こんにちは!
寒さマシになったかと思いきや、相変わらず-10℃‥。
春はまだ遠い。

そんな中、換気十分にしていたはずなのに、壁の隙間(アパート結構古い)からカビが生えているのが発覚。
昨夜は急いでベッドのマットレスを寝室からリビングへ移動、タンスの外にかけていた服やカバン一式を他の部屋へ移動。
寝室は家具意外はすっからかんで、今は管理会社への問い合わせ中‥。
カビ処理にはエタノールがいいらしいので、買いにいってまいります(涙)
d0179006_016660.jpg

スイスで、私は車の免許証を持っているのですが、一度も(一度練習で乗ったがMTに左ハンドルに‥と大混乱だった‥)乗っておりません。
そのため移動は電車!
スイスの電車はルートが整備されており時間で、車内もきれい。
さらには、車窓からの景色もすばらしいので、長時間移動も飽きないのがいいところ。

一日での移動なら、役所が発行している「一日乗車券」(過去の記事はこちら)を事前に購入するようにしているのですが、今回のように2日間にわたる場合は、一日乗車券×2日分がお徳だとは一概にいえず‥
私は、スイス国鉄の年間半額カードをもっているため、一般料金の値段の半額でチケットが購入できます。
さらに、スイス国鉄公式HPでもSupersaver ticketsが販売されているので、事前に購入しているとこちらの方がお徳な場合もあります!
今回は、Supersaver ticketsを利用。
片道(通常)CHF67→(半額カードを持っていると)CHF33.50のところが‥
行きは、CHF30.20
帰りは、CHF26.80
で購入できました!
※但し、日時指定でした。詳しくはわかりませんが、乗車できる電車も限られているようです。


d0179006_23173078.jpg
(出典;スイス国鉄HPより)
電車の中からですが、お天気もよかったので写真とって見ました。
「スイスの車窓から」をお楽しみください!
※地図の番号と、写真の番号は対応していますが、私の感覚なので多少ずれているかもしれませんがご了承ください(*_*;

San Giorgio(サンジョルジョ)山San Salvatore(サンサルバトーレ)山
d0179006_223252100.jpg
d0179006_2250495.jpg


Lugano(ルガーノ)駅
d0179006_22513542.jpg


d0179006_22523496.jpg


d0179006_22533129.jpg


d0179006_22574815.jpg
d0179006_2305629.jpg


d0179006_2353236.jpg


Zürich(チューリッヒ)駅
d0179006_22592563.jpg

d0179006_2373362.jpg
待ち合わせスポットが多い♪私たちは‥
d0179006_2395354.jpg
こちらの天使下で待ち合わせ!
d0179006_23111966.jpg

d0179006_23133761.jpg


SanGottardo(サンゴッタルド)トンネルこちら参照)のすぐ北に位置するGöschenen(ゲシェネン)。吹雪!
d0179006_23154542.jpg


⑨サンゴッタルドトンネルを抜けると、イタリア語圏Ticino(ティチーノ)州。天気は晴れ!
d0179006_23171098.jpg

帰りは、意識朦朧とうとうと‥としているうちに、乗り換えになり‥写真少ないですが(笑)
いい週始まりをお迎えください♪


d0179006_0162652.jpg
スイス国鉄公式HP
http://www.sbb.ch/en/home.html

スイス国鉄―Supersaver tickets
http://www.sbb.ch/en/travelcards-and-tickets/tickets-for-switzerland/supersaver-tickets.html

※イタリア国鉄とスイス国鉄について書いた以前の記事は下記です♪
http://vitacarina.exblog.jp/14615027/
by ca_rino | 2012-02-13 23:02 | りょこう

お得なTrenitalia情報

普段更新が滞っているにもかかわらず、「こんなに更新してどうしたん?」と思われてしまう方がいてもおかしくないのですが‥
d0179006_23274712.gif


ちょっとお得な情報があるので、メモ程度にご紹介です。
昨日は、「こちらの電車ったら!」と愚痴のような記事を書いたのですが、その一方でスイス連邦鉄道イタリア国鉄もいろんな割引キャンペーンをしています。

今回利用したのは、イタリア国鉄のもの。
イタリア国鉄TrenitaliaのHPに入ってもらうと‥
上方に「Promazioni e Offerte(英語 Offer and deals)」というバナーがあるのですが、そこがキャンペーン情報!

