<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Luganoでの義援金イベント

ご無沙汰しております。

この間、少しずつできることを話し合い、いろんなつながりができ、少しずつまた小さいものではありますが、活動が動きはじめました。

お願いした役所の方から、ジャーナリストの方を紹介していただき、新聞に「こんなことをしようと思っている」というのを記事として取り上げてくださったり、ブログをみてくださった方がご連絡をくださって、イベントに参加させていただくことになったり。
本当にありがたいことです。

そして、今週に私が住むTicino州のLuganoという町で、4月2日に日本への義援金イベントが開催されることになりました。

d0179006_3151656.jpg

【Friends For Japan】
URL http://www.cranejapan.netsons.org/index_ita.html
 

ブログにコメントをくださったgioiaさん(ありがとうございました!)の知人のLorenzaさんが主催され、またTicinoにある日本人会「カメリアクラブ」(先日、介護の勉強会を開催してくださいました!)が主体となって開催されるイベントです。

開催場所がFranklin College というカレッジで行われることもあり、いろんな「授業」に参加していただき、このイベントを通じて寄付いただいたお金は、日本赤十字に送金されます。

たとえばこんな授業‥
・お習字
・日本食のデモンストレーションと試食
・折り紙
・日本語とは?
・茶道といけばな
・日本の昔話を読んでみよう
・ロシア語とは?

などなど、日本にまつわるものや、ロシア語、英語などなど、興味深い内容がそろっています。
私も参加してみたいものもたくさんありました。

今回、いろんなご縁で、私はお友達の前田さんGiannaさんとなんと折り紙教室のお手伝いをさせていただくことになりました。

人前で折り紙を教えるなんて、できるのだろうか‥しかも私のイタリア語‥通じる‥?!というところですが、お2人と一緒なので心強い限りです。お2人からはいろんなアイディアがあふれてきて、わくわくします。
それに、カメリアクラブの会員の方々やgioiaさんにも、ご多忙にもかかわらずいろいろとアドバイスをくださり、さらに心強い限りです。
せっかくご参加いただくので、折り紙の授業の中でも、折り紙だけでなく、いろんな日本の文化にできるだけ触れてほしいな~というのが3人の想い。
まだまだ準備中ですが‥ぜひぜひ参加していただいてよかったと思っていただけるようにがんばりたいと思います。このような参加させていただく機会をいただき、本当にありがたく思います。


もし、Ticino州やそのお近くにお住まいの方、またはお知り合いの方がいらっしゃれば、ご周知いただければうれしい限りです。


詳細は、上記にも書かせていただいたサイト、【Friends For Japan】URL http://www.cranejapan.netsons.org/index_ita.htmlをご参照ください!
イタリア語だけでなく、英語で行われる授業もあります。
さらに、HPから予約もできるようになっているようです。

どうぞよろしくお願いいたします。




by ca_rino | 2011-03-30 03:49 | おねがい

海外で折鶴募金活動

今、TBSのニュースで在ロンドン在住の日本人の方が中心になって、募金活動を行われているというレポートがされました。
そして、募金をしてくださった方にお渡ししているというのが
「折り鶴」

折鶴は、日本人だけでなく、ロンドンの学生、留学生たちが折ったものだということ。

Facebook上の呼びかけ http://www.facebook.com/event.php?eid=152661541462173
発起人のシラサカマイさんのお兄さんが書かれたコラム http://84ism.jp/archives/10368(2011年3月15日 84ismより)



++++++++++++++++++++++++++++++++++
そして、ドイツでは、ボン近郊にお住まいのまさみさんが、現在呼びかけを行い、在ドイツの日本人、現地の学生たちと募金に向けて折鶴を作成中とのこと!

ブログで折鶴募金のよびかけをされているので、ぜひまさみさんのブログ、ご覧ください!
c/o Franz - ドイツ在住まさみさんのブログ
http://yellow.ap.teacup.com/rheinbach/550.html



++++++++++++++++++++++++++++++++++
夫妹と毎日何回も連絡をとりあい、情報を伝えているのですが、まさみさんから「折鶴募金」をされると伺い、早速妹に電話。
今週末、実家に帰るので一緒に折ろうと思い。
以前、私たちの結婚式の際、結婚式のコーディネートをしてくれた夫妹は「鶴は日本の平和の象徴。だから、結婚式パーティー会場のテーブルデコレーションに、折鶴をおきたいから、教えてほしい」と言ってくれ、一緒に折ったことを思いだしたのです。
d0179006_1718996.jpg


