<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スイス生活2年目突入!

やっと夏日和にもどり?ました。
毎日真っ青な空で、本当に布団が干したい‥洗濯物を干したい‥
昨日も所用で朝家を出たので、朝7時から洗濯、20時に帰ってもう一度洗濯‥
一週間に一度なんて、「子どもがいる家はどうするのよ~!」という感じですが、ここのアパートの人々は勝手に当番の日以外に洗っているようです!
(仕方ないけど、断りいれずやるところがずるい!!うちの当番の日に一度普通に使われていた‥)


さて、1年前もこんな日だったなぁと思い出しました。
2010年の6月26日に家族や親戚や友達が来てくれて夜中に関空を出発。
そして、27日にマルペンサへ!
今日でスイス生活も2年目に突入です~♪
はやい!実質、日本にこの間計2ヵ月半帰っていたのですが、とはいえ2年目は2年目。
ブログもよく続いたものだな~としみじみ。


マルペンサには夫(当時は書類上はまだ彼だった!)が来る予定でした。
夫の家族は来るのがやっぱり難しいと聞いていたし(実家からチューリッヒの空港までは1時間ですが、マルペンサまでは4時間)、翌週会うことになっていたし、私は「全然問題ないよ~!」と。
そして、すっぴんの眼鏡&30キロの荷物をひきずり空港から出たわけです!

出口で、夫と再会!
そして荷物をもってくれた夫について、ちょっと出口から離れたところへ行くと!
「ガランガラン!!!!!!!」という福引特賞並の鐘の音!
d0179006_22292571.jpg←これを持った夫友人Cと、
d0179006_2229497.jpg










←これ!夫の出身州のAppenzellの伝統的なカウベル特大を持った夫友人T!
その後ろには夫両親!明らかに注目の的でしたが、うれしかったー!



(出典 地球の歩き方http://www.arukikata.co.jp/webmag/2005/0506/sp/050600sp_03_01.html)

「やられたーーー!!」
サプライズ!!
サプライズするのは、とても好きなのですが、されるとは思っておらず!!(だからサプライズなんでしょうけど‥)


「妹はね、来れなかったのよ」と。妹からも到着してから「いけなかったけどごめんね」という電話までもらっていたのですが。
Ticinoの家に着くと、家で
d0179006_2223435.jpg
d0179006_2226142.jpgこの2つを持って待っていました。

こちら妹作のメッセージTシャツ(「あなたがここにいてくれて、なんてうれしいんだ!」)と、家族や友達の写真つきでスイス全州を説明したアルバム!
中身こんな感じです↓
d0179006_22245767.jpg

本当にうれしかった!!

サプライズづくめで、始まった1年目でした。
絶対サプライズのお返しをしなくてはと心に決めた1年目でもあり♪、あっという間にその1年もすぎてしまいました。

最初は自分の家と思えなかった家も、夫の友達としてみていた友達もドイツ語できなくても自分の友達と思えるようになり、いつの間にか少しずつなじみはじめているのかな‥


スイス2年生!
今年はTicino最後の1年になりそうなので、もっと地元に関わってイタリア語も磨いて、日々ゆっくりとやっていきたいと思います♪


今日は、なんとイタリア兄さんが来ることに。
以前、何度か記事にも書きましたが、かなり強烈な人なんですよね‥この兄さん。
しかも今回は彼女と(私たち初対面!一度スカイプで紹介されたけど‥リアル対面!)一緒に来るので、ちょっと掃除に気合いれています!ドキドキ‥
今日はいろんな意味で乾杯かな♪
by ca_rino | 2011-06-27 23:13 | わたしのこと

今日は朝から曇り⇒大雨+風+雷⇒晴れと、なんと感情豊かな一日なんでしょうか!
いきなりの通り雨の際はスカイプをしていて「こっちすごい雨だよ~」とか言っていたのですが、その後切ってすぐに寝室の窓を換気であけていたことに気づき‥
涙。。。。
雨戸のようなブラインドがあったのでよかったのですが‥でも床がぬれている~涙。
d0179006_5221718.gif


先日のKlausenpassの手前にとある小さな村Bürglen(http://www.buerglen.ch/)へ一瞬立ち寄りました。
こちら!
d0179006_3281765.jpg

前回のブログのGiannaさんからのコメントが、正解♪
Altdorf(アルトドルフ)という町はUri州の州都なのですが、ここは14世紀にハプスブルグ家からスイス独立へのきっかけとなる動きをしたされる伝説の人ウィリアム・テルの地とされているようです。
(それにしても、この像。私の頭にあったウィリアム・テル像とは違うなぁ‥)


d0179006_5215741.gifウィリアム・テルといえば、息子の頭においたリンゴを弓矢で打ち抜いたということで有名。
私はたしか小学校の音楽の教科書で彼の存在を知りました。まさか20年近い時を経て、あの国に住むことになるとは思ってもいなかったなぁ~。
音楽の教科書に載っていたのは、ロッシーニのこの曲。
グランド・オペラ「ウィリアム・テル」(序曲)