d0179006_4534255.jpg
(※画像クリックしていただくと、拡大します。)
現在
MINI prices for the 150 years(イタリア統一150周年記念割引)
Sabato Italiano offer 2x1
 (土曜日出発に限り、1人分通常料金で2人分チケット購入)
Same-day return offer(日帰り往復、2等車109ユーロ)
などのキャンペーンが実施中です。

各キャンペーン、購入期限やら条件(該当する席が売れた時点で割引終了など)があるのですが、早く買えばそれだけ該当する席が残っているわけで、お得!
前回のヴェネツィア行きの際にこれらのキャンペーンに気づいたのですが、ぎりぎりすぎて無理でした。がっかり。
というわけで、来週のローマ行きにこちら「イタリア統一150周年記念割引」を利用してみました!
通常よりも合計81ユーロく買えて満足!

たとえば、とある日のミラノからローマ行きを検索すると‥
d0179006_4592530.jpg
(※画像クリックしていただくと、拡大します。)

・通常価格が91ユーロ
・日帰り往復割引の片道分が54.5ユーロ
・150周年記念割引「MINI」が55ユーロ


150周年記念割引を使うと、36ユーロもお得!ちなみに、今日同じ時刻の列車を見てみると、9ユーロ上がって、64ユーロになっていました。
やはり早ければそれだけお得!

イタリア旅行の予定がある方、一度こちらイタリア国鉄HPのプロモーションをチェックしてみてください!

d0179006_23372126.gif

イタリア国鉄 Trenitalia
http://www.trenitalia.com/
⇒「Promazioni e Offerte(英語 Offer and deals)」にお得な情報有

スイス連邦鉄道 SBB CFF FFS
http://www.sbb.ch/en/home.html
⇒「Leisure & holidays」にお得な情報有

※割引情報の詳細は、各自ご確認ください!


d0179006_23584943.gifおまけ
スイス連邦鉄道「SBB CFF FFS」といいますが、これは
SBB (独語) Schweizerische Bundesbahnen
CFF (独語) Chemins de Fer Fédéraux Suisses
FFS (伊語) Ferrovie Federali Svizzere

スイス公用語の独語、仏語、伊語の「スイス連邦鉄道」から頭文字をとったものです。
もう1つの公用語、ロマンシュ語は表記されていませんが、さすが多言語国家!
by ca_rino | 2011-09-23 23:59 | いどう

たまりたまった旅行記、さてどこから書こうか‥
ということで、直近から書くことにします!記憶に新しい‥
d0179006_2243928.gif

先週の木曜日の夜、急遽ヴェネツィアに行くことに決めました。
出発は翌日金曜日の夕方、帰宅は日曜日の午後。まさに弾丸。

私のイタリア兄さんに早速連絡をとると‥なんと週末は不在とのこと。ガク‥
とはいえ、イタリア兄さん宅の合鍵は手元にあるので、行けるときに行こう!と無理に決行!


金曜日の朝に、夕方のチケットを購入しにいくと、
「たぶんこの列車遅れるよー。いつも遅れるからリスク高いわよ!」という、窓口でのアドバイス。(いつも遅れるのに改善されないってねぇ‥)
親切な窓口の女性は、その前後の列車の時刻表も印刷してくれ、さらには、「もし一本早い電車に乗れそうなら、無料でチケット変更するように一言かいておくから、これを窓口で見せればいいわ!」と。親切すぎる!!
(列車の遅延によるチケット変更はもちろん無料です!)


そして、夕方、夫が仕事を終えて、荷物をもって予定の電車に乗ろうとすると‥
d0179006_212447100.jpg
でたーーー。
20分遅れ
ミラノ乗換え時間15分だったため、予定の乗り継ぎは無理‥ということで、ミラノーヴェネツィア間のチケットをスイスで変更。
結局は25分遅れで到着。

さて、いつもEuroCityに乗るときに出てくる謎。
(もし間違っていたらご指摘ください!)
EuroCityという特急列車は、イタリアでは座席予約が必須とされるようです。
なので、イタリアとスイスの国境のChiasso(キアッソ)から乗るときも、すでに座席指定があり、そこに座る‥という流れ。

一方で、スイス国内は基本指定席ありません。
なので、特急に乗ろうが、ローカル線に乗ろうが一等席か二等席かという指定は必要ではあるものの、座席指定は必要ありません。

では、次の場合はどうなるんだろう??
EuroCityチューリッヒ~ミラノ
(停車駅、チューリッヒ‥ベッリンツォーナ‥ルガーノ‥キアッソ‥ミラノ)
 ※途中省略しています。

