カテゴリ:てつづき( 6 )

一票を海外からも!

昨日、夫実家に帰ってきました。
実家はスイスの北東部にあるため、現居住地の南スイスからまさにスイス縦断です。(とはいえ、高速で3時間以内に縦断できてしまう…)

南スイスも寒く2度ほどでしたが…
d0179006_934127.jpg

d0179006_915526.jpg

北上するにつれて、白さが増して…
d0179006_920155.jpg

峠を越えるともう真っ白…
d0179006_1942677.jpg

d0179006_1985091.jpg
実家付近もこのような感じで、今朝は吹雪いています。改めて冬を実感…(日本の方が寒いなぁと思っていたので…)
d0179006_20182254.gif
前回に続いて、手続き関係。
今回の帰国時に手続きしたわけではないのですが…
むしろ返却してまいりました。
d0179006_19143393.jpg
「在外選挙人証」

在外選挙制度とは、「海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは、日本国籍を持つ20歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証を持っている人です。」外務省「在外選挙とは」より)

去年の3月にTicino州で在ジュネーブ出張駐在官事務所の出張サービスがあり、その際に在外選挙人名簿への登録申請をいたしました。
この登録をもって、スイスに住んでいても日本で国政選挙が行われる際、私も投票することができます。


私は、平成6年(1994年)5月1日以降に日本を出国してスイスに来ているため、「最終住所地」の○市選管の在外選挙人名簿に登録され、在ジュネーブ出張駐在官事務所を通じて当該選管よりこの証書が自宅に送付されてきました。


が、今回の帰国の際に○市役所に転入届を提出し、再び市民となったため、登録から削除されることになりました。そのため、○市の選管に証書を返却。
(一時帰国しても、役所で転入届を出さなければ、返却の必要も再度手続きの必要もないのですが…)

スイスへ帰国する前に再度転出届をだしたので、今では○市民ではありません…
そのため、国政選挙があった際に投票をしたいのであれば、私は事前に一から在外選挙人登録を行っておかなければならないわけです…


在外選挙人名簿登録申請をする前に
○最終居住地の役所にて「転出届」の提出
「在留届」の提出
も必要とのこと。

いろいろと手続きがあるのは大変ですが、自分のためだと思えば然るべきこと。
不明な点は問い合わせれば丁寧に教えていただけると思います。
在外選挙人名簿登録後に国政選挙があった場合は、「在外公館投票」「郵便等投票」「日本国内での投票」の3択となるようです。

こちらに来てから一度も選挙はないのですが、過去の1年間に及ぶイタリア滞在の際に「在留届」提出も、もちろん海外から投票できることも知らず、投票の機会を一度逃してしまい、その後に「在留届」の義務や「在外選挙」人名簿登録についても知りました。


さて、問題はいつ手続きをするか…
私の場合、パスポートと同じく、書類の提出のためにジュネーブまで繰り出さなければなりません。遠すぎる…
去年と同様に出張サービスがTicinoでもあることを待っている段階です。

※手続き関係は、特に申請・提出される前に、役所等の当該機関に直接ご確認していただくようお願いいたします。

d0179006_20185558.gif

外務省「在外選挙」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html
→在外選挙についての説明から、申請方法、投票方法についての説明があります。

外務省「在留届」に関する情報
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

外務省「ORRnet」
http://www.ezairyu.mofa.go.jp/
→ネット上で「在留届」の提出、また変更、さらに「帰国届」の提出ができます。
by ca_rino | 2012-01-21 08:50 | てつづき

先日のヨガの帰り、あまりにも夕焼けが燃えるようにきれいだったので写真を‥と思ったら手元にない!
いそいでカメラを取りに帰り、さらにはちょっと高台へ‥と教会のある丘に向かっていたのですが‥
d0179006_1514385.jpg
すでに時遅し。
撮りたかったあの瞬間は、たった5分の間に過ぎ去ってしまいました‥残念。


あっという間に1週間が経とうとしています。早い‥
まさに一瞬一瞬を楽しまなくては!
d0179006_2564851.jpg
今回の日本帰国でしたかったことの1つに
「パスポートの更新」
がありました。

私の住むのはスイス南端・Ticino(ティチーノ)州。
フランス語圏ジュネーブ州、ヴォー州、ヴァレー州及び、イタリア語圏ティチーノ州は在ジュネーブ出張駐在官事務所が管轄になり、諸手続きにはジュネーブまで行かなければなりません。
が‥
ティチーノとジュネーブ。
直線距離では意外と近そうですが、その間にはアルプス山脈があるため、鉄道だと以下のようなチューリッヒ経由のルートをとらなければなりません‥(涙)
d0179006_2122345.png
(参照:SBB CFF FFS(スイス国鉄)-Informazioni sul traffico ferroviarioより)
片道6時間‥

