カテゴリ:わたしのこと( 16 )

恒例のごとくになってしまいましたが、ご無沙汰の更新です。
凝り出したらずっとするのに、やらなくなるとそのまま…になってしまうのが私の悪いところでもあったり…


と、独り言のような反省からはじまりましたが、2014年も2週間が過ぎました。


遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。


【のんびり】が何乗にもなりそうですが、自分のペースで撮り貯めている写真をいれながら、つらつら…と書いていければと思います。


よかったら今年もお付き合いよろしくお願いいたします。





2013年、日本から帰国した翌日に出向いてみた、Basel(バーゼル)の中心、Marktplatz(マルクトプラッツ)。
d0179006_2423935.jpg


シンプルながら、市庁舎にも負けないほど存在感のあるクリスマスツリー。



こちらは、年明けの同じ場所。
d0179006_2181518.jpg



左下の車はクリスマスの装飾を撤去しているようですね。

てっきり、1月6日(東方三博士の日)を過ぎたらクリスマスを祝うものはすべてしまってしまうのかと思いきや、バーゼルのクリスマスツリーは1月12日までは被写体として現役続行していました!

が、今日通ったらすでになく…


今年の12月まではツリーとはおさらばです。
長い間ご苦労様♪



南スイスやイタリアは雪が積もったようですが、バーゼルはそこまで寒くなく。

2月に急に寒くなるんじゃないかと思っていますが、とりあえず今はこの心地いい寒さを満喫しなくては!


みなさんも、どうぞお体にお気を付けください♪
by ca_rino | 2014-01-16 21:00 | わたしのこと

ずいぶんご無沙汰していました。

昨年は、いろいろとありすぎて…
日本からも友人や親戚が遊びにきてくれたり、いろんなところへも行ったので書こう、書こうと思っているうちに時間だけが過ぎました。


遅くなりましたが、2013年もどうぞよろしくお願いいたします。
d0179006_2353575.jpg


2013年2月から心機一転、また少しずつでもメモができればいいなと思います。


昨年は何があったかって…やはり引越し。
スイス最南端のTicino州のとある村から、北にあるBaselへと秋に転居しました。
家探しにはじまり、引越しも含めて…大変でした^^;;


言語もイタリア語からドイツ語へ。
前居住地はイタリアと国境を接していましたが、今回はフランスとドイツの2カ国と接する町。

スイス国内での転居といえど、言語変われば文化圏も変わる…ということで、新たなスタートです。


バーゼルでの新しい生活も織り交ぜながら、ゆっくり再スタートしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします♪
by ca_rino | 2013-02-01 23:59 | わたしのこと

ネットを開けないような日々が続き、気づけば年の瀬もいいところ。
2011年も日本時間では残り30分ほどになってしまいました…
ずいぶんブログもご無沙汰になり、失礼しております。
というわけでまだ
d0179006_23522696.jpg
におります。(ガキ使スペシャルをみながら…笑)
(部屋の整理をしていた時に出てきた横尾忠則氏「眠っている私」のポストカードより!)

d0179006_0573487.jpg去年はスイスの家で夫と、日本時間1月1日0時にプロセッコの1リットルボトルをあけたなぁ(→スイスはまだ夕方16時だった…その後スイスの0時を迎えるころにはできあがっていた笑)と思うと、あっという間でした。

やはり今年のことを考えるとまず思い浮かぶのが、3月11日の東北地方太平洋沖地震。
去年日本へ一時帰国した際に、「あの街のこども」という映画を観に行き、16年が経とうとしている阪神淡路大震災が今もなお自分自身の中に強く残っており、また忘れてはいけないということを再確認したところでした。その矢先に起こった震災だけに私の中ではショックも大きく、また(たとえ日本にいたとしても何もできていないだろうけれど)海外にいることが後ろめたく、もどかしく、起こったことが信じられず…というような2011年のスタートでした。
被災地の状況はまだまだ厳しく、不安が払拭されることが全くないということを、やはりこちらに帰ってくると日々のニュースからも感じます。
2012年、復興元年。
日々復興が進み、被災された皆様に安心が一日でも早く戻ってくることができることを心よりお祈り申し上げたいと思います。重ねて、私自身できることを今年も周りの方々と小さなことでも一緒にやっていきたいと思っています。

地震発生後、日本から離れた土地で支えとなったのは、夫や夫の家族、そして友達の存在でした。
特に日本人の友達には、生活面も含めていろんな面で助けていただいき、また情報交換させていただく中でつながりができたりと、気持ちの支えとなっていました。本当に感謝しています。