それにしても、ウィリアム・テルって、言語によって呼び方が違うんだ~!というのをWikipediaみていて気づきました!
そもそも「ウィリアム・テル」というのは英語William Tellで、ドイツ語だと「ヴィルヘルム・テル(Wilhelm Tell)」(そういえば世界史ヴィルヘルム1世とか出てきたな~)、フランス語だと「ギヨーム・テル〔Guillaume Tell〕」、イタリア語だと「グリエルモ・テル〔Guglielmo Tell〕」(もう誰か判別できない‥)。

Altdorfの町は、当時を再現するような町並みになっているらしいのですが、私たちはそこには立ち寄らず。何故この小さなBürglenに立ち寄ったかというと、行きの大雨の中、写真の「ウィリアム・テル」と息子の像を見つけたから。
夫同僚いわく、「ハリウッドで映画化されるんじゃなかったけ~」とのこと。
で、調べてみると
スイスの英雄ウィリアム・テルがアメリカ進出という記事が2008年にSwissinfoに掲載されていました!
本文を読むとどうやら「ウィリアム・テルの冒険 ( The Adventures of William Tell ) 」という題で2010年からLucern(ルツェルン)で撮影?!
でもその後の情報を探しても、公式HPを探してもみつからないところをみると、おじゃんになってしまったのかな~と思ったり。


村は、15分ほどぐるっと散歩しただけなのですが、
Tell Museumがあったり(行ってませんが‥)
d0179006_3294722.jpg
Tell Museum
http://www.tellmuseum.ch/
Postplatz 6463 Bürglen
Tel. +41 (0)41 870 41 55
開館日時 5月中旬~10月中旬 10:00-11:30 /13:30-17:00
  7月~8月       9:30-17:30 
入館料 大人   5フラン
    家族料金 10フラン
    その他割引あり



d0179006_334121.jpg
いたるところが、ウィリアム・テル。実はこのホテル「ウィリアム・テル」の裏には「ウィリアム・テルの礼拝堂」というのがあったのですが、夫と「もういいか~」と行って見ずに帰ったのですが、あとで情報を見てみるとテルの歴史に関して「もっとも貴重な礼拝堂」と称されるほどのものだったとか‥
d0179006_459227.jpg
(出典 Uri州公式HP http://www.uri.info/en/navpage.cfm?subcat=TellURI&category=CultureURI&id=53634より)
d0179006_344764.jpg
ドイツ語圏では見られる窓辺の花はやっぱりすてき!

ドイツ語なのでほとんどわかりませんが、村のHPには観光スポット情報も。
http://www.buerglen.ch/de/tourismus/sehenswuerdigkeiten-m478/

ウィリアム・テルにゆかりのあるスポットをめぐるハイキングルートもあるみたいです。
d0179006_331693.jpg


d0179006_5235537.gifAltdorfの方へ行くと湖もあるので、山に湖にと夏をすごすにはいい場所かも!



by ca_rino | 2011-06-24 05:03 | りょこう

d0179006_21334961.jpg
翌日は久しぶりにいいお天気!こちらの旗は上から、奥さんの出身州であり在住州でもあるGlarus州旗、元上司の出身州Bern州旗。一番下は‥どこ?!現在のスイスの州旗には見当たらないのですが‥どこだろう?!

d0179006_21391176.jpg
家の裏からです。こちらはまだ春が残っています♪

ここで皆さんとはお別れ。
こんないいお天気、山歩きしたい!と思ったのですが、この日は夫の調子がいまいち+唯一の洗濯日!というわけでAltdorfに抜けるKlausenpassを車窓から楽しんでかえることに。
d0179006_22124890.jpg
(地図上のグリーンのマーカーがKlausenpassにあたるはずです。)
(出典 http://www.moldrek.com/svizzera.htmより)

ではでは、車窓から(時々降りましたが)のKlausenpassをお楽しみください!
d0179006_2273420.gif
d0179006_21404481.jpg
d0179006_21455386.jpg
d0179006_21471411.jpg
d0179006_21483235.jpg
(↑これは山の上に荷物を運送するためのものだとか)

d0179006_21494684.jpg
d0179006_2234077.jpg
d0179006_21541490.jpg

d0179006_21554339.jpg

d0179006_2263447.jpg
d0179006_21565562.jpg
d0179006_21595448.jpg


d0179006_2273420.gif

Klausenpassはハイキングルートもあるようなので、次は歩きたいな‥
(詳細はこちら http://wanderland.myswitzerland.com/en/orte_detail.cfm?id=314010)