電話して、折鶴を提案すると‥
「‥言葉がでない‥実は今、私も今週末に一緒に何かを作ろうと提案しようと思っていたところだったの」と。
私も、こちらの人のご協力を得て、「折鶴」少しずつやっていこうと思います。
そして、お友達とする活動で、ぜひ私も折鶴をお渡ししたいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
折鶴がつなぐ「和」と「輪」。






by ca_rino | 2011-03-16 17:27 | おねがい

想いと支援の連鎖

今朝、高濃度放射線が飛散していることを知った。
このたびは、身体に影響があるぐらい高濃度とのこと。
恐れていたこと、そして絶対あってほしくないと祈っていたことが、起こりはじめています。


ただ、そんな状況下でも原発の安全性を高めようと必死に回復作業に取り組み続ける方がいること。
自分も被災していながらも、ボランティアとして現地で支援を行っている方がいること。
約1万人が安否不明となっていた同県南三陸町で今までひたすら生き抜くために救助を待っておられ、15日救助された2000名の方々。
そしてその救助に懸命に取り組まれている方々。
書ききれないほどの、人々の想いの強さと、生きる力の連鎖が生まれていることを改めて感じます。



この数日、ひたすらニュースを追っていました。
心配して毎日連絡をくれるスイスやイタリアに住む親族に、日本の報道で得た最新の情報をお伝えしながらも、ひたすら被害が拡大しないこと、死者が増えないことを願いながら情報を得る日々でした。

昨日、ドイツ語の授業でしたが、家を出る前はちょうど福島原発の燃料棒が再度むき出しになったという発表があったところ。「皆知っているだろうけど、今の状況をクラスメートで唯一日本人の私は伝えなければ」と思いながらも、重い足取りで授業に向かったわけです。
レッスンが始まる前、思わず泣いてしまいました。
地震当日に泣いて以来、絶対泣かないと心に決めていたのですが、本当に思わず流れていましました。
嬉し涙でした。
すでに来ていたクラスメートがすかさず私の周囲の人々の安否を聞いてくれ、クラスメートの一人のイタリア人のおっちゃんが「日本でこの地震が起こったと知ったとき、きみのことをすぐに想ったんだよ。そして、きみの身の回りの人たちはもちろん、日本にいる全ての人々の無事を願っていたんだよ‥」と。そして皆が口々に「日本人は、忍耐があって結束力が強い。あんたたちは絶対やってのけるよ。」と言ってくれたのでした。
「みなさんの心遣いと、各国の支援、ありがとう。絶対忘れません。」と言うのがやっとでした。


この時から、私は元気でいなければならないと気づいたのでした。
心は痛み続け、日本のことは片時も頭を離れることはありませんが、何ができるかといえば、被災地に笑顔が戻るように、私がまず笑顔でいれるような日々を築いていかなければならないということ。
そしてその元気をもって、できることをこちらで行い、それを何らかの形で被災地に届けること。
近所に住む日本人のお友達と、地域で私たちができること、考えはじめたところです。
ドイツのまさみさんはすでに具体的に動き始めておられ、そちらの情報も参考にしながら。
この想いとパワーを微力ながらも形にしていこう!と。


そして、「日本大震災を受け、県内各地では13日、本格的な支援活動が広がった。阪神大震災の教訓を生かそうと、住民ボランティアは不足する物資の提供を周辺住民に呼びかけ、神戸大学生らは被災地入り。神戸市なども追加支援を行った」(http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110314ddlk28040181000c.html 毎日新聞 2011年3月14日 神戸版より)とのこと。私の地元の方々も動いている。私もこちらでがんばらなければ。



最後に。
私にとって大切な人が作成し、彼女がスイス人、ドイツ人、イタリア人の知人にメールしたものを添付します。最後に日本語訳をつけてみましたが、これはイタリア語が第二言語である彼女のイタリア語を、イタリア語が第二言語である私が日本語に訳し、一部は私なりに意訳しています。原文のドイツ語とはもしかしたら直訳は異なっているかもしれませんが、彼女とは電話で何度か話しているので、意味はそれほど外れていないかと思います。ご了承ください。)


==================================================
Die wundersame Macht der guten Gedanken

Die aktuellen Geschehnisse in Japan machen alle betroffen. Natürlich wollen wir informiert sein. Aber anstatt nur den Berichterstattungen folgen und erschüttert zu sein, können wir noch mehr tun.
An der Oberfläche betrachtet ist es nicht viel, was wir für die Menschen in Japan tun können: Ich kann an die betroffenen Menschen denken und versuchen gute Gedanken und positive Energie zu erzeugen, denn „Gedanken werden zu Worten und Taten!“

Es ist nicht viel, was wir tun können, aber wir können JETZT damit beginnen Gedanken von Frieden, Liebe und Vertrauen zu denken. So tun wir etwas Gutes für uns selbst -und für die ganze Welt!

