<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

冬のフェスタといえば!

2月も今日が最後ですね‥
更新したい記事があるまま、日々は過ぎていくばかり‥。いつものことですが(汗)
今日はスイスの結婚式にも来てくれたミネラルの30歳のお誕生日!ミネラル、おめでと~♪
そして、いつもコメントをくれる高校の時の友達がご入籍されたとのこと!りんぺーちゃん、お幸せに☆


d0179006_20443156.gif

昨日も、夫は家にこもって現在個人的にしている仕事のラストスパート!
一方私は、夫の同僚の女の子にこちらでの春を迎える前に欠かせないお祭りに行ってきました!


d0179006_2047726.gifd0179006_20483351.gif謝肉祭




なんか漢字にすると、「何の祭り?スーパーの安売り?」という感じですが(そんなことないですか?)、いわゆる「カーニバル」です!
d0179006_22495227.jpg


More
by ca_rino | 2011-02-28 23:34 | いべんと

昨日はイタリア語の授業でしたが、毎回片道30分かけて歩いてくる私を不憫に思ったスリランカ人のクラスメートが、毎回帰りは家まで送ってくれていたのですが、なんと昨日から家まで迎えにきてくれるようになりました。
単にバスを待つのが嫌なのと、電車に乗るくらいならしんどくない日は歩こうかな‥歩くの好きだし‥という単純な理由で歩いていたのですが、「ついでだし、かわいそうだから、乗っていき!」とやさしい言葉をかけてくれ、お言葉に甘えることにしました。


私たちのコースがある場所は、国境が目と鼻の先。
なので、イタリアのナンバープレートがついた車が半分以上走っているわけです。
昨日の車の中で話題になったのが、運転マナーの話。
イタリアからの車は、「横断禁止」という表示を無視して、わき道に入っていっちゃったり、ちょっとの隙間があればスルリと入っていってしまうのです。
こういうのを見ていると、きっと私は車乗れないな~と思ってしまうのですが、近いうちにこちらでの免許発行手続きをしようとしているところです!慣れが大切だ!




で、思い出したのがこちらのショートフィルム。

More
by ca_rino | 2011-02-25 21:15 | せいかつ

Ha,ha,歯

先日、ご近所の日本人のお友達数人とランチをしました!
(前田さん、企画からセッティングまでどうもありがとうございます!)
そのことは、また後日に書きたいのですが、その時に出たのが


「歯」


の話題。



こちらの人って、歯並び、とても気にするんですよね。
もちろん歯並びがきれいな人ってすてきだと思います☆

ただ、こちらの歯科では保険がきかない。
親知らずを抜くのに10万近くかかるとか(聞いた話ですが)。
アメリカの方がもっと高額だと聞きましたが、それにしても高い。
気軽に歯医者なんていけません。
ということで、私は歯医者はやっぱり日本で!と思っています。
たとえ全額負担になろうとも、それでも日本の方が安いし、やはり言葉の面でも安心。

More
by ca_rino | 2011-02-23 22:23 | いりょう

華やかなパリへ!!

明日から4日間!行く
d0179006_21404763.jpg




予定でしたが、オチは延期。
夫は休みをとっていたのですが、夫には2月中に仕上げなければならない仕事があるので、「無理していかなくても、また終わってからにしよう」と夫に提案し、延期することにしました。
ということで、残念ながら家でフランス気分を楽しむことに(笑)
気持ちだけでも!!

More
by ca_rino | 2011-02-16 22:08 | たのしむ

このところお天気がよかったTicinoも、今日からどんより曇り空。
冬らしい天気が戻ってきましたが、どんよりというのはあまり嬉しくないなぁ。。。


今日はバレンタインデーですね☆
こっちでは男性から女性への贈り物~♪をするのが普通なようですが、うちは‥

恒例ながら何もしません(笑)

夫は、何か贈り物をするというのが苦手なので(笑)

スーパーのビラをみていても、最近はこちらでもチョコレートがプロモーションされています!
リンツのハート型の缶に入ったチョコとか☆
日本の影響?!