前日は、大雨の中、自転車でこのパスを越えている人が何人もいました(ちょっと危なかった‥大雨だし)。サイクリングルートとしてもなかなか知られているようです。
やはり登るにつれて天気ががらっと変わってしまったのですが、山を越えると青空が。
こちらはやっと雨も終わりかなと思うと、そろそろトレッキングの季節です。今年はいろいろと登ってみたいと思います!


by ca_rino | 2011-06-21 22:29 | りょこう

ここ数日、からっと洗濯物を干したくなるような日々が続いております!
(といっても、私のアパートは洗濯室が設けてあり、うちの家が洗濯できる日は日曜日のみ‥涙)

日本から帰国してから、毎週末外出。といってもすべて実家のあるAppenzell州(東スイスにあたります)へ。結婚式+お葬式+射撃クラブイベント+結婚式+お葬式+友達のお父さんのお誕生日と少し濃厚な日々でした‥。
さすがに、疲れた。運転している夫はもっと疲れたことでしょうが、どうせ長旅するなら違うルートを通ってみよう!と提案した結果、前回の帰りルートはグラウビュンデン地方を横断しました。
こちら、また今度アップします!(というのもルートをもう一度ちゃんと確認してみないとわからないのです‥)


d0179006_20581165.gif
先週末は、夫の元上司のお宅へ!
Baselで初めて働き始めた時の上司だったらしいのですが、夫にとっては今でも彼が一番の上司だったらしく、人生の先輩らしい‥のですが、夫がその後転勤し、この上司が退職され‥と長年連絡をとることもなかったのです。ところが、ひょんなことから連絡をとることができ、再会することに!
私たちと、スキーでお世話になった友達カップルと4人でお邪魔することになりました。

場所は、Glarus州!
Glarus州って中央スイスなんだろうか??それとも東スイス??
地図でみると中央に位置するように見えるのですが‥
退職された後、奥さんのご実家のあるGlarusに移り、トレッキングやサイクリングや旅行とアクティブな生活をされているとか‥

6年ぶりの再会で夫はもうドキドキとテンション上がり‥。
だったのですが、あいにくの雨。それも大雨ときた
d0179006_21274685.jpg
(出典 http://www.moldrek.com/svizzera.htmより)
(スイス南端⇒Lugano⇒Bellinzona⇒San Gottardoトンネル⇒Andermatt⇒Altdorf⇒Klausenpass⇒Glarus手前のLuchsingenという村へ)



いつも実家に帰るときは、TicinoのBellinzonaという街をとおり、その後San Bernardinoを通り北上するのですが、今回は全長17キロのSan Gottardo トンネルを通り抜けました!
d0179006_20133310.jpg

(写真は翌日の写真です‥なんせ雨だったので。ドイツ語圏側からトンネルに入ったので、写真ではGotthardとドイツ語表記です!)
去年10月に貫通したのは、San Gottardo鉄道第2トンネル。世界最長の鉄道トンネルということで話題になりましたが(記事はこちら)、こちら17キロのトンネルも長い長い‥


d0179006_20555491.gif
その後、Altdorfという「とある人物」で有名な町を通り過ぎ、Klausenpassへ!山越えです!
が、大雨‥(涙)
乗り物酔いを一度もしたことない私もなんだかふらふらになるくらい(この日は朝からなんだか疲れていたので余計)の「ザ山道」でした。

3時間強の旅を終えて、早速お邪魔したのですが、あまりにフラッとしてしまい、何も写真を撮っていなかった(失態!)この上司は昔、コックもしていたことがあるらしく、お昼にすごい手の込んだパンを出してくれたのですが撮り忘れ(涙)

d0179006_20572221.gif

本来は、トレッキングに行く予定でしたが、雨のためキャンセル。
ちょっと近くに車でドライブ。

まず行った場所こちら。
d0179006_2030387.jpg

Braunwaldという村にある滝!
d0179006_20255024.jpg

(詳細はこちら
http://www.braunwald.ch/de/navpage-ExcursionsBKT-SightseeingBKT-47773.html)

d0179006_20591763.gif
近くで水力発電のプロジェクトが進められているということで、ちょっとそれを見に行ったり。(予約すれば見学もできるようでした)
Axpo- Ausbauprojekt Linth-Limmern
d0179006_20443395.jpg

ちょっとした大人の社会見学♪元上司に連れられ、ぞろぞろと(笑)
d0179006_20594718.gif


その後は食べて、飲んで、話して(時々訳してもらったりして参加)、その日は終わったのでした。
次の日、晴れますように~♪


by ca_rino | 2011-06-21 21:28 | りょこう

夏フェス@Ticino,スイス

こちらもなんだか梅雨のような日々が続いているのですが、とうとうバカンスシーズン突入!
こちらの子ども達も明日で学校が終了!
そして長~い夏休みが開始なのです!