„Energie fliesst, wohin unsere Aufmerksamkeit gerichtet ist“

Jeder gute Gedanke zählt, auch deiner! Darum schick dieses Mail an alle deine Freunde! Danke!

===============================================
La miracolosa potenza del bene pensieri
Le notizie di Giappone fanno tristi tutti. Naturalmente vogliamo tutti essere informati. Ma invece seguire solo la copertura di notizie ed essere colpiti, possiamo fare di più: Sulla superficie, non è molto che potremmo fare per il popolo giapponese. Posso pensare alle persone e cercare di creare pensieri buoni e energia positiva; "pensieri diventano parole e fatti!".

Non è molto che possiamo fare, ma si può cominciare a pensare i pensieri di pace, amore e fiducia. Così stiamo facendo qualcosa di buono per noi e per il mondo!

"L’energia va dove la nostra attenzione è rivolta"!

Ogni pensiero buono conta, anche il tuo! Per quello manda questa e-mail ai tutti i tuoi amici! Grazie!


===============================================
想いがもつ奇跡的な力

日本からの知らせは、私たちみんなを悲しくさせました。
当然ながら、私たちは、すべての情報を共有していきたいと思います。
とはいえ、ただ情報の表面だけを追い、そこから影響を受けるだけではなく、私たちはもっとできることがあるんじゃないだろうか。
日本国民(や日本に住む人々)に直接的にできることはそんなに多くない。ただ、(日本のことや)日本の人々のことを想い、ポジティブな想いとパワーをつくろうとすることが私にはできるのではないか。
「想いは、言葉となり、そして現実となる。(⇒想いというのは、その相手にしっかり届くもの)」

できることは多くはない。とはいえ、平和、愛、信頼のことを考えはじめることはできるはず。
こうして、私たちは自分たちのためにも、そして世界のためにも何かできることを行いはじめているのじゃないのかと。
「パワーは私たちが想いをむける場所へと向かう!」

すべての想いは重なりあって、より強くなっていくもの。あなたの想いもその1つ。
だから、このメールをあなたの友達に送って(想いをつないで)いこう。ありがとう。

===============================================

「あの友達どうしているだろう。連絡してみようかな」と思って連絡してみると、「実は私も連絡しようと思っていたところだったの。」というような経験ってないですか?
私は、結構あります。
相手のことを想う時、お互いに想いをキャッチしているのかなと。

できることから、少しずつ!






by ca_rino | 2011-03-15 19:17 | わたしのこと

12日の記事に、募金等の情報を追記していましたが、「今できること」のページをつくることにしました。
私がつかんだ範囲の情報になりますが、こちらを随時更新していきたいと思います。

__________________________________


何ができるのか‥何かできないのか‥

伝えられること
こちらでも、日本のことを心配している方々が非常にたくさんいるということ。
夫の家族や親戚や遠縁の親戚、スイス、イタリア、ドイツの友達やまたそのご家族からも、被災者の方々へのお悔やみや私の家族や友人、日本の状況を気遣うメッセージや電話をいただき、被災した方々へのいち早い救済と日本の復興を心から願ってくれていた。

GiannaさんのFBコメントから、「地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき」というサイトを知りました。
人の暖かさの連鎖がどれだけ心強いものかを感じました。
http://prayforjapan.jp/tweet.html



そして、遠方からできること。
【募金】
(一覧)
重複するものもありますが、全てそのまま載せています。
◆緊急支援活動を実施している団体の一覧 - イーココロ!
http://www.ekokoro.jp/urgency/urg-14.html

◆現地での活動を表明して寄付を募っている団体の一覧 - Think The Earth Project
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/emergency/2011/03/post-2.html

◆「東北地方太平洋沖地震の義捐金等受付先まとめ」 - エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/it_lf/20110312/Lifehacker_201103_post_1701.html
(情報元 仕事術 - エキサイトニュース



(主だった募金先)
◆口座振込・ネット「東北関東大震災義捐金を受け付けます」 - 日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html
⇒各国の赤十字社でもネット募金を始めているようです。

【New】口座振込「平成23年東北地方太平洋沖地震等におけるボランティア・NPO活動支援のための募金」について - 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014uxn.html

◆振替・書留「東日本大震災救援募金」 - 朝日新聞社と朝日新聞厚生文化事業団
https://aspara.asahi.com/blog/kochiraapital/entry/w2jFMdXCiw

