場合も、例外的にパスポートに夫姓を()で入れることができます。
こちらは知っていましたが、「航空券の苗字とパスポートの苗字が一致しないと言われたら困るなぁ」(事前に調べておけばよかったのですが、年末申請で、年明けにすぐ必要だったためその場で確認もできず‥)ということで、夫姓を追加せずに申請しました。

⇒今回利用したフィンエアー社に後ほど問い合わせたところ、フィンエアー社では「戸籍上姓+(夫姓)」とパスポートに記載されても、この()部分は特に関係ないとのこと。
というわけで、今回の申請時に追加してもよかったわけです。

⇒また、今後帰国した場合に、「やはり夫姓も()で追加したい!」ということであれば、それは可能とのこと。私の申請した窓口では「業務日2-3日で処理可能、費用も900円代(正確な費用を忘れてしまいました)」で可能とのこと。
ただ、外務省のHPにも書いてあるように、ICチップには()の夫姓は新規申請・追加申請であっても記録されないとのことです。(→こちらを参照ください)


●古いパスポート
⇒こちらはまた改めて書きたいのですが、外国に居住していたというのを証明するために、古いパスポートも捨てずに保管しておいた方がいいと、役所の年金担当の方からアドバイスをいただきました。
捨てるつもりはなかったのですが、今回役所で丁寧に外国に居住している際の年金受給の仕組みを教えてくださったので、助かりました。
大切に保管しておこうと思います。


※上記の情報は、私が確認したもので、航空会社や自治体によって異なることもあります。
 あくまで参考程度にしていただき、実際に必要な場合は各窓口へご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。



d0179006_2545948.gif

在ジュネーブ出張駐在官事務所
http://www.geneve.ch.emb-japan.go.jp/j_consulaire.htm

外務省「パスポート - Passport A to Z」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/index.html

外務省「こんな時、パスポート Q & A」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_4.html
by ca_rino | 2012-01-20 02:28 | てつづき

1年前に帰国したときに、「スイスからのお届け」というタイトルで3つほどお土産に買って帰るものなどを紹介したのですが、今回もきまぐれにいくつか紹介。

買ったものではないのですが、意外と喜ばれるのがこちら!
d0179006_152298.jpg
地図(これはTicino Tourism発行のものです)!

こちら、私の住むTicino州のもの。縮尺もないものですが、パノラマ地図でみていて面白いです。
d0179006_15223499.jpg
ちなみに、これは観光案内所などでいただいた無料のもの!
お土産にもなかなかいいですよ!(→こういうのが好きな人には。)
ちなみに、私の祖父、母、私、(さらには、夫、亡き夫祖父)…と地図好きなので、地図をみると彼ら用にストックしています(笑)


そんな母、先日東京にいった際に、六本木ヒルズで鳥瞰図購入してきていました!
私もほしいなぁーこれ!
d0179006_15362873.jpg



d0179006_154259.gif
今晩、夫+夫の従姉夫妻が関空へ到着。
明日から、日本旅行3週間がスタートです!
いい天気になりますよーに♪
by ca_rino | 2011-11-06 15:33 | かう

スイス母の知恵袋

こちらにきて1年半弱。
体調が悪いことが多くなり(普段はいいのですが、どこかしらイマイチなことが多かったこの1年半。水?温度?)、夫母にいろいろとアドバイスを聞くことも多かったのですが、その中「わー!」と思ったのをいくつか。


●熱の冷まし方
昨年、一度だけ熱だしました。
こちらに来てすぐは、登録やら役所婚の手続きやら、実家にいったり、夫友達にあったりバタバタの日々で、役所婚の翌日に体調を崩した私。しかし、役所婚翌日は、早朝からアルプス越え⇒夫実家近くに友達と集合して山登り⇒山の上で友達の誕生日会。
胃痛のまま山を3時間登り、翌日下山後38度近い熱。まさに疲れ。
その時に、実家で夫母がしてくれた熱の下げ方。

毛糸の靴下をお酢入り水に浸す。
⇒それを横たわった状態で履く。
⇒再び水に浸し、また履く。

日本では、おでこに水に浸したタオルをのせて‥というのが普通でしたが、その靴下バージョン!
要は、熱を頭の方から下にひっぱりおろす作用があるとか。
「足元冷やしたらダメじゃないのーー?!」と思いつつ、ぐったりしていた私は身を任せ‥たのですが、その1時間後には熱は7度ほどに下がり体もラクに!