日本にいる友達もはるばる遊びにきてくれたり、メールや手紙やスカイプくれたりと、本当に距離を感じない。レスが遅くて有名(悪名高い?!)な私に我慢強くお付き合いしてくれて、本当にありがとう☆

今回は、家族や親戚と過ごす時間メインで帰国しているので、いつもに比べてゆっくり皆と過ごせて、そちらも充実。祖父母がいっきに老いていく様子を目の当たりにすると辛いものもありますが、人間老いていくもの。
一緒に過ごせる時間が限られているからこそ、その時間を楽しく過ごせたらいいなぁと思ったり。
普段は、家族や親戚の皆がサポートしてくれているので、安心できることもありがたいなぁと改めて思いました。

今回の帰国、11月はほぼ旅行(全力使い果たして、こちらブログにもかけておらず)で終え、その後は少し新しい世界をみてみたいなぁと着付けと華道に生まれてはじめて挑戦してみました♪(ママ友ひさちゃん先生、お世話になりました!今後もご指導よろしくお願いいたします!)


夫は、今はスイスの大雪の中。
d0179006_23474295.jpg
スキーできず、室内待機でスキー友恒例のボードゲーム「Eile mit weile
d0179006_134253.jpg
に白熱中だとか。(日本語でなんというのか知りません!が、私も小さな頃からお正月にこのゲームを家族でしていました!)

では日本に2011年もあと数分。
みなさま、よいお年をお過ごしください!
さて、年明けそばを食べようかな(笑)
年明けそばといえば、香川発で「年明けうどん」という習慣がじわじわ広がっているという話を今日耳にしました。
へ~!!
(四国新聞社 2011年12月31日「年明けうどん広がっとる県/全国制覇“王手”」
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20111231000072

2012年もどうぞよろしくお願いいたします~♪
by ca_rino | 2011-12-31 23:55 | わたしのこと

あっという間に、7月も終わり。
最近寒かったりしたのですが、昨日から夏が舞い戻った!
d0179006_06653.jpg
今のお天気、こんな感じです♪

7月後半から日中も涼しい日が多くて、夜なんて長袖きて窓も閉めて寝ないと翌日、「あれ?なんかノド痛い?!」というくらいまで気温が落ちたり。


先週は、前田さんとKRiさんに編み物教室をしてもらったり(前田さん、KRiさん、ありがとうございます~♪)、LuganoでGiannaさん、前田さん、そしてベルギーから3ヶ月限定でLuganoにお住まいのHさん親子とピクニックをしたり(Giannaさん、前田さん、Hさん、ありがとうございました~☆楽しくて、写真取り忘れてました‥)、先週末からは、夫の実家から友達カップルがサルデーニャ島帰りによってくれたり、スイスのZugから友達のMicalちゃんが泊まりにきてくれたり(はるばる、本当にありがとーー!!)、これまた実家から友達Toが泊まりにきてくれたり‥と、なんだかいろんな方と過ごす時間が多くて、楽しかったー!
と、今日久しぶりに家に一人だと、「なんだか寂しい」と気持ちすらなってしまった。
本当に、今の私って「毎日が夏休み」かも‥(⇒という、小説ありましたね‥)

d0179006_033997.gif


私の夫、今日で今の勤務地で働くのが最後です!
つまり転勤です!!
来週の2日から(1日は建国記念日でお休み!)勤務するのは‥

自宅から車で5分のところ(笑)
近っ‥

夫はそもそもイタリア語圏Ticino州での勤務は2年限定で、その後はドイツ語圏に戻るという契約だったのですが、「もう1年Ticino州にいたい!」という夫の希望で、1年延長となったのです。それに伴い、1年だけですが勤務地も希望どおり変更に。

今日は最後ということで、「やっぱり同僚やらお世話になった人に挨拶した方がいいんじゃないの?」という意見の一致で、ちょっとした気持ちを皆さんにお渡しすることにしたのですが‥

その品、こちら。
d0179006_23523975.jpg
d0179006_025760.jpg

Appenzeller Bärli-Biberという夫の出身地アッペンツェル地方の伝統的なジンジャーブレッドと、Appenzeller Alpenbitterという、こちらも伝統的なリキュール(アルコール度29%!)。