==================================================
先日、在ジュネーブ出張駐在官事務所から、「ティチーノ州のおける領事出張サービスのお知らせ」という通達が届きました。

出張駐在官事務所というのは、旧総領事館を引き継ぎ、領事業務また広報文化業務をされている機関。
ジュネーブといえば、スイスでも西端に位置し、私たちの住む南端からは片道電車で約6時間。
首都ベルンにある日本大使館の方が絶対近いのですが、ティチーノ州は管轄がこのジュネーブの事務所。
というわけで、パスポートの更新やあらゆる書類(婚姻届や出生届等)の提出はこちらになるのですが、パスポート申請は出向かなければならない!!
ティチーノに住む人にとっては、なんというか不便なのです。

が、そのような点を加味して、ジュネーブから領事出張サービスをしていただけるようです。
本当に助かります!!
私は、在留届(海外で3ヶ月以上生活する際に、提出する届。詳細は、こちら)を提出していたので、今回このような案内が届きました。
d0179006_2136928.jpg


もちろん在ジュネーブ出張駐在官事務所のHPにも掲載されています。

在外選挙人名簿登録を行おうと思っていたので、さっそくこの機会を利用させていただこうと思っています!
日本国籍をもっているので、海外に住んでいても、選挙には登録申請さえあらかじめしておけば、投票できるんです☆

それに、同じ会場で、スイスの介護事情についての勉強会も開催してくださるとのこと。
これはこれは、ぜひぜひ参加しなくては!
夫にこの勉強会のことをいうと、「こういう企画、ありがたいね~。勉強会のあと、レクチャーよろしく!」とのこと(笑)
スイス人だからって何でも知っているわけでもなく、逆にこちらに住む日本人や外国人の方が情報ツウのこともしばしば。
このような貴重な情報提供の機会、大切にしないとなぁ☆
ありがたい限りです!
by ca_rino | 2011-02-14 21:54 | てつづき

日本では、雪の日が続いているみたいですね。
大阪の11日の朝の様子を、大阪にいる友達が送ってくれました。
d0179006_1285982.jpg


こちらでは、おそらく日中は10度くらいはあるのではないかと。
とはいえ、足元からぞくぞく冷えてくる感じです。
インフルエンザもはやっているようなので、お気をつけください。



さて、今日はそんな冷える毎日に、私が気に入って飲んでいる紅茶をご紹介したいと思います。

Kneipp(クナイプ)が出しているハーブティー!
d0179006_1323455.jpg


日本では、ちょくちょくKneippのバスソルトを愛用していました。
最近はコンビニにもプチプラなKneippバスソルトが販売されているようで、びっくりしました。

こちらスイスではMigrosというスーパーで、バスソルトから、ボディ・ハンドクリーム、マッサージオイル等々がKneippシリーズとして販売されています。
どうやら、公式HP(日本語版はこちら)をみてみると、日本でもこちらの商品の一部は、「クナイプiシリーズ」というラインで販売されているようです。


こちらの紅茶は5種類ほどあり、効能もいろいろ。(女性の体のバランスを整えてくれるものやら、落ち着かせてくれるものやら、ぐっすりとした睡眠を促してくれるものやら)

スイスでのプチ土産におすすめです!
by ca_rino | 2011-02-12 01:45 | かう

ドイツ語のコースとイタリア語のコース。
ドイツ語は月曜日で3回が終わり、イタリア語は今回で4回目が終了。

どちらも共通語は「イタリア語」なんですよね。


イタリア語をイタリア語で教える「直説法」と、ドイツ語をイタリア語で教える「間接法」
語学を指導する側にいつかはなりたいと思っている私としては、両者ともとても勉強になります。

==================================================

さらに、ドイツ語の授業では、イタリア語の表現も一緒に耳にすることができて、一石二鳥。
「暗記する」というのが「imparare a memoria」(直訳は記憶に残すように学ぶ)とか、疑問形容詞が「aggettiva interrogativa」というなんて、全く知らず。生徒の仲間にいろいろと細かく質問する青年がいて、彼が質問する時はむしろイタリア語の勉強になるくらい。
(質問する内容のほとんどが難易度高すぎて、現時点のドイツ語レベルでは知らないでいいことばかりなので、彼が話すときはイタリア語に集中することにしています。)


テキストの登場人物に、なぜか「Yoshimotoさん」という女性が登場!
というわけで、Yoshimotoさんのところを読んだりするときは、だいたい私が読むのが定着しつつあります。
d0179006_2423038.jpg


「授業はイタリア語ばかりで、ドイツ語を十分に学べないのでは?!」という疑問もあったのですが、そこはさすがプロ。必要最小限のイタリア語で説明を、あとはできる限り「読む」、「聞く」、「話す」に重点をおいてドイツ語で進めてくれるので、私にもゆっくりついていけるというところです。

メンバーも、ラテン語系の言語(イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語等)に精通している人がほとんどで、もちろん英語ができる人はいますが、ドイツ語に関してはやはり初心者。
一から同じレベルというのがありがたい。

私は、スイスドイツ語に聞きなれていた(とはいえ、何を言っているのかは全く理解できませんが)ので、ドイツ語を習うことで、「あ、あれも方言だったの?!」ということがたびたび。
スイスジャーマンは、ドイツ語の先生でさえ「理解できない!むしろ勉強したこともないフランス語の方が理解できる」と言っているぐらいなので、かなり手ごわいです!