●むかむかするときに‥
前に気分悪いな~といっていた夫に、夫母がすすめたのが、CokeCola!!
むかむかして吐き気があるときなんかは、コカコーラがいいとのこと!
たしかに、かつてはコーラは薬局で販売していたとか‥(夫談)


●腸の調子を整える
この夏、私人生初めて‥便秘(きれいな話ではなくてすみません‥)になってしまいました。
野菜の多い食事をしていたものの、家にグリルが届いてからはやはり肉の割合が前に比べて増えてしまった‥おそらくそれが原因。
体重も増え、玄米食べたり、体操したりしても効果なし。というのが続いたある日。
夫母に聞いてみてすすめられたのが、これ!
d0179006_20283022.jpg

伊語で「Semi di lino」
日本語では、亜麻の種

こちらをスプーン一杯、コップ一杯の水にいれて飲む。以上。

これをした次の日から、精神的なものかもしれませんがいきなり昔の私の腸に!!!
それ以来毎日寝る前にこの一杯を飲んでいますが、調子がいいです!

Wikipedia(日本語のリンクができないので、まずは英語のページに飛びます)によると、
亜麻の種は水かその他の水分と乳化し、卵の代用品として使用出来る。水分3に対し、亜麻の種は1ほどの割合で。主に焼き菓子などの菓子作りに向いている。亜麻の持つ食物繊維も十分に取れ、さらに栄養素も高まるため、ベジタリアン志向や卵アレルギーのある人にはお勧めの方法である

とのこと。
たしかに水にいれると、どろっと粘り気でてきます。
オーガニックショップでも聞いてみると、やはり亜麻の種を薦められました。


日本の母の知恵もちゃんと今回習得してこなくては!

知恵といえば、亀田製菓「おばあちゃんのぽたぽた焼き」
ここの個装にかかれている「おばあちゃんの知恵袋」、楽しみだったなぁ~。
追加;おばあちゃんの知恵袋、ちゃんと公式HPありました!!
http://www.potapotayaki.com/


亀田製菓つながりで、「ハッピーターン」
先日、夫と私で実家の方の友達をよんでハイキング@Ticinoを企画をしたのですが、その時に持っていった「ハッピーターン」と「とんがりコーン」(⇒いよかんさん、ありがとうございます!!)。
一瞬でなくなりました!!「おいしいーーー」と大好評。
d0179006_20474293.jpg
ハッピーターンをもつ友達の笑顔、後ろでとんがりこーんを食べる友達。ちなみに、私、一口も食べれませんでした‥でも人気があってうれしい限り♪
ハッピーターン、やるなぁ!!さすが、魔法のパウダーです♪
by ca_rino | 2011-10-18 20:52 | せいかつ

お得なTrenitalia情報

普段更新が滞っているにもかかわらず、「こんなに更新してどうしたん?」と思われてしまう方がいてもおかしくないのですが‥
d0179006_23274712.gif


ちょっとお得な情報があるので、メモ程度にご紹介です。
昨日は、「こちらの電車ったら!」と愚痴のような記事を書いたのですが、その一方でスイス連邦鉄道イタリア国鉄もいろんな割引キャンペーンをしています。

今回利用したのは、イタリア国鉄のもの。
イタリア国鉄TrenitaliaのHPに入ってもらうと‥
上方に「Promazioni e Offerte(英語 Offer and deals)」というバナーがあるのですが、そこがキャンペーン情報!

d0179006_4534255.jpg
(※画像クリックしていただくと、拡大します。)
現在
MINI prices for the 150 years(イタリア統一150周年記念割引)
Sabato Italiano offer 2x1
 (土曜日出発に限り、1人分通常料金で2人分チケット購入)
Same-day return offer(日帰り往復、2等車109ユーロ)
などのキャンペーンが実施中です。

各キャンペーン、購入期限やら条件(該当する席が売れた時点で割引終了など)があるのですが、早く買えばそれだけ該当する席が残っているわけで、お得!
前回のヴェネツィア行きの際にこれらのキャンペーンに気づいたのですが、ぎりぎりすぎて無理でした。がっかり。
というわけで、来週のローマ行きにこちら「イタリア統一150周年記念割引」を利用してみました!
通常よりも合計81ユーロく買えて満足!

たとえば、とある日のミラノからローマ行きを検索すると‥
d0179006_4592530.jpg
(※画像クリックしていただくと、拡大します。)

・通常価格が91ユーロ
・日帰り往復割引の片道分が54.5ユーロ
・150周年記念割引「MINI」が55ユーロ


150周年記念割引を使うと、36ユーロもお得!ちなみに、今日同じ時刻の列車を見てみると、9ユーロ上がって、64ユーロになっていました。
やはり早ければそれだけお得!