◆ネット「東北地方太平洋沖地震支援基金」 - 日本財団 CANPANプロジェクト http://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html

◆ネット「日本赤十字社」 - Googleチェックアウト
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

◆ネット「緊急災害募金」 - Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

◆ネット「緊急災害募金」 - @nifty web募金
http://donation.nifty.com/tokusetsu/

◆ネット「東北地方太平洋沖地震被害に対する支援について」 - goo募金
http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/

◆ネット GRUPON購入による募金 - GRUPON Japan
http://www.groupon.jp/cid/7995/

⇒海外のGRUPONも始まっているようです。
◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Switzerland
http://www.groupon.ch/deals/online-deal/roteskreuzspende/287629

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Italy
http://www.groupon.it/deals/deal-nazionale/groupon-per-il-giappone/287239

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Germany
http://www.groupon.de/deals/online-deal/roteskreuzspende/286992
⇒その他の国のGRUPON(アイルランド、イギリス、オーストラリア、オーストリア、オランダ、スペイン、ノルウェー、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港など)

◆Tポイントによる募金 - カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88

◆ネット 支援ミクコレ購入による募金 - mixiモバイル
(mixiモバイルのみ)

◆ネット mixiアプリからアイテム購入による募金 - mixiアプリ
(PCもモバイルも可能。但し、アプリにより異なる。)

◆口座振込「東北関東大震災の被災者支援募金のお願い」 - NPO法人ホームレス支援全国ネットワーク
http://www.homeless-net.org/
⇒私の恩師も関わり、また私も以前関わっていた信用できる団体です。この団体の会員団体が今回の炊き出しにも関わっています。こちらの口座に振り込まれた義援金はすべて被災団体を通じて行われる被災者、困窮者支援に対して用いられるとのことです。




2011年3月13日、スイスからはSHA(Swiss Humanitarian Aid Unit)によってが編成され派遣された災害救助隊SDRが日本に到着しました。
海外での地震被害に即座に対応するために組まれているスイスのレスキューチーム体制の中には、赤十字理念に基づく民間非営利団体REGAやREDOGが含まれています。
私は、スイスに住み始めてすぐにREGA会員になりましたが、阪神大震災やこのたびの東北地方太平洋沖地震にもすぐさま駆けつけてくれた彼らに寄付し、彼らの活動を支援することも、今私たちができること、そして感謝の気持ちを表すことができることの1つかもしれません。(Keyコメ様、ありがとうございました)
(スイスレスキューチーム体制・スイス連邦公式HPよりhttp://www.deza.admin.ch/en/Home/Activities/Humanitarian_Aid/Swiss_Rescue(英語))

◆口座振込 - REDOG(Swiss Search and Rescue Dog Association)
http://www.redog.ch/de/redog/spenden.html
http://www.redog.ch/fr/redog/dons.html
http://www.redog.ch/it/redog/donazioni.html

⇒日本へREDOG災害救助犬派遣についての記事
http://www.redog.ch/it/redog-italiana/news/news-detail/article/suchhunde-und-spezialisten-von-redog-in-japan-angekommen.html?tx_ttnews%5BbackPid%5D=30&cHash=6e738043523dc60f6c6f8cf692797f13(イタリア語)
「25名の救助隊と9匹のREDOG災害救助犬は3月14日早朝(スイス時間)に東京に到着し、現在8時間かけて被災地である北部に向かっているところである。(2011年3月14日)」(ca_rino訳)

◆口座振込 - Swiss Air Rescue REGA
http://www.rega.ch/en/support-rega/donations.aspx(英語)

⇒日本へREGAメンバー派遣についての記事
http://www.rega.ch/de/aktuelles-und-veranstaltungen/aktuelles/detail.aspx?id=1984(ドイツ語)




【炊き出し情報】
もしも、食事の支援を必要とされている方にご連絡ができる際、ご周知ください。

◆給水・炊き出し場所一覧
https://spreadsheets2.google.com/pub?hl=ja&hl=ja&key=0An_bfTU7s7XHdGxhazkyeExVTDV2TmZfM28tdHRUcVE&output=html&ndplr=1
◆炊き出しマップ
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&brcurrent=3%2C0x5f8a281688bb7435%3A0x5a71ac24ed513392%2C0%2C0x5f8a2815e538e245%3A0xb1632cc050d2f733&msa=0&msid=216614052816461214939.00049e49594f07450fe63&z=8

(情報元 Google Crisis Response http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.htmlの「避難所情報」より)