そんなわけで、私のドイツ語コース、イタリア語コース、ヨガコースも先週、今週ですべて終了!
ドイツ語コースは、最初11人で始まったはずが最後は私も入れて生徒4人(汗)でも9月からスタートの次のコースもみんな継続して受けるということで、会えるのが楽しみです。
最終日は皆で、夕食!もちろん会話はイタリア語オンリーでしたが!
イタリア語のコースも、また休みの間にみんなで会おうというような話もでたり、夏もちょっと楽しみ。

d0179006_212292.gif

さてさて、日本も夏フェスのシーズンが近づいていますが、こちらでもあらゆるところで夏フェスが!イタリア語の勉強のため&地元の情報を得るために新聞をとることにしました。すると早速夏フェスの話題が!
d0179006_0561476.jpg
(LaRegioneTicino 2011/06/15版より)

♪「Estival Jazz 2011」@Mendrisio&Lugano
(2011年6月24日、25日/6月30日、7月1日、2日)
 http://www.estivaljazz.ch/home_e.asp?img=img_home&menuon=home

⇒入場料フリー!しかもJazzフェスタだなんて、絶対いきたい!

d0179006_214054.gifLuganoの情報は、Giannaさんが詳しく&他にも書かれているので、Giannaさんのブログ記事「夏が来る!」をご参照ください♪やはりこのあたりでは大きな街だけあって、イベントも盛りだくさんだな~!


♪「Jazz Ascona 2011」@Ascona
(2011年6月23日~7月3日)
http://www.jazzascona.ch/

⇒こちらは1晩チケット20フラン(パスもあります)らしいですが、湖の近くでのJazzの夕べ。いってみたいけど‥ちょっと遠いかも‥


♪「Moon and Stars '11」@Locarno
(2011年7月8日~17日)
http://www.moonandstarslocarno.ch/

⇒こちらはSting,Santana,Zucchero‥とかなりの大物ぞろい。広告もず~いぶん前からしてあり、夫従姉も半年ほど前にはチケット購入していたような‥。


♪「CastelGrande Opera Bellinzona」@Bellinzona
(2011年7月18日~24日)
http://operabellinzona.com/index.php

⇒世界遺産のCastelgrandeを舞台に、オペラ!オペラだけにプライスも他に比べると高いかもしれませんが、有名な作品をこの機会にみていみたいなぁ。


♪「Open Air Kino Bellinzona」@Bellinzona
(2011年6月1日~26日)
http://www.open-air-kino.ch/cgi-bin/r_bellinzona.pl?order_by=ID&order=123


♪「Open Air Kino Lugano」@Lugano
(2011年6月29日~8月4日)
http://www.open-air-kino.ch/cgi-bin/r_lugano.pl?order_by=ID&order=123

⇒Bellinzonaが終わるとLuganoが始まります。野外映画館!ぜひ見逃した「King's speech」と「ブラックスワン」はまず観たい!
⇒スイス各地で野外映画館は開催されるみたいです。こちら参照ください!
http://www.open-air-kino.ch/


♪「Festival del film Locarno-ロカルノ国際映画祭」@Locarno
(2011年8月3日~13日)
http://www.pardo.ch/jahia/Jahia/home/lang/en

⇒松本人志監督の「さや侍」が正式出品されるということで日本でも話題となっている映画祭。近いし、今年こそは行きたい!!


♪「Postplatz Openair」@Appenzell
(2011年7月23日)
http://www.openairai.ch/startseite.html

⇒夫は毎年友達といっているとのこと。私は今年便乗するか‥はまだ未定。


そして、こちら明日から開催!
♪「FESTATE」@Chiasso
(2011年6月17日、18日)
http://www.festate.ch/

d0179006_1192224.jpg
⇒学校終わると、ステージのセッティングしていました。去年の今頃はまだ日本だったので、このイベントの存在も数ヶ月前まで知らず。こちらにお住まいの方に「おもしろいよー!」と聞いていたので、ぜひ行きたいと思っていたのです!音楽もフードも、インターナショナルらしい。前からずっとチェックしていたにもかかわらず、土日は中央スイスへ用事が‥。というわけでなんとしても明日は行きたい!と思っているのですが、雨のような‥(涙)ただ夜のイベントなので、なんとかもってほしいもの‥

明日出演されるアーティスト
イタリアのグループ、Solis String Quartet(http://www.solis.it/)


イスラエル出身のNoa(http://www.noasmusic.com/)


土曜日は、スコットランド、モンゴルのアーティストが参加されるらしい!