両方とも、アニスが含まれており、ちょっと癖のあるお味。
私は結構好きなんですが、地元の人でも「苦手~」という声も聞いたことあるのですが‥
こちら、

夫は地元から遊びにきてくれた友達Toに持ってきてもらった!のです。わざわざ。

そう、私の夫、地元LOVEなんです。


私の夫だけではなくて、夫の友達も皆、本当に地元が大好き!
実家のあるところは、鶏が放し飼いにされていたり、普段は牛のカウベルの音と教会の鐘しか聞こえないくらいの田舎なのですが、意外と皆地元に残って、そこから30分~1時間かけて仕事に行ったりもしています。


先々週、夫(スイス人、アッペンツェル州出身)、夫の同僚(スイス人、ティチーノ州出身)、夫の同期(スイス人、ツーク州出身)と私で食事にいったことがあったのですが、その時に夫は、

「皆には悪いけど、僕はスイス人というよりも、アッペンツェル人だから」
と断言しておりました。


昨日、友人To(スイス人、アッペンツェル州出身)とティチーノで2時間ほど散歩をしたのですが、

To:「ティチーノは、本当にいいところで好き。太陽あるし、この緑。いいところ~」
私:「でも、アッペンツェルが一番いいんでしょ?」
To:「
あたりまえ!!!!!アッペンツェルは最高!

といっておりました。


いや~地元愛。
でも田舎から若者が去っていくことが問題になっている一方で、これだけ地元大好きな中堅層が多いというのは、喜ばしいことだと思うし、地元が好きでそこに住んで皆で地域を盛り上げているというのはすてきだと思います。

d0179006_113084.gif
そんなわけで、取り寄せたお菓子とリキュール。
ティチーノの同僚達が好きな味ではないような気が私はしているのですが‥、ま、そんなことはどうでもいいのです、夫は。
ま、気持ちの品なので、気持ちが伝わればいいな~と私も思って賛成。

さて、「このまま渡すの芸ないやん!」というと、夫はパソコンであれやこれやと作っておりました。
で、昨夜は70セット近くを2人でカットして、巻きました、オリジナル熨斗(笑)
d0179006_0371666.jpg


この熨斗の絵も、「アッペンツェル人」を代表するもの。
また、この絵、気に入っていて、ネットでみつけてからいろんなこと(カードとか)に使っているのですが、今朝PCルームに入ってみると、こんなものが‥
d0179006_047433.jpg


えええ?!オリジナルステッカーにしている!
しかも文房具に貼り付けているし‥なにこれ!!


いくら地元LOVEとはいえ、ここまでしなくてもいいんちゃうの~と思った本日です。

明日は、友達のお父さんの誕生日ディナーに招待してもらったので、そちらにいってまります。
え、どこでかって?
もちろん、アッペンツェル方面です(笑)


d0179006_102857.gif
Appenzeller Bärli-Biber
http://www.baerli-biber.ch/
http://de.wikipedia.org/wiki/Appenzeller_Biber

⇒ばら売りは、COOPでも売っています。蜂蜜も入っていて、甘いお菓子です。


Appenzeller Alpenbitter
http://www.appenzeller.com/

⇒薬草が入っているので、まさに食事の後の消化にも飲んだり。胃の調子が悪いと「飲んでみたら?」と薦められることもあります。養命酒みたいな感じなのかな~。私は結構好きです。大きいボトルはCOOPにも売っていると思いますが、ミニチュア版は売ってないかもしれません。
by ca_rino | 2011-07-30 01:03 | わたしのこと

スイス生活2年目突入!

やっと夏日和にもどり?ました。
毎日真っ青な空で、本当に布団が干したい‥洗濯物を干したい‥
昨日も所用で朝家を出たので、朝7時から洗濯、20時に帰ってもう一度洗濯‥
一週間に一度なんて、「子どもがいる家はどうするのよ~!」という感じですが、ここのアパートの人々は勝手に当番の日以外に洗っているようです!
(仕方ないけど、断りいれずやるところがずるい!!うちの当番の日に一度普通に使われていた‥)


さて、1年前もこんな日だったなぁと思い出しました。
2010年の6月26日に家族や親戚や友達が来てくれて夜中に関空を出発。
そして、27日にマルペンサへ!
今日でスイス生活も2年目に突入です~♪
はやい!実質、日本にこの間計2ヵ月半帰っていたのですが、とはいえ2年目は2年目。
ブログもよく続いたものだな~としみじみ。


マルペンサには夫(当時は書類上はまだ彼だった!)が来る予定でした。
夫の家族は来るのがやっぱり難しいと聞いていたし(実家からチューリッヒの空港までは1時間ですが、マルペンサまでは4時間)、翌週会うことになっていたし、私は「全然問題ないよ~!」と。
そして、すっぴんの眼鏡&30キロの荷物をひきずり空港から出たわけです!