【ソーシャルネットワーキングサービス・SNS】
ひょこむ
http://hyocom.jp/community/?bbs_id=506/
阪神淡路大震災を機に設立されたコミュニティー活動支援型地域SNS。
東北地方各地の生活支援情報などを紹介。行政・企業、NPO(非営利特定)法人などからなる草の根運動。
(MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110312/its11031218200000-n1.htmより)

【New】SAVE JAPAN
http://savejapan.simone-inc.com/index.html
東北地方太平洋沖地震の都道府県別に、それぞれの地域の災害救援情報のツイートをまとめているサイト
(ネットベンチャーニュース http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20110313/Dreaminnovation_vent_news_HmkGzdD83.htmlより)



【その他】
以下のブログやサイトで、役に立つ情報を掲載されています。
◆「東北地方太平洋沖地震被災地でボランティアしたいと思っている方へ」 - (社福)大阪ボランティア協会のHPのKVネット
http://www.kvnet.jp/touhoku_jishin.html


現時点で現地でのボランティア活動や物資送付は難しいとのこと。そのため混乱を招いてはいけないので、以前記載していたボランティア情報や物資送付の記事に関しては削除しています。(2011年3月13日)(社福)大阪ボランティア協会のHPのKVネットに「東北地方太平洋沖地震被災地でボランティアしたいと思っている方へ」というページに、今控えてほしいことや、今できることが詳細に記載されているので、こちらをご参照ください。

【New3/16】「被災地への大阪府民の皆様のご支援について
」について - 大阪府
http://www.pref.osaka.jp/koho/tohoku_jishin/index.html

◆ドイツ在住のまさみさんのブログ c/oFranz
http://yellow.ap.teacup.com/rheinbach/

◆Japan earthquake how to protect yourself
地震発生時緊急マニュアル」多言語版
http://nip0.wordpress.com/

地震発生時緊急マニュアル」http://mblg.tv/enokiiii/entry/1/の24言語版。ツイッターを通じて24言語の翻訳が集まったとのことです。
被災している在日外国人の方がいらっしゃればご周知ください。
(情報元 特定非営利活動法人 国 際 交 流 の 会 と よ な かhttp://homepage1.nifty.com/tifa/index.htmlの「お知らせ」より)


【New3/17】「外国人住まい方ガイドDVD」より「住宅設備の復旧」 - 財団法人日本賃貸住宅管理協会 国際交流委員会


本日、財団法人日本賃貸住宅管理協会が発行するメールマガジンが届き、ご紹介されていましたので一部転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「財団法人日本賃貸住宅管理協会 国際交流委員会は急遽、「外国人住まい方ガイドDVD」に収録されている映像の中から、住宅設備の復旧に関する箇所について、編集しました。
「ガスの復旧」「水道元栓の開閉」「室内電気ブレーカーの復旧」だけを、日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語で短くコンパクトに編集してあります。
15日(火)の夜は静岡で震度6の地震がありました。
首都圏や東海地域の方に限らず、皆様のホームページに以下のリンク集を掲載し、ご活用頂けますよう、お願い申し上げます。」(メルマガより抜粋)

※以下のYouTubeのリンクへアクセスすると、動画が流れます。

日本語 http://www.youtube.com/watch?v=OLmUbYOTuVQ

韓国語 http://www.youtube.com/watch?v=pnuYchk-Xdw

英語 http://www.youtube.com/watch?v=dMEZhrU3OjE

スペイン語 http://www.youtube.com/watch?v=6uuReDkmDHM

中国語 http://www.youtube.com/watch?v=PlLQDl2FIlU

ポルトガル語 http://www.youtube.com/watch?v=n83PUuawpBA

参考:外国人住まい方ガイドDVD
http://www.jpm.jp/exch/




※掲載情報の内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。詳細情報は、各社のオフィシャルサイト等で必ずご確認をお願いいたします。募金を偽装した詐欺にご注意ください 




by ca_rino | 2011-03-13 19:05 | おねがい

以下の記事を発見。
「全ての」国民への呼びかけとのこと。
日本にお住まいの方で、もしこのブログに目をとおしてくださる方が一人でもいらっしゃれば、ぜひ節電とご周知をよろしくお願いいたします。

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20110312/Jiji_20110312X992.html
より全て引用


国民に節電呼び掛け=政府
時事通信社  2011年3月12日 20時18分  


枝野幸男官房長官は12日夜、首相官邸で記者会見し、東日本大震災を受けた原発などの運転停止により発電量の総量が落ちていることから、国民に節電を呼び掛けた。「地震、津波に(対して)国を挙げて克服する観点から、全ての国民に節電をお願いする」と述べた。