こちらでの夏フェス第一弾、明日参加できるか?!


by ca_rino | 2011-06-17 01:57 | いべんと

送られてきた招待状と一緒に入っていたCD.
d0179006_611711.jpg

こちらは、40年代から70年代の、新郎新婦に贈る一曲を入れて事前に送付してね、というものでした。もちろん当日のダンスミュージックとして流します~!とのこと。

当日、実は新郎新婦から発表が!
彼らが気に入った曲に賞品が♪
特別賞に選ばれたのは、こちら!
Jackie DeShannonの「What The World Needs Now (1965)」
有名な曲ですね!!
新婦の弟さんが選曲されたものでした。こちらもなんだかほほえましい☆

さて、続いて気に入った曲、5曲の発表!
するとその中に、私たちの選曲したものも入っていました!!

Marvin Gaye and Kim Westonの「It takes two(1965)」という曲。
「一人だと夢を持つことができる。でも2人ならその夢を実現することができる!」という歌詞から始まる曲。2人の新しい人生をスタートする彼らにはぴったりかな~と悩みに悩んで決めただけに喜びも大きく!「きゃー」と喜んで前にでて夫を見ると‥なんと

涙ぐんでいる!!

自分の結婚式でどれも涙ぐまなかった彼が、ただただ感動しておりました♪

いただいた賞品はこちら!
d0179006_612953.jpg
Zürich(チューリッヒ)の老舗のお菓子屋さんのものです。チューリッヒに2月に行った際、店の前を通った際に、その前を通ったトラムに「あ!sprüngliの宣伝入っている!」と思わず写真を撮ってしまったのですが、店の写真は撮っていなかった‥ということに今写真を探していて気づきました‥。
d0179006_6135423.jpg
なぜsprüngliかというと、2人の名字がsprüngliさんになるから!こちらもこだわりでした。ちなみに翌日のブランチのパンもすべてsprüngli!徹底してる!!
d0179006_6143654.jpg



パーティから帰る際に2人からいただいたお土産。
それは、一枚のCDでした。
d0179006_2141626.jpg
みんなの曲が入った一枚。私も好きな曲も入っていたり、「これ聞いたことあるけど名前しらなかった!!」という曲もあったりして、2人のラブコンピレーション!

「What The World Needs Now 」 / Jackie DeShannon
「Earth Angel」 / The penguins
「Smoke gets in your eyes」 / The Platters
「When a man loves a woman」 / Percy Sledge
「She's Always A Woman」 / Billy Joel
「You are the sunshine of my life」 / Steve Wonder
「Ich tanze mit dir in den Himmel hinein」 / Palast Orchester mit seinem Sänger Max Raabe
「Samba pa' Ti」 / Santana
「Over the Rainbow」 / Israel Kamakawiwo'ole
「The First Cut Is The Deepest」 / Rod Stewart
「My Guy」 / Mary Wells
「Que sera sera」 / Doris Day
「Save the last dance for me / The Drifters
「The Shoop Shoop Song (It's in His Kiss)」 / Betty Everett
「Everlasting Love」 / Love Affair
「Let's Have A Party」 / Wanda Jackson
「Your the one I want」 / John Travolta & Olivia Newton-John
「Everybody Needs Somebody To Love 」 / The Blues Brothers
「Jailhouse Rock」 / Elvis Presley
「Jonny be goode」 / Chuck Berry
「The twist」 / Chubby Checker
「Rose Garden」 / Lynn Anderson
「Stumblin in」 / Suzi Quatro & Mike Chapman
「Brown-eyed girl」 / Van Morrison
「Kiss」 / Palast Orchester mit seinem Sänger Max Raabe
「Flying Through The Air」 / Oliver Onions
「Love and Marriage」 / Frank Sinatra
「magic moments」 / Renato Carosone
「Panama Rag」 / George Lewis
「Unter den Pinien von Argentinien」 / Palast Orchester mit seinem Sänger Max Raabe
「Papa loves mambo」 / Perry Como
「Goran Bregovic」 /
「I'm a believer」 / Monkees
「Help」 / The Beatles
「Rocking all over the world」 / Status quo
「WIG WAM BAM」 / The sweet
「Marmorstein und Eisen bricht」 / Drafi Deutscher
「Video Killed the Radio Star」 / The Buggles
「Tightrope」 / Janelle Monae
「It takes two」 /Marvin Gaye and Kim Weston

何かお気に入りの曲ありましたか??
みんなの選りすぐりなので、何度も聞いてしまいます♪
この時代のおすすめの曲などあれば、よかったら教えてください!


