<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

気がつけば、約1ヶ月前。


新年早々、やってしまいました。
思いっきり、滑ってしまいました‥。
これで。







d0179006_227489.jpg





ここで!
d0179006_2292562.jpg



人生2回目のスキーを経験しました!


行ったのはこちら
d0179006_20251373.jpg

Scuol(シュクオール)という、スイス南東、オーストリア国境にほど近い街!
スイスで一番広いグラウビュンデン(Graubünden)地方にあります。
この地方、広いだけあって、地方内でドイツ語圏、イタリア語圏、そしてスイスの公用語の1つ「ロマンシュ語圏」があり、このScuolはロマンシュ語圏に位置します。


夫の元同僚のご両親が、ここにバカンス用のアパートを持っているらしく、夫は毎年こちらに滞在させてもらってスキーを楽しんできたらしく、今年から私も参加させてもらいました。



スキーの思い出。。。


痛かった。
修行のようだった。
辛かった。


まさにこんな思い出。
小学校の時にスキー合宿があったのですが、その学年で私は引越し。
そして新しい小学校ではスキー合宿はなく(その数年後から始まったらしい)、どこの中学校もスキー合宿があるものの、私の通った中学はマンモス校(1学年約400人!)だったため、スキー合宿がなく、、、
そんなわけで、人生で初めてのスキーは高校の修学旅行だったわけです。

「小さい時にやったきりだから、初心者みたいなもんだから、安心して!!」といっていた友人たちも、いざスタートしてみたら普通に滑っていた!!
やはり体は覚えているものなのです。特に小さい時に経験をしていると!!

私はというと、初心者にプラスして体が硬い。
板に足をのせると、ギャーーー滑るーーーというようなとんでもない状態でした。
当時のグループでの集合写真。ストックを上げて笑顔なのですが、、、私の足元はスキー板がクロスしていました(笑)
ちょうど長野オリンピックの年で、長野でスキーをしていた私たち。
競技を見に行った方がよっぽど記念になる!と思ったものでした。(他校は実際、競技をみにいっていたし。)
しかも帰りの夜行列車(その翌年からは新幹線、その数年後は北海道でスキーになったらしい)は、私たちの両は暖房が故障して眠れなかったという思い出。



そんなあまりにも痛い記憶で、スキーは封印。
大学の時に2回ほどボードもしたのですが、はまるところまでいかず終了。
ウインタースポーツには縁がない状態でした。


が、5年前に夫家族と一緒にスキーバカンスに参加した際、はじめてスイスの雪山へ!
私は、ソリ遊びに徹したのですが、
「この景色をみながらのスキー。いつかはやってみたいもの」
と、このときから密かに思っていたのでした。



そんな機会が、今回。
結果としては、
次、いつ行こう!!

という気持ち☆

d0179006_20532535.jpg
広いスキー場の中で、私は子ども用の「魔法のカーペット」を利用して、ひたすら練習。
d0179006_2055325.jpg

子どもたちは、2歳くらいの言葉がわかるかわからないか、、ぐらいからスクールに入って練習していました。
私はというと‥

d0179006_2057237.jpg
夫に個人レッスンをしてもらいました。

転んでなんぼだ!!
と思ってのぞんだのですが、意外とこけなかった。
あの高校の時にこけすぎたのが転じてか、意外と滑れました。
そう思うと、あの時修学旅行に行ってよかったー!としみじみ。

かっこよくは滑れませんが、景色も楽しみつつ滑れて。
これからのこちらでの冬の楽しみは、スキー☆になりそうです。
d0179006_214442.jpg

d0179006_21545100.jpg

d0179006_219551.jpg
d0179006_217297.jpg

d0179006_21131622.jpg

d0179006_21182845.jpg


さてさて、日本でスキー場での食事といえば、、、
カレーですが
d0179006_2111081.jpg

こちら、結構普通でした。
サラダ、スープ、パスタ、がっつりお肉、デザートなどなど。

そして、日本でスキーの後は‥
温泉
というベストな組み合わせがあるのですが、、、こちらでは、、、

いや、こちらにも温泉あるんです!
このScuolは温泉地としても有名な場所で、私ははりきって水着を持っていっていたのです!!