 また、震災に関して、メールなどで事実と異なる情報が多数流されているとして、「いたずらに不安感をあおるだけでなく、それに対する対応で救出活動が遅れることもあるので、ぜひ避けてほしい」と訴えた。」


東京タワーのライトアップ、大阪・道頓堀の江崎グリコの巨大ネオン看板などの観光名物になっている照明が消え、飲食店では照明が落とされるという動きもでているようです。社会総合 - エキサイトニュース



(2011年3月13日追記)
本日、関西電力のHPで以下の公式コメントを発見しました。
以下、関西電力公式HP(http://www.kepco.co.jp/)より抜粋

「○このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

○今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

○当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で電気の融通を行っております。[注]

○平素より皆さまには省エネ・節電にご協力を頂いておりますが、今のところ、お客さまに更なる特別な節電をお願いするような状況にはございません。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設の容量には上限があります。」



ただ、地震の有無に関わらず、できる省エネ・節電は継続して行っていく必要はあるかと思います。西日本でもいつ何が起こるかわらないので、政府のよびかけのとおり、できる限りのことを今のうちに行っていければと思います。





by ca_rino | 2011-03-13 02:07 | おねがい

東北地方太平洋沖地震

朝からネットにへばりつき、ライブ中継を見て、連絡をとる。
本当に、ネット環境が整っていることがありがたく思える。
ライブ中継でも、ツイッターが活用されていて、あらためてSNSの存在の大きさも感じられた。



ただ、ライブ中継が始まるまでは、新聞社のネット記事で状況をつかもうとひたすら読みあさり、何がなんだかわからないけれど、規模の大きさから16年前の悪夢がよみがえり、恐怖で涙が出る。


ライブ中継を見はじめてからは、ただただ、これ以上の被害拡大しないことを願うばかり。


こちらのテレビでも、この地震は大きく取り上げられ、ニュース番組はこの話題で持ちきりだった。
イタリアのニュースが終われば、ドイツのニュースに切り替えというはしご。
日本の、特に津波でのみこまれていく宮城の様子が何度も流され、また涙がでる。
「私が泣いてどうするんだ!辛いのは被災地の方々」とわかっていながらも。


家族の無事も、偶然ながら東京に出張に行っていた父の無事も、友人の無事も確認でき安心ながらも、まだ連絡がとれない東北や横浜の友人がいて心配がつきない。


ただただ情報を追うばかり、映像を眺めるばかりの自分の無力さや、また「何かあっても日本にすぐに帰れない場所にいるんだな」というもどかしさ。
もちろん、日本にいたとしても私自身は何もできないのだろうけど、この距離がいつも以上に遠く、また続く余震、二次災害、寒空の下で救援を待つ方々、今も被災地と連絡がとれず不安でおられる方々のことを考えると何よりも心が痛む。


何ができるのか‥何かできないのか‥

伝えられること
こちらでも、日本のことを心配している方々が非常にたくさんいるということ。
夫の家族や親戚や遠縁の親戚、スイス、イタリア、ドイツの友達やまたそのご家族からも、被災者の方々へのお悔やみや私の家族や友人、日本の状況を気遣うメッセージや電話をいただき、被災した方々へのいち早い救済と日本の復興を心から願ってくれていた。



そして、遠方からできること。
【募金】
◆現地での活動を表明して寄付を募っている団体の一覧
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/emergency/2011/03/post-2.html

◆インターネット募金「緊急災害募金」 - Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

◆インターネット募金「緊急災害募金」 - @nifty web募金
http://donation.nifty.com/tokusetsu/

◆インターネット募金 - アメリカ赤十字社 American Red Cross
https://american.redcross.org/site/Donation2?idb=0&5052.donation=form1&df_id=5052

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Japan
http://www.groupon.jp/cid/7995/

⇒海外のGRUPONも始まっているようです。
◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Switzerland
http://www.groupon.ch/deals/online-deal/roteskreuzspende/287629

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Italy
http://www.groupon.it/deals/deal-nazionale/groupon-per-il-giappone/287239

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Germany
http://www.groupon.de/deals/online-deal/roteskreuzspende/286992

⇒その他の国のGRUPON(アイルランド、イギリス、オーストラリア、オーストリア、オランダ、スペイン、ノルウェー、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港など)

◆Tポイントによる募金 - カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88

◆支援ミクコレ購入による募金 - mixiモバイル
(mixiモバイルのみ)

重複するものもありますが、エキサイトニュースに「東北地方太平洋沖地震の義捐金等受付先まとめ」という記事が掲載されていましたので、こちらもリンクします。仕事術 - エキサイトニュース(2011年3月13日)