これにて、結婚パーティーのお話もおしまいです。
長いことお付き合いありがとうございました!!
一緒に楽しんでもらえたのであれば幸いです♪
私もいつかこういう企画もの、こじんまりとでもやってみたいな~と夢だけ膨らませております!
その際は、またよろしければお付き合いくださいませ☆参加も大歓迎です。(夢だけで終わりそうですが‥汗)



by ca_rino | 2011-06-13 07:21 | いべんと

今週末も3週連続の実家がえりです。
毎週帰っているので、耳から入る言語がどうかんがえてもスイスジャーマンの割合が高い気が…
でもほとんどわからないので、私にとっては音楽のようなものなのですが(笑)


しつこく、2週間前になってしまったパーティーの話。


レッドカーペット前で主役を待つ、ファンやパパラッチ達(笑)
d0179006_18194635.jpg
d0179006_18253959.jpg

こちらの演出は、主役にもサプライズだったようで、驚きの様子!
d0179006_18301129.jpg
とはいえ、すかさず投げキッス♪
d0179006_18343864.jpg

ボディーガード付で登場!ファンやパパラッチはその間をぬぐって各自アピール!
d0179006_1837465.jpg
私もなんとか2人の激写成功♪
d0179006_1839437.jpg

アナウンサー(笑)によるインタビューもありーの
d0179006_18423079.jpg

手形押しもありーの
d0179006_18484727.jpg

もちろんブーケトスもありーの!
d0179006_1850589.jpg
なんと新郎妹さんがキャッチ!!

2人が習っているダンスの先生による、ダンスレッスンもありーの!
d0179006_1913758.jpg
そこから、ダンスホールスタート。こちらでは、結婚式のパーティーでダンスすることが多いんですよね。2人の共同作業…というと違うような感じもするけど、2人で何かをするというのを披露という感じかな…。ちなみに私も夫もダンス全くできないので、自分達のパーティーの時に事前に「ダンスしたい?」と幹事から聞かれた際、私も夫もすかさず「NO!!!」。なので私たちの時はダンスなし。
だったのですが、なんだか今回すっかりはまってしまって、「ちょっと習いにいくべきかも!!」という意見の一致が。(とはいえ、その後習いにいくことを全く決めていない私たちなのです…)楽しかったのと、新郎新婦のダンスがあまりに華麗だった故。
d0179006_1951634.jpg
影響されやすい私たち夫婦なのでした…(汗)

なつかしのスライドもありーの。
d0179006_19272054.jpg
そこで新婦お母さんからエピソード。もともと新郎新婦はスカウトのリーダー育成プログラムで7、8年前に出会ったらしいのですが、当時、新婦は先にプログラムを終え帰宅。一方新郎は、プログラムに継続参加中で、その時の参加していたコースの内容が「恥ずかしさを取り除く練習」だったとか。講師から「次にこの部屋に入ってきた人に、照れずにキスの挨拶をしてみよう!」という課題を与えられた新郎。そして、勇気をだして部屋に偶然入ってきた見知らぬ年上の女性に挨拶と挨拶のキス!
実は、その女性、新婦のお母さんだったとか。
もちろん新郎と新婦母は初対面♪お母さんは、「その時の彼の姿が忘れられないのよ~ありがとうね!」と、ここで新婦母と新郎が抱き合うという場面も。ほほえましい話でした!

結婚される際、新郎新婦からあらかじめお祝いプレゼントのリクエストがある場合が多いようなのですが(庭におくテーブルセットがほしいとか、家具一覧のリストがあったりとか、もちろんご祝儀のリクエストもあります)、こちらの2人はバックパックで世界一周旅行をするらしく、その資金一部をリクエストでした。
d0179006_1974094.jpg

会場の一区画には、世界地図があり、彼らが旅するところにピンがさしてありました。各自一つ場所を選んで、そこの場所のピンにひっかけました。要は、彼らがそこに着いたときに、そこからポストカードを送ってくれるとのこと。夫はフィジーに、私はエクアドルにしました!
d0179006_1995639.jpg
いつ、どんなカードが届くのか、どっきどきです♪



by ca_rino | 2011-06-12 21:25 | いべんと

パーティーの行われたWinterthurという町は、チューリッヒから電車で20分のところにある10万人都市。
訪れたのは今回が初めて…ですが、町中をゆっくり歩いてみれなかったので、また改めて来たいなぁと。今回行ったところも、非常に興味深いところでした。

