カテゴリ:せいかつ( 16 )

秋の彩り

2ヶ月ぶりに夫の実家に帰ってきています。
こちらはすっかり秋…というか気温は冬のよう。
Ticinoでは日中16度くらいですが、こちらは10度前後。夜は2度でした…

北上するにつれてみえる雪山!
d0179006_17573.jpg


実家からの朝の風景。
木々から秋を感じられ、お天気がいいので青空と霧もいい感じに。
d0179006_1715978.jpg


実家のテラスも色づきはじめています。
d0179006_21211068.jpg


冬の夜はまた夜空が美しい!
同じスイス?!という程にこちらは空が澄んでいます。
昨夜はプラネタリウムの何倍も星がみえ、流れ星もいくつもみることができました。
それに、夜中目が覚めて空をみてみると、裸眼0.1をきっている私の目でも、くっきりオリオン座がみえて感動。


ランチに家族で食べたポテトのオーブン焼き。
オーブンにいれる前のポテトですが、なんとはじめてみました、ブルーポテト
ネットでみてみると、他の国でもよく食べられているようですね。知らなかった!
夫母いわく、昔この地域では一般的に食べられていたようですが、その伝統も消え…ていたところ、また最近食べる習慣がでてきたとか。
味は普通のポテトとかわりませんが、もう一つのオレンジのものは、なんとPatate dolce(甘い芋)。さつまいもとはまた違うお味…。
食事からも感じられる秋の彩り!
d0179006_2162160.jpg

by ca_rino | 2011-10-22 22:17 | せいかつ

スイス母の知恵袋

こちらにきて1年半弱。
体調が悪いことが多くなり(普段はいいのですが、どこかしらイマイチなことが多かったこの1年半。水?温度?)、夫母にいろいろとアドバイスを聞くことも多かったのですが、その中「わー!」と思ったのをいくつか。


●熱の冷まし方
昨年、一度だけ熱だしました。
こちらに来てすぐは、登録やら役所婚の手続きやら、実家にいったり、夫友達にあったりバタバタの日々で、役所婚の翌日に体調を崩した私。しかし、役所婚翌日は、早朝からアルプス越え⇒夫実家近くに友達と集合して山登り⇒山の上で友達の誕生日会。
胃痛のまま山を3時間登り、翌日下山後38度近い熱。まさに疲れ。
その時に、実家で夫母がしてくれた熱の下げ方。

毛糸の靴下をお酢入り水に浸す。
⇒それを横たわった状態で履く。
⇒再び水に浸し、また履く。

日本では、おでこに水に浸したタオルをのせて‥というのが普通でしたが、その靴下バージョン!
要は、熱を頭の方から下にひっぱりおろす作用があるとか。
「足元冷やしたらダメじゃないのーー?!」と思いつつ、ぐったりしていた私は身を任せ‥たのですが、その1時間後には熱は7度ほどに下がり体もラクに!


●むかむかするときに‥
前に気分悪いな~といっていた夫に、夫母がすすめたのが、CokeCola!!
むかむかして吐き気があるときなんかは、コカコーラがいいとのこと!
たしかに、かつてはコーラは薬局で販売していたとか‥(夫談)


●腸の調子を整える
この夏、私人生初めて‥便秘(きれいな話ではなくてすみません‥)になってしまいました。
野菜の多い食事をしていたものの、家にグリルが届いてからはやはり肉の割合が前に比べて増えてしまった‥おそらくそれが原因。
体重も増え、玄米食べたり、体操したりしても効果なし。というのが続いたある日。
夫母に聞いてみてすすめられたのが、これ!
d0179006_20283022.jpg

伊語で「Semi di lino」
日本語では、亜麻の種

こちらをスプーン一杯、コップ一杯の水にいれて飲む。以上。

これをした次の日から、精神的なものかもしれませんがいきなり昔の私の腸に!!!
それ以来毎日寝る前にこの一杯を飲んでいますが、調子がいいです!