が、

行かなかった。。。がーん。


みんな疲れていたというのもあったし、やはり人のところにお邪魔しているということもあり今回は行けずでした。来年かな。。。

1月6日は「3人の賢者の日」。この日をもってクリスマスホリデーは終了です。この日は特別なパンを食べるらしく、その一切れに小さなプラスチックの王様フィギュアが入っていて、その一切れを当てた人は王様!
ということで、今年は友人が!
d0179006_2117219.jpg


今年はどんどん滑っていきたいのですが、話のネタでは滑りませんように。。。
by ca_rino | 2011-01-31 22:12 | たのしむ

水曜日、日帰りでドイツ語圏の中央スイスに住む友達、micalちゃんの住む町へ遊びに行ってきました。明日29日に30歳のお誕生日の軽食会をされるということで、夫と私を招待していただいたのですが、あいにく先約があり参加できないことに。というわけで、お祝いもかねて遊びにいかせていただくことになりました☆
私の住むTicino南端からは、電車で約3時間。とはいえ、乗り継ぎも1回で、あとは車窓からの眺めを楽しんだり、本を読んだり、と好きなことをしているとあっという間。

d0179006_23553852.jpg

d0179006_010919.jpgd0179006_0104881.jpg
d0179006_23564277.jpg
ちょっとうたたねをしてしまい、目が覚めると白銀の世界にがらりと模様替え。

More
by ca_rino | 2011-01-29 01:20 | たのしむ

こんばんは。

25日の今日は、母と夫従妹と☆バイトの友達のお誕生日でした。
みなさんお歳はバラバラですが、いつになってもお誕生日はめでたく、すてきなもの!
母とはちょっと話すつもりが1時間弱ほど。
元気で楽しくいてほしいものです。
みなさんおめでとう☆
----------------------------------

先週から今週にかけては、今年の目標の第一歩を踏み出すための、自分へのチャレンジへ日々になりました。

More
by ca_rino | 2011-01-26 01:30 | まなぶ

暇なんだなぁと思われそうですが、思い立ったが吉日。
本日最後の更新です。

昨日、散歩から帰ってくると、12月に遊びにきてくれた友達からお年玉ならぬお年物が!

私がこよなく愛するもの。
梅、納豆、海藻類(昆布、わかめ等々)

そんな愛するものが詰め込まれていました。
d0179006_214147.jpg

※男梅‥私のおすすめ2大飴のうちの1つ!(ちなみに、もう1つは熱中飴)まさに梅の味。しそあじ効いている!日本では常に購入していました。

※生姜漬‥1月のえべっさんで、毎年購入していたもの。さくっと砂糖と生姜の甘さとスパイシーさがたまりません。

※北淡味付けのり‥淡路の海苔は本当においしい。こちらは、なんと友人の知人が作られているとか。

More
by ca_rino | 2011-01-19 21:24 | たべる

やっぱり、ティチーノもイタリアっぽいところがたくさん。

たとえば、
※食事にかなりこだわりをもっている(グルメな人が多い!)
という点もあれば、

※飲酒運転するとか(ドイツ語圏では、絶対しないらしい。けど、こちらでは、車で来てもワインも何杯も飲んでいたりします。もちろん人にもよりますが。)

とか。

そして、※役所に載っている情報も更新されぬまま。

というわけで、月曜日に語学コースが開講されているという国境の町Chiasso(キアッソ)の役所まで出向きましたが、なんと担当職員不在でした。
役所のHpに書いてある時間どおりに行ったのに、「担当者はこの時間いないから、明日の午後来て!」と。(以前のブログ記事、修正しました)

というわけで、出直し。

More
by ca_rino | 2011-01-19 20:12 | せいかつ

おはようございます!

今日は、おめでたい一日です。
スイスでいつも刺激をもらっている友達、micalちゃんの誕生日。
住んでいるところは意外と遠いながらも、ちょくちょく連絡をとったり。
気が合うので、昔からの友達のような気すらしたり。
新しい生活で戸惑うこともありながらも、彼女にはよく助けてもらっています。
micalちゃん!すてきなお誕生日の一日を!

そして、こちらは日本の友達。先日、国際結婚をされて、旦那さんのまつ東京へと本日旅立ちとのこと。
旅立ちというのも、なんだか寂しい気がする(近所だったので)けど、やはりおめでたいこと。
Kちゃん!ご結婚おめでとう!お幸せにね!!


----------------------------------
先日の夫の誕生日。
大きな小包が!と思うと、日本から私宛に!
きゃ!