~Aさんの場合~
 ・【行き先】チューリッヒ~ルガーノ
  ⇒EuroCity乗車であれ、スイス国内は座席指定必要ないため、好きなところに座れる。
 ・【座席】4車両目の25番席が空いていたため、着席。

~Bさんの場合~
 ・【行き先】ベッリンツォーナ~ミラノ
  ⇒EuroCityでイタリアにそのまま入国するため、すでに座席指定。
 ・【座席】4車両目の25番席指定。

Bさんがベッリンツォーナで乗車すると、すでにAさんが座っている。
とはいえ、Bさんは座席指定を持っているので、優先。
Aさんは席が空いていたら他にうつり、空いていなければ立ったまま?!
まさに、新幹線の「自由席」チケットの扱い?!
スイスでも「座席指定希望」といえば、座席指定になるんだろうか???


よくある最悪のパターンは、
ChiassoからEuroCityに乗車すると、私の指定席にすでに人が座っている。
というわけで、チケットを見せて「申し訳ないけど、ここは私の席なので」と言うと、

「今日は、座席指定解除されたから、空いているところに座るように言われた。私たちだって、もともと他の席をとっていて、そういわれてここに座っているので、今日はそういうことらしいわ」
という、なんとも理不尽な話。


ところが、このパターン、EuroCityにChiassoから乗ると毎回生じています。私の場合‥
座席指定解除ってどういうこと???
何のために、座席指定のお金を払っている(というか自動的に払わないといけなくなっている)の??

本当に意味不明です。
もしご存知の方いたら、この謎をといてください。お願いいたします。


ミラノは30分遅れで到着。
d0179006_21261014.jpg

ミラノの駅もお店が充実(特に本屋が入ったのがうれしい♪)してきたので、本屋で時間をつぶしヴェネツィア行きへ。

電車がここ数年代わり、内部もゆったりとした感じに。
d0179006_21272781.jpg


予定到着時間に1時間遅れて、23時頃到着。
d0179006_21285220.jpg


ちなみに、帰りは予定どおりに発車したものの、ひどい嵐に見舞われ、スローダウン。
そのまま12、3分送れて到着。
ミラノでの乗り換え時間が15分だったため、夫と猛ダッシュで走り、ぎりぎりセーフ。
いつもイタリア×スイスのEuroCityにはひやひやさせられます。
by ca_rino | 2011-09-22 22:03 | りょこう

日本の地を踏む日@2011

ついに、日本行きのチケット!購入しました!!


5月1日着、20日発で帰ります♪
今回は祖父の1周期がちょうどこの期間にあたるので、もともとこの時期の帰国を考えていたのですが、それにしても楽しみ。
夫と国際線に乗るのも、実はこれが初めて。
私は一人でも飛行機結構楽しめてしまう派なのですが、それでも旅のお供がいるというのはこれまた楽しみです。


飛行機ですが、前回購入できなかったE社が購入できました。
やはり、エコノミーで荷物30キロまでというのは、魅力です!!

前回のトラブル(こちらの記事の下部です)の原因ですが‥
どうやら、なんらかの手違いということでした‥。

※「往復チケットを購入し、その片道を放棄したからといって、次回のフライトの予約ができないことはない」とのこと。→もちろん、罰金が科せられる可能性はあります。その旨は表記もありましたので。

※問い合わせフォームの返事がない→何かの手違いしか考えられない
⇒電話での問い合わせが一番ということで、スカイプから日本支社に連絡したらなぜかつながらなかったのですが、電話での問い合わせが確実なようです。


というわけで、前回はもろもろついていなかった模様。
今回は、とりあえずチケット購入まではなんとか無事に!

d0179006_1985722.jpg



こちらは、2008年度のグッドデザイン賞にも選ばれた「カモ井加工紙株式会社」のマスキンテープの1つ!
d0179006_18544192.jpg

カモ井のテープは、数年前から私も使っていたのですが、日本に全部おいてきてしまった。
こちらはレターセットや便箋もシンプルなものが多いので、忘れてきたのは残念‥
と思っていたら、12月に遊びに来てくれたFuちゃんのお土産の1つにこちらが入っていました!
Japaneseバージョン!
こちらでは、うけそうですね。ちょくちょく使っています☆