Wikipedia(日本語のリンクができないので、まずは英語のページに飛びます)によると、
亜麻の種は水かその他の水分と乳化し、卵の代用品として使用出来る。水分3に対し、亜麻の種は1ほどの割合で。主に焼き菓子などの菓子作りに向いている。亜麻の持つ食物繊維も十分に取れ、さらに栄養素も高まるため、ベジタリアン志向や卵アレルギーのある人にはお勧めの方法である

とのこと。
たしかに水にいれると、どろっと粘り気でてきます。
オーガニックショップでも聞いてみると、やはり亜麻の種を薦められました。


日本の母の知恵もちゃんと今回習得してこなくては!

知恵といえば、亀田製菓「おばあちゃんのぽたぽた焼き」
ここの個装にかかれている「おばあちゃんの知恵袋」、楽しみだったなぁ~。
追加;おばあちゃんの知恵袋、ちゃんと公式HPありました!!
http://www.potapotayaki.com/


亀田製菓つながりで、「ハッピーターン」
先日、夫と私で実家の方の友達をよんでハイキング@Ticinoを企画をしたのですが、その時に持っていった「ハッピーターン」と「とんがりコーン」(⇒いよかんさん、ありがとうございます!!)。
一瞬でなくなりました!!「おいしいーーー」と大好評。
d0179006_20474293.jpg
ハッピーターンをもつ友達の笑顔、後ろでとんがりこーんを食べる友達。ちなみに、私、一口も食べれませんでした‥でも人気があってうれしい限り♪
ハッピーターン、やるなぁ!!さすが、魔法のパウダーです♪
by ca_rino | 2011-10-18 20:52 | せいかつ

東北地方太平洋沖地震

朝からネットにへばりつき、ライブ中継を見て、連絡をとる。
本当に、ネット環境が整っていることがありがたく思える。
ライブ中継でも、ツイッターが活用されていて、あらためてSNSの存在の大きさも感じられた。



ただ、ライブ中継が始まるまでは、新聞社のネット記事で状況をつかもうとひたすら読みあさり、何がなんだかわからないけれど、規模の大きさから16年前の悪夢がよみがえり、恐怖で涙が出る。


ライブ中継を見はじめてからは、ただただ、これ以上の被害拡大しないことを願うばかり。


こちらのテレビでも、この地震は大きく取り上げられ、ニュース番組はこの話題で持ちきりだった。
イタリアのニュースが終われば、ドイツのニュースに切り替えというはしご。
日本の、特に津波でのみこまれていく宮城の様子が何度も流され、また涙がでる。
「私が泣いてどうするんだ!辛いのは被災地の方々」とわかっていながらも。


家族の無事も、偶然ながら東京に出張に行っていた父の無事も、友人の無事も確認でき安心ながらも、まだ連絡がとれない東北や横浜の友人がいて心配がつきない。


ただただ情報を追うばかり、映像を眺めるばかりの自分の無力さや、また「何かあっても日本にすぐに帰れない場所にいるんだな」というもどかしさ。
もちろん、日本にいたとしても私自身は何もできないのだろうけど、この距離がいつも以上に遠く、また続く余震、二次災害、寒空の下で救援を待つ方々、今も被災地と連絡がとれず不安でおられる方々のことを考えると何よりも心が痛む。


何ができるのか‥何かできないのか‥

伝えられること
こちらでも、日本のことを心配している方々が非常にたくさんいるということ。
夫の家族や親戚や遠縁の親戚、スイス、イタリア、ドイツの友達やまたそのご家族からも、被災者の方々へのお悔やみや私の家族や友人、日本の状況を気遣うメッセージや電話をいただき、被災した方々へのいち早い救済と日本の復興を心から願ってくれていた。



そして、遠方からできること。
【募金】
◆現地での活動を表明して寄付を募っている団体の一覧
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/emergency/2011/03/post-2.html

◆インターネット募金「緊急災害募金」 - Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

◆インターネット募金「緊急災害募金」 - @nifty web募金
http://donation.nifty.com/tokusetsu/

◆インターネット募金 - アメリカ赤十字社 American Red Cross
https://american.redcross.org/site/Donation2?idb=0&5052.donation=form1&df_id=5052