11月に結婚した友人夫妻からのおいしいプレゼントでした☆
そのうちの一つがこちら↓
d0179006_1851088.jpg
お湯をかけると‥

More
by ca_rino | 2011-01-19 18:16 | たべる

16年という時間

阪神・淡路大震災から今日(日本だと昨日ですね)で16年が経ちましたね。
日本時間の2011年1月17日午前5時46分。
こちらは1月16日午後9時46分。
その時間は時計を見ながら、いろいろと16年前を思い出していました。


あっという間だったように感じる16年も、ついこの前のような気がします。
あの当時は、毎日私服で寝て、いつでも避難できるように避難グッズをリュックに詰めて用意していた日々。
少しのゆれでも恐怖を感じたのが、今では少し薄れてきている気がする自分。

とはいえ、あの地震を経験し、また辛い想いをされた方々には決して消えることのない事実でもあり、そして忘れてはいけない、このことを伝えていかなければならないという生き残ったものの役目。


私の親族は、被害の大きかった東灘区や兵庫区、須磨区で生活しており、家屋全壊。避難生活を余儀なくされました。
連絡のとれない間にみたテレビでの災害状況、そしてテレビに流れる名前を確認する時間。
自然の力というものの恐ろしさを感じた時間でした。

忘れてはいけない。
スイスに戻る前に、どうしても観ておきたかった映画。
「その街のこども」
d0179006_203329.jpg


帰国前に、なんとか観る事できました。
あのときのことを、16年経とうとしている前にもう一度見つめなおしてみたかったのです。


我が家は、震源地から近かったものの、食器が割れ(安物は落ちても割れず、比較的高額なものは全て割れたとの母談)、水道が1週間以上止まったという程度。
とはいえ、当日、布団に妹と包まり、ラジオから聞く情報にひたすら耳を傾け、父親の「死ぬときは皆一緒やからな」というそれ以前にもそれ以後にも聞いたことのないほど切迫した言葉は、今でも耳に強く残っています。


薄れているようで薄れていない事実。
地震を経験した親戚同士、友人同士で話す時は、自然と地震を基点に話していること。
「あれは地震の前だったよね‥」とか。
あの地震で、何かが多かれ少なかれ変わったのです。

忘れられるはずもなく、忘れてはいけない。
そんな想いで、16年です。
by ca_rino | 2011-01-18 02:44 | せいかつ

ものづくりの楽しさ

ヴェネツィアに住む友人夫妻PinoさんとKanaeさんが、現在関西のデパートを中心にヴェネツィアグラスの実演販売をされています。

ラストは、1月19日(水)~2月1日(火)の2週間をJR京都伊勢丹の10Fでの販売とのこと。
ぜひ、お近くの方は足を運んでみてください。
見ているだけでも、楽しいです。
色とりどり、デザインもユニーク。

ヴェネツィアのお店l'alberoは、日本での販売期間中はお店は休みなのですが、オープン時のお店にいけば、1時間でも、2時間でも見ていてあきません。
Pino氏が作成している様子も見れたりします。
d0179006_2545230.jpg


More
by ca_rino | 2011-01-16 03:01 | たのしむ

2011年の歌声

さかのぼりますが、2011年元旦。

年越しの楽しみ方には、悩みました。
Lucern(ルツェルン)の友達カップルのところに招待してもらったり、実家の友達たちとクラブに行こうという誘いをもらったり、同僚宅でフォンデューをしようと誘いをうけたり。
が、3日からスキーに行くことが決まっていたので、ゆっくり家で今年は過ごすことに。
お寿司を作って、日本が元旦を迎えたときからシャンパンを空け、夜まで飲み続けました‥
とはいえ、私はほどほどにですが。


お昼過ぎにアルプス越えをして、実家へ。
まさに元旦にふさわしいお天気。
d0179006_1125928.jpg

d0179006_114178.jpg

携帯で撮ったのですが、意外といけますね☆

More
by ca_rino | 2011-01-16 01:30 | いべんと

日本は雪が降るかというくらい寒いと聞きましたが、こちらは今日は半そででもいけそうなくらいの温度です。
完全に感覚が狂いそうです。

我が家では、さきほど会議が開始しました。
というわけで、会議には関係ない私は、ブログタイム。


12日、昔から頼りにしている先輩が第一子を東京でご出産されました。
待ちに待った息子君の誕生!YRYRさん、本当におめでとうございます!
そして翌日13日は、夫の誕生日でした。
しかも30歳という節目の年。
こちらでは、誕生日というと、家族や友達などを招待してパーティーをします。
子どもの頃によくしてもらっていたお誕生日会のイメージです。
場所は家であったり、どこかカフェやレストランなどであったりとさまざまですが、ゲストを招いて誕生日の人がホストとなるわけです。

More
by ca_rino | 2011-01-16 00:31 | いべんと