とりあえずYesのことを、(夫の出身地方の方言で)「Jö」という癖がついていた私も、最近はちゃんと「Ja(ヤー)」と言えるようになりました☆



==================================================

一方、イタリア語の授業ですが、みなさん(特に中近東、欧米勢)は、問題ないくらい話せる。
文法が弱いのかと思いきやそんなこともなく、ボキャブラリーも多く流暢に話す。

だいたい、最初に時事ネタとかを話すのですが、はっきり言って私にはついていけないくらい流暢に、結構込み入った問題について特に3人くらいの人がばばばばっと話をするので、私は言っていることを理解するのに必死。
アジア勢は、みんなおとなしい。

前回、今回はエジプトでのデモの話から、宗教、革命の話、そしてそこから発展して、今日は同性同士の両親をもつ子どもと、両親が異性の子どもの成育には何か違いが出てくるかという話になり、しまいにはジェンダーの話にまで発展。
これは授業の前段なのですが、かなり熱い。
それぞれが育ってきた環境も、宗教も、また考え方も違うので、その辺が時に熱い衝突に変わることも。

非常に興味深い話で、もちろん私も自分の意見などいえたらいいのですが、日本語でもすぐに意見がまとめられないのに、まるで討論のように3人でスピーディーに話が展開していくので口をはさむのがとても難しい。私に意見を言う機会が回ってくるなど、落ち着いて意見をいえる時間がないと難しい。
それだけ、まだまだイタリア語が自分の言語のひとつになっていないということでしょう。
もちろん、そんなすぐに流暢に話せるわけなんてないのかもしれませんが、まだまだイタリア語を話す時は注意しながら話している自分がいるなぁと気がつきました。
積み重ねですね。
気持ち、積極的に臨んでいかねば!


私たちの先生は、イタリア人。
とても美人で若い先生なのですが、かなり厳しい。
とてもありがたいことだと思います。
語学力のレベルがあがればあがるほど、いろんな意味でいい加減さが出てきてしまいますが、そこをきっちり注意してくれるのは、助かります。
「イタリア語もいまではイタリア語ネイティブでさえ、文法もぐちゃぐちゃで話しているという場合もあるけど、私たちは、ここではちゃんとしたイタリア語を学びましょう」と。

今日も、リスニングをして、それを「きちっとした文章で」要約するというタスクが。
リスニングの後に、私があたったのですが、「きちっとした文章」で話すというのが、どれだけ難しいかということが、改めて。

単語、文法はもちろん、言い回し、発音、アクセントなどもきっちり直してくれます。

アジア勢のうち、特におとなしい学生が2人ほどいて、今日はそのうちの1人に、「わからないのに、「はい、わかった」なんて言ってはだめ!わからないのに、「はい」と言って、あとで「私、ぜんぜんわからないから、ダメな生徒なんだ」と自分を卑下して帰ってほしくないの!わからないときは、どんどん質問する勇気をもたなきゃ。ここに来て勉強することが、あなたにとってハッピーな時間であってほしいの!」とけっこう厳しく言い放ったのでした。
もちろん全員に向けてのメッセージであったと思いますが、先生の熱意が伝わり、「もっとちゃんとしたイタリア語を話せるようになりたいし、なるための努力を惜しんだらあかんなぁ」と感じたのでした。


帰りに先生と話をしたときに、「私も厳しくなんてしたくないの、本当は。だけど、きっちり言わないと、いけない時はやっぱり言わないといけないから。」と言っていました。
指導するというのは、本当に難しいものですね。
でも、先生の気持ちというのは、伝わるものです。

そんなこんなで、ひさしぶりに言語を真剣に勉強しています。
コミュニケーションをとるのに、文法の正確さは必要ありませんが、やっぱり勉強する機会があるのだから、ここでしっかりやらないといけないのだろうなと思うわけです。
きれいなイタリア語、きれいなドイツ語を身につけたいなと。