私のパスポート更新も今年の6月にせまってきており、「ついにジュネーブまで行かなければならないか‥」と思っていました。
が、こちらに住む日本人の友達に「日本で更新してきたらいいのでは?!」と言われ、はっとしたわけです。
これまで、

飛行機チケットをとる=パスポートの内容を変更できない⇒日本では更新できない

と思っていたのですが、原則変更できないのは、チケット購入時に登録された「氏名」であって、「特に氏名の変更がなければパスポート番号が変更になっても特に問題はない!」ということが発覚。
というわけで、日本帰国時に更新いたしました!


今回のパスポートからICデビューです♪

ICになって気づいたこと!
d0179006_261321.jpg
パスポートに富士山や桜のデザインがはいっている☆

10年パスポートにしたので、前回のものは21歳のもの‥若い‥
次の更新は40になりたての頃だなぁ‥と思うと、10年後もこのパスポートみて「あれ?!あまり変わってない!!」と自分で思いたいものです‥努力せねば(苦笑)


また今回更新してわかったこと
●夫姓追加について
⇒私は戸籍上は婚姻前後で苗字がかわっていませんが、スイスでの正式な苗字は(旧姓+夫姓)となっています。
外国人と婚姻した場合で、苗字が戸籍上変わっていない場合も、例外的にパスポートに夫姓を()で入れることができます。
こちらは知っていましたが、「航空券の苗字とパスポートの苗字が一致しないと言われたら困るなぁ」(事前に調べておけばよかったのですが、年末申請で、年明けにすぐ必要だったためその場で確認もできず‥)ということで、夫姓を追加せずに申請しました。

⇒今回利用したフィンエアー社に後ほど問い合わせたところ、フィンエアー社では「戸籍上姓+(夫姓)」とパスポートに記載されても、この()部分は特に関係ないとのこと。
というわけで、今回の申請時に追加してもよかったわけです。

⇒また、今後帰国した場合に、「やはり夫姓も()で追加したい!」ということであれば、それは可能とのこと。私の申請した窓口では「業務日2-3日で処理可能、費用も900円代(正確な費用を忘れてしまいました)」で可能とのこと。
ただ、外務省のHPにも書いてあるように、ICチップには()の夫姓は新規申請・追加申請であっても記録されないとのことです。(→こちらを参照ください)


●古いパスポート
⇒こちらはまた改めて書きたいのですが、外国に居住していたというのを証明するために、古いパスポートも捨てずに保管しておいた方がいいと、役所の年金担当の方からアドバイスをいただきました。
捨てるつもりはなかったのですが、今回役所で丁寧に外国に居住している際の年金受給の仕組みを教えてくださったので、助かりました。
大切に保管しておこうと思います。


※上記の情報は、私が確認したもので、航空会社や自治体によって異なることもあります。
 あくまで参考程度にしていただき、実際に必要な場合は各窓口へご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。



d0179006_2545948.gif

在ジュネーブ出張駐在官事務所
http://www.geneve.ch.emb-japan.go.jp/j_consulaire.htm

外務省「パスポート - Passport A to Z」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/index.html

外務省「こんな時、パスポート Q & A」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_4.html
by ca_rino | 2012-01-20 02:28 | てつづき

このところお天気がよかったTicinoも、今日からどんより曇り空。
冬らしい天気が戻ってきましたが、どんよりというのはあまり嬉しくないなぁ。。。


今日はバレンタインデーですね☆
こっちでは男性から女性への贈り物~♪をするのが普通なようですが、うちは‥

恒例ながら何もしません(笑)

夫は、何か贈り物をするというのが苦手なので(笑)

スーパーのビラをみていても、最近はこちらでもチョコレートがプロモーションされています!
リンツのハート型の缶に入ったチョコとか☆
日本の影響?!



==================================================
先日、在ジュネーブ出張駐在官事務所から、「ティチーノ州のおける領事出張サービスのお知らせ」という通達が届きました。

出張駐在官事務所というのは、旧総領事館を引き継ぎ、領事業務また広報文化業務をされている機関。
ジュネーブといえば、スイスでも西端に位置し、私たちの住む南端からは片道電車で約6時間。
首都ベルンにある日本大使館の方が絶対近いのですが、ティチーノ州は管轄がこのジュネーブの事務所。
というわけで、パスポートの更新やあらゆる書類(婚姻届や出生届等)の提出はこちらになるのですが、パスポート申請は出向かなければならない!!
ティチーノに住む人にとっては、なんというか不便なのです。