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Japan
http://www.groupon.jp/cid/7995/

⇒海外のGRUPONも始まっているようです。
◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Switzerland
http://www.groupon.ch/deals/online-deal/roteskreuzspende/287629

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Italy
http://www.groupon.it/deals/deal-nazionale/groupon-per-il-giappone/287239

◆GRUPON購入による募金 - GRUPON Germany
http://www.groupon.de/deals/online-deal/roteskreuzspende/286992

⇒その他の国のGRUPON(アイルランド、イギリス、オーストラリア、オーストリア、オランダ、スペイン、ノルウェー、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港など)

◆Tポイントによる募金 - カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88

◆支援ミクコレ購入による募金 - mixiモバイル
(mixiモバイルのみ)

重複するものもありますが、エキサイトニュースに「東北地方太平洋沖地震の義捐金等受付先まとめ」という記事が掲載されていましたので、こちらもリンクします。仕事術 - エキサイトニュース(2011年3月13日)



現時点で現地でのボランティア活動や物資送付は難しいとのこと。そのため混乱を招いてはいけないので、以前記載していたボランティア情報や物資送付の記事に関しては削除しています。(2011年3月13日)
詳細は、(社福)大阪ボランティア協会のHPのKVネットに「東北地方太平洋沖地震被災地でボランティアしたいと思っている方へ」というページがあります。
今控えてほしいことや、今できることが詳細に記載されているので、こちらをご参照ください。
http://www.kvnet.jp/touhoku_jishin.html




※掲載情報の内容には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。詳細情報は、各社のオフィシャルサイト等で必ずご確認をお願いいたします。
 




この場をお借りして、お亡くなりになられた方々へ心からお悔やみ申しあげると同時に、ご冥福をお祈り申し上げます。
また、余震がおさまること、そしてこれ以上被害が拡大しないこと、被災者のみなさまのご無事を心からお祈り申し上げます。




by ca_rino | 2011-03-12 08:45 | せいかつ

朝に地震の話を聞き、メールとネットの記事にかじりつき。
16年前の恐怖と、距離があるゆえに状況がいまいちつかめないことからくる不安。
みなさまのご無事をこころよりお祈りいたします。


ネットでライブ中継がはじまっています。
海外にいらっしゃる方、テレビをごらんになれない方。
お役に立つかもしれません。


【TBS公式チャンネル】
http://www.ustream.tv/channel/tbstv


【NHK総合 地震特別対応】
http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv

http://live.nicovideo.jp/watch/lv43018790

【フジ 地震特別対応】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv43019860






by ca_rino | 2011-03-11 19:08 | せいかつ

昨日はイタリア語の授業でしたが、毎回片道30分かけて歩いてくる私を不憫に思ったスリランカ人のクラスメートが、毎回帰りは家まで送ってくれていたのですが、なんと昨日から家まで迎えにきてくれるようになりました。
単にバスを待つのが嫌なのと、電車に乗るくらいならしんどくない日は歩こうかな‥歩くの好きだし‥という単純な理由で歩いていたのですが、「ついでだし、かわいそうだから、乗っていき!」とやさしい言葉をかけてくれ、お言葉に甘えることにしました。


私たちのコースがある場所は、国境が目と鼻の先。
なので、イタリアのナンバープレートがついた車が半分以上走っているわけです。
昨日の車の中で話題になったのが、運転マナーの話。
イタリアからの車は、「横断禁止」という表示を無視して、わき道に入っていっちゃったり、ちょっとの隙間があればスルリと入っていってしまうのです。
こういうのを見ていると、きっと私は車乗れないな~と思ってしまうのですが、近いうちにこちらでの免許発行手続きをしようとしているところです!慣れが大切だ!