まずは、夜泊まることになる「青年自然の家」のような施設に集合。
d0179006_445919.jpg


その近くから、あきらかに「今回のパーティー参加だな」という目立つ服装の方々がちらほら。そして敷地内に踏み入れるとすでにパーティーの香りが♪
d0179006_47599.jpg
d0179006_484093.jpg


パーティーが始まるまでのティータイムがセットされてました!
d0179006_4111715.jpg


それにしても、この日実家の方では朝は雨。でしたが、こちらに来ると幸いにも晴れ!そして実はパーティー会場は別のところ。そこに移動するまでに、スイーツを堪能しつつ、プラカードを作成。
d0179006_4142142.jpg

d0179006_4195712.jpg

d0179006_4214068.jpg


そして、その後パーティー会場へ。
向かった先は…
d0179006_4243741.jpg
d0179006_4332570.jpg

d0179006_4403391.jpg

こちら。「Fabrikkirche」(工場の教会)。

工場スペースであった地区を、商業×住居×文化をミックスさせ新たな地区へとして始動させた「SulzerArea(ズルツァー地区)」に位置する教会だったようです。Sulzerというのは、この地区にあった工場を運営していたSulzer Brothers(紡績機や機織の製造をメインとしていたらしい)社から取ったとか。さらに、このアーバンプランニングのコンペで優勝したフランスの建築家、ジャン・ヌーベル氏は、「地域に一戸も新たな建物を建設せずに彼のコンセプトを地区全体に埋め込んだプロジェクト案」を提案したとか(→千葉大学の木下教授のレポート参照)。というわけで、過去町をささえてきた工業地区の姿をそのまま活かしつつ、新たな形として出発した地区のようです。このエリアをゆっくりみることもできなかったので、ぜひ改めて足を運んでみたいです。


参考までに:
Fabrikkirche (Fabrikkirche):http://www.fabrikkirche.ch/index.php

Winterthur Tourism 公式HPより: http://www.winterthur-tourismus.ch/en/page.cfm/erlebnisse/Sehenswuerdigkeiten/Sulzerareal

Sulzerareal areaプロジェクトHP: http://www.sulzerareal.ch/
(ドイツ語のみのようで、全然私はわかりません。とても残念です。)

千葉大学大学院園芸学研究科・木下勇教授HP: http://web.mac.com/kinoshita_apple/KinoshitaSite/SustainableCity.html(HP>SUSTINABLECITY>report へ行くと、「持続可能な地域マネージメント型市街地整備の展開に関する研究」という講演会をまとめたレポート(pdf, 日本語・英語)が読めます。レポートというとなんだか堅いようですが、とてもコンパクトにまとめてあり、興味深かったです。チューリッヒの事例もわかりやすくまとめられていました。)



d0179006_7224812.jpg
さて、チケットを渡して、中に入ると…
d0179006_724613.jpg

d0179006_654287.jpg


キッズコーナーもあったり
d0179006_6554983.jpg

ビュッフェはシンプルでしたが、ジャガイモのソースが色とりどりだったり
d0179006_7263855.jpg


夜になるにつれて、ダンスホールもヒートアップでした。
d0179006_65841100.jpg

d0179006_7161410.jpg



かなりしつこいですが(苦笑)、あとWeddingparty report、あと2回ほど続くと思います。
大目にみて、お付き合いお願いいたします。


by ca_rino | 2011-06-04 06:28 | たのしむ

今回のパーティーでは、ドレスコードがあり、40年代から70年代を想定させるもので、とのこと。
d0179006_2028942.jpg


さて、どうしよう…どこで手に入れる?!というところからはじまり。
ある友達は、ドイツへ購入しにいき、ある友達はオーストリアにレンタルにいったり。
ある友達は地元のレンタルにいったり。
私たちは日本から帰国の1週間後にパーティ参加ということで、日本への出発までになんとか準備しておかなければ!!という焦りもあったのですが、レンタルに2万近く(高すぎ!!)かかったと聞いて、

私:「日本の古着屋で買おうよ~、もっと安いし、その後も使えるかもだし」
ということで、帰国後、神戸の古着屋さんへ。


10年ほど前は、実はよく古着屋さんへ行っていたのですが、その後はあまり行っておらず。
神戸で一番大きいと言われていた「楽園」へ行こうと思ったら、その場所には地下鉄の駅が…。(突撃洋服店のお姉さんいわく、地下鉄建設&建物の老朽化のため移転したとか…)
というわけで、もう一つ、足を運んでいたことのある「突撃洋服店」(http://www.totsugekiyofukuten.com/index.html)へ。
d0179006_20272267.jpg