が、そのような点を加味して、ジュネーブから領事出張サービスをしていただけるようです。
本当に助かります!!
私は、在留届(海外で3ヶ月以上生活する際に、提出する届。詳細は、こちら)を提出していたので、今回このような案内が届きました。
d0179006_2136928.jpg


もちろん在ジュネーブ出張駐在官事務所のHPにも掲載されています。

在外選挙人名簿登録を行おうと思っていたので、さっそくこの機会を利用させていただこうと思っています!
日本国籍をもっているので、海外に住んでいても、選挙には登録申請さえあらかじめしておけば、投票できるんです☆

それに、同じ会場で、スイスの介護事情についての勉強会も開催してくださるとのこと。
これはこれは、ぜひぜひ参加しなくては!
夫にこの勉強会のことをいうと、「こういう企画、ありがたいね~。勉強会のあと、レクチャーよろしく!」とのこと(笑)
スイス人だからって何でも知っているわけでもなく、逆にこちらに住む日本人や外国人の方が情報ツウのこともしばしば。
このような貴重な情報提供の機会、大切にしないとなぁ☆
ありがたい限りです!
by ca_rino | 2011-02-14 21:54 | てつづき

ご存知のように‥

d0179006_14315699.jpg

↑(よくみたら「in」が抜けていた‥)なんですが、無事10月中旬から帰国することになりました!!

前回の続きになりますが、ようやく昨日電話しました。
正確に言えば、電話し「てもらった」のですが‥。

More
by ca_rino | 2010-09-24 14:59 | てつづき

みなさん、こんにちは。
日本のみなさん、こんばんは。

ずいぶんご無沙汰しておりました。
心配してくださった方もいて、ご心配おかけいたしました。

お察しのとおり‥


なかなか忙しかったのですが、ついに体調を崩してしまいました。
といっても、胃痛と熱で、おそらく疲労からくるものだと。

毎週末、片道3時間かけて実家へ帰っていたので、その疲れもあったのかもしれませんね。


【この間にあった出来事】
○射撃大会で、射撃場に入って試合?を観戦。

○夜は、ミリタリーの宿所で寝る。

○長距離バスで、ChurクールからBellinzonaベリンツォーナまで帰ってきたのだけど、バスの窓がかなり大きくて絶景だった。

○スイスは公共交通機関の運賃が高いのだが、130フランを払うと電車、バス、船が年間半額で使える。

○16日金曜日に役所で入籍

○17日は胃痛を抱え、夫の友人20名ほどで登山。それ用に事前にトレッキングシューズを購入(3万近くした、、、)し、慣れるために散歩時には着用していた。登山、片道約3時間。途中雨も降るが、意外と普通についていけた。が、夜にはダウン。山小屋で友人の30歳バースデーパーティーだったが、私は夕食開始時に退出。山小屋でひたすら胃痛と闘い休養。

○翌日、胃痛が悪化。しつつも無事下山。その後発熱。現在、体調良好!

○スイスの家庭(夫の家だけか?!)では、熱を下げるために、お酢を入れた水に靴下を浸し、それを履いて寝る→ぬるくなったら、また浸して履く。確かに短時間で熱が下がりました。




前回の内容に追加が。

More
by ca_rino | 2010-07-23 00:33 | てつづき

みなさん、こんにちは&こんばんは。
今日も快晴です。

あっという間に週末ですね。

d0179006_2146398.jpg
今日も、夫の仕事の後に実家に帰ります。











車で約3時間。


d0179006_21413574.jpg




d0179006_21435110.jpg

先週も帰りましたが、来週も帰ります。
週末は、いろいろと故郷でイベントがあるので。
ちなみに、今週の土日は、スイス射撃全国大会(正式名称は知らないけど)に夫が出場するため、実家にまず帰り、明日は村の出場メンバー達とマイクロバスで、大会が行われるAarau(アアラウ)という街へいきます。
ちょうど、チューリッヒとバーゼルの中間に位置するようです。

おそらく、大会中は一人になるので、必要最低限は話せるように、この間夫の妹と毎日1時間、スカイプでドイツ語会話の練習。
とりあえず、「トイレはどこですか」、「ガス入り(←重要!)の水がほしいのですが」、「幸運を祈るよー」等々、必要であろう文は習得。さて、明日発揮できるのやら。




さて、今回は、手続きについて書いてみたいと思います。
結構長くなりそうなので、何回かにわけて。

まず、ブログの中では「夫」と書いていますが、法的には私たちはまだ結婚をしていないことになります。
では、今回は、結婚手続きに関する話を。

More
by ca_rino | 2010-07-09 21:52 | てつづき