現時点で現地でのボランティア活動や物資送付は難しいとのこと。そのため混乱を招いてはいけないので、以前記載していたボランティア情報や物資送付の記事に関しては削除しています。(2011年3月13日)
詳細は、(社福)大阪ボランティア協会のHPのKVネットに「東北地方太平洋沖地震被災地でボランティアしたいと思っている方へ」というページがあります。
今控えてほしいことや、今できることが詳細に記載されているので、こちらをご参照ください。
http://www.kvnet.jp/touhoku_jishin.html




※掲載情報の内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。詳細情報は、各社のオフィシャルサイト等で必ずご確認をお願いいたします。
 




この場をお借りして、お亡くなりになられた方々へ心からお悔やみ申しあげると同時に、ご冥福をお祈り申し上げます。
また、余震がおさまること、そしてこれ以上被害が拡大しないこと、被災者のみなさまのご無事を心からお祈り申し上げます。




by ca_rino | 2011-03-12 08:45 | せいかつ

朝に地震の話を聞き、メールとネットの記事にかじりつき。
16年前の恐怖と、距離があるゆえに状況がいまいちつかめないことからくる不安。
みなさまのご無事をこころよりお祈りいたします。


ネットでライブ中継がはじまっています。
海外にいらっしゃる方、テレビをごらんになれない方。
お役に立つかもしれません。


【TBS公式チャンネル】
http://www.ustream.tv/channel/tbstv


【NHK総合 地震特別対応】
http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv

http://live.nicovideo.jp/watch/lv43018790

【フジ 地震特別対応】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv43019860






by ca_rino | 2011-03-11 19:08 | せいかつ

日本の地を踏む日@2011

ついに、日本行きのチケット!購入しました!!


5月1日着、20日発で帰ります♪
今回は祖父の1周期がちょうどこの期間にあたるので、もともとこの時期の帰国を考えていたのですが、それにしても楽しみ。
夫と国際線に乗るのも、実はこれが初めて。
私は一人でも飛行機結構楽しめてしまう派なのですが、それでも旅のお供がいるというのはこれまた楽しみです。


飛行機ですが、前回購入できなかったE社が購入できました。
やはり、エコノミーで荷物30キロまでというのは、魅力です!!

前回のトラブル(こちらの記事の下部です)の原因ですが‥
どうやら、なんらかの手違いということでした‥。

※「往復チケットを購入し、その片道を放棄したからといって、次回のフライトの予約ができないことはない」とのこと。→もちろん、罰金が科せられる可能性はあります。その旨は表記もありましたので。

※問い合わせフォームの返事がない→何かの手違いしか考えられない
⇒電話での問い合わせが一番ということで、スカイプから日本支社に連絡したらなぜかつながらなかったのですが、電話での問い合わせが確実なようです。


というわけで、前回はもろもろついていなかった模様。
今回は、とりあえずチケット購入まではなんとか無事に!

d0179006_1985722.jpg



こちらは、2008年度のグッドデザイン賞にも選ばれた「カモ井加工紙株式会社」のマスキンテープの1つ!
d0179006_18544192.jpg

カモ井のテープは、数年前から私も使っていたのですが、日本に全部おいてきてしまった。
こちらはレターセットや便箋もシンプルなものが多いので、忘れてきたのは残念‥
と思っていたら、12月に遊びに来てくれたFuちゃんのお土産の1つにこちらが入っていました!
Japaneseバージョン!
こちらでは、うけそうですね。ちょくちょく使っています☆

そして、カモ井テープ。
なんと、こちらでも売っていました!!
和柄が多かったかな‥やっぱり。
デザインの楽しさは、海を越えていた!
私は日本まで我慢です。

公式HPも見ているだけで楽しいです♪
カモ井加工紙株式会社 マスキングテープ
by ca_rino | 2011-03-10 19:22 | わたしのこと

東スイスの友人が写真をアップしてくれたので、早速昨夜の速報を‥


夫は昨日、ゴミになりに実家へ帰ったのです。ゴミを抱えて。
その2日前に、友人たちはなんと衣装(?)の採寸を!
d0179006_23365954.jpg

右の彼なんかひざ立てたりして結構極めて撮っていますが、でもゴミですから(笑)
でも。これ「ちょっと甘ちょろいんじゃないの~?!」と思っていました。
もっとゴミらしくしないと!!と。



どーん!
d0179006_23361074.jpg

こちら昨日のゴミ軍団です。
アップされたのをみたとき、笑えました(笑)
ちなみに、私の愛するアマノフーズのカレーの箱や男梅の袋がついているのが夫なのですが‥(わかりにくいですね‥)
周りの友人は、みなさん子持ち(笑)
お子さん、みたら泣くでしょうね‥