日本語は忘れていませんよ。
え?!たびたびブログの記事の日本語が間違っている?
日本語を教えたいのなら、きれいな日本語を使えるようにならないといけませんね。
そろそろ日本語の勉強も再開しないといけないなぁ。
by ca_rino | 2011-02-11 02:43 | まなぶ

水曜の朝は、体が痛みます。
というのも、前回の記事に書きましたが、先週の火曜日から週1回ヨガに通いはじめました。

ただでさえ硬い体をぐぐっとのばすのは「ううっ」となることもありますが、やはり体を伸ばすというのは気持ちがよく、おかげで夜もぐっすり。


そもそも、ヨガもここに来た当時から通いたいと思って探していたのですが見つけられず。
ジムのようなところでピラトゥスが行われていたり、私が今ドイツ語コースに通っている学校ではヨガコースもあるのですが、私は地元に密着した、公民館なんかでやっているようなコースに通いたかった。
が、いろんな人に聞いても「Lugano(近隣の大きな街、ルガーノ)にだったらあるなじゃない?」というくらい。
何度もいろんなキーワードで検索してもみつからずで、「やっぱりまずは私がドイツ語に行っている学校のヨガコースに通って情報を仕入れるしかないかな」なんて思っていた、1月の半ば。
だめもとで検索したら、隣町でヨガコースがヒット!!

柔道場で、毎週火曜日だけ2時間×3回のヨガレッスンがあるということ。
ただ、情報はそれのみ。
柔道や、太極拳については、費用や詳細が書いてあるにもかかわらず、ヨガは開始時間のみ。

うーん。
電話は苦手なので、まずはメールでお伺い。
ということで、メールで連絡してみたのですが、、、、
1週間経っても音沙汰なし。

思い切って2週間前の火曜日に電話で連絡をしてみた。
ら、あっさり「ぜひ見学にきなさい」とのこと。
というわけで、先週の火曜日に参加して、昨日から正式に申し込みをして通うことになりました。


d0179006_19531543.jpg
(更衣室の鏡。師走って‥。)

道場には、どーんと「柔道の父」嘉納 治五郎(かのう じごろう)氏の写真が掲げられており、更衣室にも、柔道の心得が。


私は2時半から2時間というお昼間のコースなので、おばさま方が多い。ざっと2、30名。
初日更衣室でちょっとしゃべったシニョーラ(→まさにそういうイメージ。上品なおばさま)は、「このマエストロ(先生、ちなみに男性)、かなり優秀だから!ぜひ習った方がいいと思うわ!」ということ。

休憩もなく2時間びっちりのヨガレッスン。
とはいえ、途中でお手洗いに行く人もいれば、自分のペースで進められるのも、私にはとてもよい。


そして、問題は
「マエストロの言っていることが理解できるのか」ということ。
だが、はっきりいって半分くらいしかわからない。
いや、半分もわかっているのかな。
マエストロの言葉も悟りの境地に入っているような、やわらかいゆっくりとした声で、単語単語はわかったりするものの、抽象的な表現が多く、私には具体的にわからない。
ということで、周りをキョロキョロしながら、やっています(笑)

昨日は、どうやら「肩甲骨を前につきだしながら、頭を後ろに押すつもりで」というような説明があったようですが、それが私にはわからず、周りと同じように頭を後ろに反らしていたのですが、マエストロが直してくれてやっとその細かい部分を理解。だいたい直してくれるので、わからなくても特に問題はないかと。


地元の住民を対象にしたようなコースなので、継続的に通えるのも魅力。
それに営利目的でもなく、ヨガの道を教えることをマエストロも目的としているようなので、それもうれしい。
コースは一応は9月から6月(7月だったかな)までで、私はすでに途中入校なのでとその分も差し引きしてくれ220フラン。
あと5ヶ月か6ヶ月通えて、週1回2時間びっちりで約19000弱。助かります!!


ヨガで体だけではなく、心の落ち着きと強さを!!



道場までの行き返りは、またまた徒歩です。
電車にすれば一駅でドアTOドアだと15分以内で着いてしまう。
せっかくなので片道30分かけてウォーキング!