イタリア旅行の予定がある方、一度こちらイタリア国鉄HPのプロモーションをチェックしてみてください!

d0179006_23372126.gif

イタリア国鉄 Trenitalia
http://www.trenitalia.com/
⇒「Promazioni e Offerte(英語 Offer and deals)」にお得な情報有

スイス連邦鉄道 SBB CFF FFS
http://www.sbb.ch/en/home.html
⇒「Leisure & holidays」にお得な情報有

※割引情報の詳細は、各自ご確認ください!


d0179006_23584943.gifおまけ
スイス連邦鉄道「SBB CFF FFS」といいますが、これは
SBB (独語) Schweizerische Bundesbahnen
CFF (独語) Chemins de Fer Fédéraux Suisses
FFS (伊語) Ferrovie Federali Svizzere

スイス公用語の独語、仏語、伊語の「スイス連邦鉄道」から頭文字をとったものです。
もう1つの公用語、ロマンシュ語は表記されていませんが、さすが多言語国家!
by ca_rino | 2011-09-23 23:59 | いどう

実は、○○○の産地!

週末に、急遽ヴェネツィアにいってきました!暑いのなんの。
というか、蒸し暑かった。
最終日に、「大雨がきて、10度ちかく下がるよ」とラルベロのKanaeさんとPinoから伺ったのですが、見事的中。
午後の電車に乗った時点で、外が見えないほどの大雨。
スイスに着いたら、長袖のジャケットをきてもひんやり。
異常に暑かった日々も終わり、もう秋です。
d0179006_0203144.gif


秋‥といえば、やっぱりグルメ
前回、秋といえばスポーツと書いたくせに‥(苦笑)
「秋」という言葉は、どんな言葉でも合ってしまうから仕方ない!

今週末に、私の住む南スイスでも比較的大きな(???)町Mendrisio(メンドリジオ)で大きなお祭りが行われます!

その名も

Sagra dell'uva(サグラ デル ウーヴァ)

訳して、「ワイン祭り」です。

d0179006_23411079.jpg
(画像をクリックすると公式HPに飛びます♪が、イタリア語のみ&音楽でます!!)
(スイス政府観光局HPのワイン祭りはこちら

このMendrisiottoは、実はワインメルロー種で有名な地方でもあります。
毎年9月の末の週末がこのワイン祭りで、一年で一番にぎわう日(だと思います。)

若者は、金、土の夜に行くとか。
去年は友達家族と日曜日の午後にのんびり行ってきました。

この地方のワインが飲めたり。
d0179006_022187.jpg
d0179006_04512.jpg


ワイン祭りといっても、ワインだけじゃない!
この地方のチーズや、サラミ、ポレンタも。
d0179006_23331345.jpg
d0179006_23372242.jpg


仏像も並んでしまうような(笑)、フリマや‥
d0179006_23292134.jpg
d0179006_2331787.jpg


パン、お菓子なども販売されます。
d0179006_23245841.jpg
d0179006_23263447.jpg


そして、この地域の郷土料理も食べれるのですが、去年はその写真を撮り忘れ‥
ポレンタ、オッソブッコ、リゾット(郷土料理の写真つきの記事はこちら)などが、ワインと一緒にいただけます♪

親しくしている友達夫妻は、栗のスタンドを出していたり。
d0179006_2340455.jpg
d0179006_23353220.jpg
d0179006_23384020.jpg


去年が初めての参加でしたが、このお祭りが近くなってくると「秋だな~」と感じます。
さらにこの時期は、いろんなところで味覚を楽しむお祭りが行われる!!
やっぱり秋は「食」がかかせませんね♪

d0179006_0245656.gif


Sagra dell'uvaワイン祭り)
@Mendrisio

2011年9月23日~25日
http://www.sagradelluva.ch/(伊語のみ)
⇒毎年9月の最終週末(金、土、日)に開催

Mendrisiotto観光情報
http://www.mendrisiottoturismo.ch/(英語、独語、伊語、仏語)

Sagra della castagna e festa autunnale(栗祭り)
@Ascona

2011年10月1日~8日

http://www.ascona-locarno.com/en/commons/details/Sagra-delle-castagne-e-festa-d-autunno-br-1-e-8-ottobre-2011/98287.html(Locarno・Ascona観光情報より)
http://www.ascona.ch/(Ascona市公式HP)

Ascona・Locarno観光情報
http://www.ascona-locarno.com(英語、独語、伊語、仏語)

Sagra della Castagna (栗祭り)
@Valle di Muggio

2011年10月9日
http://www.valledimuggio.ch/Desktopdefault.aspx?tabId=38&languageId=1&page=3(Muggio谷地域公式HPより)
http://www.mendrisiottoturismo.ch/no_cache/en/agenda/recurring-events/9102011-chestnut-festival.html(Mendrisiotto観光情報HPより)
http://www.valledimuggio.ch/(Muggio谷地域公式HP、伊語のみ)

食の祭り・グルメイベント@スイス
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/event/food/
⇒スイス政府観光局公式HPに写真つきの説明があります。
by ca_rino | 2011-09-22 00:17 | いべんと