夫からは「楽しかったー!!」という連絡が朝入り、ただ昨夜どうやら寝ぼけて?飲みすぎて?ふらふらしていたので、夫母の大切にしている壷を割ったらしく、朝から雷が落ちたそうな‥
壷というと、なんだか昔話みたいですね(笑)
壷というか、大きな花瓶です、きっと。


さて、昨日は寒くて雨降ってという一日でしたが、今日は完璧な春模様!
青空がざっと広がっています。
そして、私は今から楽しみにしていた一大セレモニー&フェスタに参加してきます!
朝から浮かれすぎて、気持ちも春色!
by ca_rino | 2011-03-04 23:45 | いべんと

今日は(日本はすでに4日ですが)、ひなまつりでしたね~。
今日は一人なので(夫はゴミになりにいきました‥)、ちらし寿司を作るのもな‥という感じです。
は、は、歯‥?
じゃなくて、はまぐりのおすまし!飲みたい‥。

日本から送った荷物の中に、雛人形をイメージした手まりをいれていたのですが届かず。
ということで、気持ちだけでもこちら!
d0179006_2165463.jpg


本日のイタリア語の授業で読んだのが、「縁起かつぎ」。
イタリアでは、アーティスト、特に舞台に立つ人々は色を気にするとか。
舞台が失敗したときに着用していた服、靴、帽子、およびその色は、「不運をもたらす物・色」として、その後は目にふれないようにするとか。逆に大成功を収めたときは、その日からラッキーカラーに変わると。
日本で縁起のいい色といえば、おめでたい赤と、純をあらわす白なんでしょうね。
数字は、どうやら奇数の1、3、5、7がいいとか。
今日3月3日もそういう思想からお祝い事をするようになったのだろうか?

d0179006_2115331.gif

さて、昨日の記事で1.5キロ増(戻ったけど)と書きましたが、そうそう、ティラミス2切れだけではそんなに増量しないですよね‥。
なぜ1.5も(戻った!!)増えたかというと、原因は
d0179006_226268.jpg

先週からはまっている、ビスコッティ作りも一因じゃないかと‥。

○コーヒーや紅茶と一緒に口に入れたくなるもの
○甘すぎず
○アレンジ自由自在
○簡単
ということで、ためしにやってみたらはまってしまいました。
いやー、お菓子作りなんてしちゃうなんて。「味見専門」だったのに。
こちら、バターの代わりに「オリーブオイル」を使っております。
香りがまたいいです♪

d0179006_21387.gif

というわけで、第一弾を先週の月曜日に、ドイツ語の先生Annaにプレゼントしたわけです。
というのも、その前日の日曜日が先生のお誕生日だということを知ったので。

で、今週の月曜日の授業が終わり、家に帰って夕食の準備をしていると、夫が「cArINo宛に電話だから早く出て!!」とのこと。
というわけで電話に出てみると、「誰???」っていうくらいかわいらしい声。
するとAnnaでした。

「邪魔してごめんなさいね。実は今日授業終わってからお礼をいいたかったんだけど、あなたすぐに帰ってしまったでしょ??ごめんなさいね。本当においしかったわよ。うれしかった!その事を伝えようと思って。お邪魔してごめんなさいね。」

という、お礼の電話。
喜んでもらえてうれしい☆
でもわざわざ、それを伝えるために、電話までしてきてくれたの?!

後々、考えてみました。
こういう気持ちというのは、すぐに伝えることが大切だなと。
「今日伝えられなかったけど、また再来週(来週はお休み)会うから、その時に伝えよう!」じゃなくて、喜んでもらえたことももちろんうれしかったし、「今日なんとか伝えたい」と思ってもらえたその気持ちももっとうれしかった☆
ちょっとしたことなんだけど、こういう心遣いがとってもうれしい!
私もできるようにしたいなぁ~。


d0179006_245356.gif

当分私のビスコッティ作りは続きそうです‥
試したのは、
○レーズン
○レーズン×アーモンド
○ココア
○チョコチップ
○黒ゴマきなこ
○ハチミツ
○シナモン

次は
○抹茶
○アールグレイ
をしてみようかと。

何かおすすめあったら教えてください!
え、また戻るよって?
リンダさんも歌っているじゃないですか。「もおどおにも止まらない~♪」って。
私はやってみたいという熱が上がりやすいので、ちょっと様子みておいてください(汗)
by ca_rino | 2011-03-04 02:52 | わたしのこと