そんなわけで、昨日は新しい道を通っていると思いがけぬところにCOOPを発見!
で、買い物ついでにこちらも買ってしまいました!
d0179006_19563878.jpg

前から気になっていた、
ボンヌママのキャラメルブリュレ!!
「疲れた後は、甘い物がいるよね!普段甘い物(でも塩系は食べる)食べないし。それにガラス小皿使えようだし!」とすかさずカゴに。


夜、夫とデザートとしていただいたのですが、
「めっちゃおいしい!!クリーミーすぎる!!」
ちょっとはまりそうです。が、ほどほどに(笑)
by ca_rino | 2011-02-09 20:41 | たのしむ

ちょうど1週間ほど前の2月2日、東京から「デコレーションケーキ」が、北スイスからお花が届きました!どちらもフレッシュ!

d0179006_21523199.jpg



実は、この日、私の30回目の誕生日でした。

お祝いの言葉やメール、電話をいただき、誕生日を迎えることが非常に幸せでした!
このケーキは、東京に住む友人夫妻からのバースデーカード!
クール便?!なんというかきっちり当日に届きました。
お花は、空港にも来てくれ、夫の誕生日にもはるばるやってきてくれた友達から。
私の夫はプレゼントをするということが苦手。この友達に以前「lU_cIO(夫)から花贈ってもらったことある?」と聞かれ、「1回だけあったなぁ。けどそれ以外ないなぁ」と答えたのですが、それを覚えていて、「だから僕がそんな彼の代わりに花を贈るよ~」とサプライズで贈ってくれたのでした☆

前にも書いたように、節目の年はこちらでは結構盛大なお祝いをする人が多いのですが、私は結婚式を3回もしてお祝いもしていただいたし、こちらでの生活もまだ気持ちとしては始まったばかりなので、家族だけでお祝いをしました。
夫は午後からの勤務だったので、前日夜に、はるばる来てくれた夫母と夫と3人で海鮮ちらし寿司を食べ、日本時間の朝7時前、こちらはまだ1日でしたが、その時間にろうそくをふーっと。

翌日は朝に散歩、ランチをしてそれ以降は、夫母も実家へ向けてアルプス越え、夫も仕事ということで一人で過ごしたのですが、普通の一日のようで、とても特別な一日になりました☆




こちらに来て、早くも約7ヶ月。日本に一時帰国していたので実質は約半年。
半年にさしかかる1月は、気持ち面ではとてもしんどい期間でした。

d0179006_2262713.jpg
まるで道に迷ったような。
なんだかここに住んでいるよりも、旅行で長期間来ているような。
外に出て外の空気にふれることはできるけど、ここの住民としてここでの生活を送っていないような気持ちで、「外」に出たいのに探してもなかなかみつからない。
d0179006_221215.jpg

そんな時期でした。


が、気づけばそんな小さな山も一つ乗り越え、2月。
スイスと日本の家族、こちらで出会った友人、知人のみなさん。そして日本、イタリアにいる大切な友人。
みんなに励まされ、助けられ。
そして気づけば、語学のコースや地元のヨガコース(1日から地元の活動に参加することになりました!)など、踏み出してみれば参加できることになり、20代の最後にここでの「自分」の生活の基盤が少しできたような気がします。


d0179006_22175851.jpg
道はないのではなく、踏み出すことでできていくのだとわかってはいたけど、やはりそうだった。

20代を振り返ると、いろいろと無茶をしたし、「やってしまったな~」と今でも思うこともあれば、定まることなくふらふら~としていたなぁと思ったり。でもそんな探り探りだった日々も次に活かしていければ無駄なことはない。

今年は自分で定めたチャレンジの年!
そして30代の10年の目標は、
d0179006_22214140.jpg

ここでの生活の基盤、家庭、自分の立ち位置、人間関係。
いろいろなことを「築」いていく10年になると思い、誕生日は高校生以来、久しぶりに真剣にひたすら書いた。
満足のいく字にはならなかったけど、この時の気持ちを忘れないように。

昔、叔母が「歳を重ねれば重ねるほど、人間臆病になっていくものよ。だからその時の自分に正直に行き(生き)なさい」と私に言った。
そう思うと、昔みたいな無鉄砲さよりも、だんだん保守的になってきているような気がする。新しいものばかりなのだから、不安になるのも仕方ない。ここでの生活も、また30代も私にとっては全てが新しいのだから当然。だから不安になるよりも、思い切って踏み出してみる、そんな自分でありたいものです。
d0179006_22293971.jpg
そう思うと、自分がこれからどんな道を築いていけるのか、歳を重ねるのも楽しみ!

また迷っている私がいたら、「あの時のブログに書いた気持ちはどこいったー!」と「喝!!」をいれてくださいね☆
by ca_rino | 2011-02-07 22:38 | わたしのこと