ショップのお姉さんにいろいろと相談させていただき、何着か選んで、残りの2着から絞れず…
目のひく黄色(でも普段絶対着ない色)か、ブラックのレースでブリティッシュスタイル(今後も着れそう、でも黄色のワンピースのお値段2倍…)で、何度も試着した結果、結局黄色にしました。
あとは、偶然夫がみつけたブルーのピアスもこちらで。

夫は、蝶ネクタイとシャツを購入。

相談にいろいろと載っていただき助かりました。
しかも、購入額の5%(3%だったかな?)を被災地への義援金として回してくださるとのことでした。

その他もろもろは、手持ちだったり、ちょっと購入したり。


夫は、当日左耳にイヤリング着用。
d0179006_2050428.jpg
「ええ、なんでイヤリング?!」とお思いかもしれませんが、夫の出身Appenzell(アッペンツェッル)では、伝統的な衣装を身につける際に、イヤリングも装着。
d0179006_20595878.jpg
d0179006_2102050.jpg
(共に、Appenzellerland公式HPより出典 http://www.appenzellerland.ch/de/)

なので、今回友達と待ち合わせで会った時は、「おおーめっちゃアッペンツェッルやんかー!ええやんー!」(→ドイツ語全くわからないので、反応&わかった単語から独断です)、と盛り上がってました。


参加したみんなのファッションは!(本当は「P~コのファッションチェック」並にひとりずつ写真撮りたかったのですが…)
d0179006_2165327.jpg

d0179006_2183637.jpg
やっぱりドット柄♪かわいい!今年、日本でも結構流行ってますよね。男性はエルビスみたいな人もいますが(笑)
d0179006_21104676.jpg
私としては、一番左の友達のネイビー×ホワイトのドットが好み!来週は彼女の結婚パーティーに参加させていただきます!
d0179006_21124670.jpg
ポップなカラーが、また映える♪
d0179006_21151345.jpg
車から降りる新郎父!また渋い!

そして、幸せな新郎新婦!
d0179006_21164552.jpg

d0179006_21185999.jpg
彼女のドレスが一番すてきでした♪♪「キュート」という言葉がぴったり。

d0179006_21211376.jpg
最後に男性陣!
女性陣のもあったのですが、カメラを夫に渡しておらずとれず…
なんか本当に気分もポップな一日でした♪

プログラムについても書きたいので、これはまた今度…


by ca_rino | 2011-06-03 21:27 | かう

関西も梅雨に突入したということですが、こちらも昨日から降り続く雨。
梅雨という時期はないのですが‥ただ今年は降水量が少ないらしく水不足も懸念されていたので、恵みの雨です。

今日は夫母の誕生日。明日は夫妹の誕生日。そして地元のクラブのイベントやらもあり、今日からまたまた実家帰りです。なんか、どこに住んでいるのかわからない気分‥(笑)夫母には先ほどお誕生日おめでとうの電話をして「明日から帰るよ」というのをさらに裏づけました(笑)ということで、今日はサプライズ帰郷!


先日の土曜日、友達の
d0179006_17183870.jpg
に行ってきました!
今年に入ってスイスで2度目の結婚式♪実は来週末も結婚式に招待していただき、実家帰り、8月には夫妹の親友の結婚式に招待していただきました♪おめでたいことが続くのはうれしいことです!
今年最初のお式のことも、また遡って書かせていただきたいと思います(ご本人からもOKいただいていたので☆)

今回のウェディングパーティ!
このカップルは、普段からいろいろといつもおしゃれな作戦がたくさんなのでずっと楽しみにしていました。
去年の7月頃、まず届いたのがこれ!
d0179006_1741161.jpg

そして3月頭に届いた招待状!
d0179006_1740593.jpg

いい写真いっぱい撮れそう!と、データも空にして、充電もばっちりしていたのに、家を出発して実家に向かっている途中で‥
「カメラ忘れた~~~」
という、悲しい発見。
結局、夫妹にデジカメ借りたのですが、非常に無念です‥。。でもま、借りれたからよしとしなくてはと切り替え‥

今回の結婚式のテーマ。
「40年代から70年代スタイルで!」とのこと。
d0179006_17404021.jpg

女性は、ヘッドドレス着用、男性は蝶ネクタイ着用♪

というわけで、私たちはこんな感じでいきました!
d0179006_1719755.jpg

右端の友人は、私たちの日本の結婚式にもきてくれた友達。
友達の彼が今回新郎の結婚署名人となったことから、2人はパーティの幹事もしました。
赤のギンガムチェック、似合っている!!

d0179006_17193752.jpg

でもやっぱり、新郎新婦が一番キュートでした♪
こちらは、また今度‥


by ca_rino | 2011-06-01 18:06 | いべんと