で、思い出したのがこちらのショートフィルム。

More
by ca_rino | 2011-02-25 21:15 | せいかつ

やっぱり、ティチーノもイタリアっぽいところがたくさん。

たとえば、
※食事にかなりこだわりをもっている(グルメな人が多い!)
という点もあれば、

※飲酒運転するとか(ドイツ語圏では、絶対しないらしい。けど、こちらでは、車で来てもワインも何杯も飲んでいたりします。もちろん人にもよりますが。)

とか。

そして、※役所に載っている情報も更新されぬまま。

というわけで、月曜日に語学コースが開講されているという国境の町Chiasso(キアッソ)の役所まで出向きましたが、なんと担当職員不在でした。
役所のHpに書いてある時間どおりに行ったのに、「担当者はこの時間いないから、明日の午後来て!」と。(以前のブログ記事、修正しました)

というわけで、出直し。

More
by ca_rino | 2011-01-19 20:12 | せいかつ

16年という時間

阪神・淡路大震災から今日(日本だと昨日ですね)で16年が経ちましたね。
日本時間の2011年1月17日午前5時46分。
こちらは1月16日午後9時46分。
その時間は時計を見ながら、いろいろと16年前を思い出していました。


あっという間だったように感じる16年も、ついこの前のような気がします。
あの当時は、毎日私服で寝て、いつでも避難できるように避難グッズをリュックに詰めて用意していた日々。
少しのゆれでも恐怖を感じたのが、今では少し薄れてきている気がする自分。

とはいえ、あの地震を経験し、また辛い想いをされた方々には決して消えることのない事実でもあり、そして忘れてはいけない、このことを伝えていかなければならないという生き残ったものの役目。


私の親族は、被害の大きかった東灘区や兵庫区、須磨区で生活しており、家屋全壊。避難生活を余儀なくされました。
連絡のとれない間にみたテレビでの災害状況、そしてテレビに流れる名前を確認する時間。
自然の力というものの恐ろしさを感じた時間でした。

忘れてはいけない。
スイスに戻る前に、どうしても観ておきたかった映画。
「その街のこども」
d0179006_203329.jpg


帰国前に、なんとか観る事できました。
あのときのことを、16年経とうとしている前にもう一度見つめなおしてみたかったのです。


我が家は、震源地から近かったものの、食器が割れ(安物は落ちても割れず、比較的高額なものは全て割れたとの母談)、水道が1週間以上止まったという程度。
とはいえ、当日、布団に妹と包まり、ラジオから聞く情報にひたすら耳を傾け、父親の「死ぬときは皆一緒やからな」というそれ以前にもそれ以後にも聞いたことのないほど切迫した言葉は、今でも耳に強く残っています。


薄れているようで薄れていない事実。
地震を経験した親戚同士、友人同士で話す時は、自然と地震を基点に話していること。
「あれは地震の前だったよね‥」とか。
あの地震で、何かが多かれ少なかれ変わったのです。

忘れられるはずもなく、忘れてはいけない。
そんな想いで、16年です。
by ca_rino | 2011-01-18 02:44 | せいかつ

ほとんど書き終えたブログを間違って消してしまった時ほど、エネルギーを無駄に消費したと感じるものです。
というわけで、消してしまいました‥

気を取り直して、再度。

昨日は、夫の誕生日でした。その準備で今週は結構バタバタと過ごし、やっと一息。

そんな中、火曜日に、夫へのプレゼント作成材料をもとめて、隣町のMendrisio(メンドリジオ)へ。
(私たちの住む村には、ほとんど店がないので、、)

More
by ca_rino | 2011-01-14 23:10 | せいかつ

非日常のような日常

こんばんは。
17時前ですが、すっかり19時くらいの暗さです。


帰国日にマルペンサで待ち合わせしていた友達が、約2週間の滞在を経て、昨日帰ってしまいました。。
d0179006_0473846.jpg

そして、無事に日本に帰国して、チョコレートの包みを開けられた模様(笑)
無事に旅を終え楽しい時間をすごせてよかった☆
ウノ、チャオチャオ!!

More
by ca_rino | 2010-12-18 01:09 | せいかつ

ローライズも?!

2日前の10月28日の朝日新聞にこんな記事が。

More
by ca_rino | 2010-10-30 19:27 | せいかつ