そして、カモ井テープ。
なんと、こちらでも売っていました!!
和柄が多かったかな‥やっぱり。
デザインの楽しさは、海を越えていた!
私は日本まで我慢です。

公式HPも見ているだけで楽しいです♪
カモ井加工紙株式会社 マスキングテープ
by ca_rino | 2011-03-10 19:22 | わたしのこと

前田さんから教えていただいたお役立ち情報。
こちらは、スイスに旅行に来た人にもお役立ちになりそうな気がします。
→ごめんなさい。旅行者はこのCarta Giornaliera Comuneは対象外でした。旅行者向けの情報は最後のみです。
(※定かではないので、詳細は問い合わせてください。新しい情報が得られた場合、追記したいと想います)


Ticino(ティチーノ)州とGrigioni(グラウビュンデン)州のイタリア語圏では、Carta Giornaliera Comuneという各自治体が販売する一日乗車券があるとのこと!
夫に聞いたところ、ドイツ語圏にも似たようなサービスがあり、ネットでの予約がなく、役所へ行かなければならないと、聞いたことがあるとのこと。信憑性は低いですが‥→mollie.chさんからいただいた情報で、ドイツ語圏でも役所によっては同じようなサービスを提供しているようです。mollie.chさん、情報ありがとうございます!)

→ドイツ語圏情報追記;http://www.tageskarte-gemeinde.ch/という便利なサイトが!micalちゃん、情報ありがとう!!

More
by ca_rino | 2011-01-15 01:19 | いどう

本日をもって、地元で活躍していた「たこフェリー」が運行休止。

「たこフェリー」とは、本土(明石)と淡路島を結ぶフェリー。
d0179006_18272364.jpg


More
by ca_rino | 2010-11-15 18:58 | いどう

56.7キロ!

出発前にやらなければならいこと、、ということで、もろもろ片付けながらニュースをつけたところ、スイスの鉄道トンネル、「新ゴッタルドトンネル」が開通したというニュースが。

Swissinfoというサイトでずっと取り上げられていたので、もうすぐだなというのは思っていのたですが、「ついに!」という感じです。


swissinfo.ch ゴッタルド世界で一番長いトンネル

More
by ca_rino | 2010-10-16 00:04 | いどう

こんにちは!
まだちょっと自分がどこにいるのかが不思議なままの水曜日です。


今回のヴェネツィアの旅。
車で行くと約3時間。
電車で行くと乗り換えも含めて4時間。
ただ、まだこちらで運転したことのない私‥。
車でいくと、夫の疲れがたまるだけなので、今回はのんびり電車で。
ましてや、車どころか自転車もない町ヴェネツィアに車で乗り入れるとなると駐車代もばかにならないのです。

More
by ca_rino | 2010-10-06 23:00 | りょこう

ご存知のように‥

d0179006_14315699.jpg

↑(よくみたら「in」が抜けていた‥)なんですが、無事10月中旬から帰国することになりました!!

前回の続きになりますが、ようやく昨日電話しました。
正確に言えば、電話し「てもらった」のですが‥。

More
by ca_rino | 2010-09-24 14:59 | てつづき

こんにちは&こんばんは。


昨日は、夫ルー氏はつかれきって、帰宅時にはふらふら。
そりゃそうです。朝4時からアルプス縦断運転して、そのまま仕事へ行ったのだから。
ありがとう&おつかれさま。


そんなわけで、昨日は、日本食にしました。
~日本米@奈良、赤だしのお味噌汁、千切り野菜サラダ、チーズと野菜の肉巻き、小松菜のごま油いため~

d0179006_23204312.jpg

今日、母から先日のコロッケの盛り付けについての指摘?!、アドバイスをもらったのだけど、改善する前のもの。
そういえば、昔から妹に、「カリーノちゃんってさ、味はいいんだけど、見た目がね、、残念」というようなことを何回か言われたことがあった。日々精進です。

昨晩のおかずの、小松菜のゴマ油いためと、小松菜とわかめのお味噌汁の「小松菜」
d0179006_23312464.jpg


先日会ったMikaちゃんの家庭菜園のものです。

d0179006_23291148.jpg

初めての家庭菜園で、こんなしっかりとしたおいしい子になるなんて、育ての親の愛を感じます。
「売ってないものは、作る」というモットーのもと、こちらへ来たので(=メインは納豆)、来年の春からは、私もプランターでできるものはやってみたいな、枯らさないように。
シソや大葉、ねぎなどが初心者向きかな。


***********************************


さて、来月の中旬から12月初旬まで帰国をきめたものの、最終メールが航空会社からこない!というトラブルが。

More
by ca_rino | 2010-09-22 00:00 | りょこう