出口で、夫と再会!
そして荷物をもってくれた夫について、ちょっと出口から離れたところへ行くと!
「ガランガラン!!!!!!!」という福引特賞並の鐘の音!
d0179006_22292571.jpg←これを持った夫友人Cと、
d0179006_2229497.jpg










←これ!夫の出身州のAppenzellの伝統的なカウベル特大を持った夫友人T!
その後ろには夫両親!明らかに注目の的でしたが、うれしかったー!



(出典 地球の歩き方http://www.arukikata.co.jp/webmag/2005/0506/sp/050600sp_03_01.html)

「やられたーーー!!」
サプライズ!!
サプライズするのは、とても好きなのですが、されるとは思っておらず!!(だからサプライズなんでしょうけど‥)


「妹はね、来れなかったのよ」と。妹からも到着してから「いけなかったけどごめんね」という電話までもらっていたのですが。
Ticinoの家に着くと、家で
d0179006_2223435.jpg
d0179006_2226142.jpgこの2つを持って待っていました。

こちら妹作のメッセージTシャツ(「あなたがここにいてくれて、なんてうれしいんだ!」)と、家族や友達の写真つきでスイス全州を説明したアルバム!
中身こんな感じです↓
d0179006_22245767.jpg

本当にうれしかった!!

サプライズづくめで、始まった1年目でした。
絶対サプライズのお返しをしなくてはと心に決めた1年目でもあり♪、あっという間にその1年もすぎてしまいました。

最初は自分の家と思えなかった家も、夫の友達としてみていた友達もドイツ語できなくても自分の友達と思えるようになり、いつの間にか少しずつなじみはじめているのかな‥


スイス2年生!
今年はTicino最後の1年になりそうなので、もっと地元に関わってイタリア語も磨いて、日々ゆっくりとやっていきたいと思います♪


今日は、なんとイタリア兄さんが来ることに。
以前、何度か記事にも書きましたが、かなり強烈な人なんですよね‥この兄さん。
しかも今回は彼女と(私たち初対面!一度スカイプで紹介されたけど‥リアル対面!)一緒に来るので、ちょっと掃除に気合いれています!ドキドキ‥
今日はいろんな意味で乾杯かな♪
by ca_rino | 2011-06-27 23:13 | わたしのこと

そらのたび

4月ももう終わりですね。
日本はそういえばGWに入ったとか。こちらにいると祝日とかの感覚がまったくわからなくなります‥2日もてっきり休みかと思っていましたが、2日は平日なんですよね~今年は。

d0179006_7191339.jpg

本日、日本へ出発です!
私は約半年振りの帰国!
夫は去年の結婚式以来1年ぶり。
この1年、いろいろな予想もしていないことが起こりましたが、今は帰るのが楽しみです!
夫は私以上に楽しみなようで。

2人で日本へ行くのは(帰るのも)はじめて。
遠足みたいな気分で、先ほど空港で食べるパニーノとおにぎりを2人で作りました。

はじめての2人での帰国ということもあり、今回は祖父の一周忌法要と家族&親戚に会うのをメインにしているのですが、もし時間があえば友達にもたくさん会えればうれしいです。
友達からはいつもたくさんのパワーをもらっています。
いつもありがとう♪

日本でお金を使って、日本のものを食べて、いろんな人に会って、日本経済をはじめ日本に微力ながらも貢献できればと思います。


東北関東大震災 緊急支援クリック募金
by ca_rino | 2011-04-30 07:34 | わたしのこと

光に向かって開く花

かれこれちょうど4ヶ月前のブログ。
クリスマス翌日に歩いた白い世界@夫実家周辺。
(記事はこちら
見比べてみてください!
4ヶ月でこの姿☆
d0179006_21535254.jpg

d0179006_2156923.jpg
d0179006_21571970.jpg
d0179006_2159715.jpg

同じ場所です!
人口2000人ほどの村なので、犬が散歩するどころか、野原に鶏が‥
私、鳥類、特に鶏やチャボが子どもの頃から本当に苦手なんです。
イースター当日に散歩しているとあらゆるところで鶏の姿が‥最終的には涙がでました。それくらい苦手なのです‥が‥この風景。
日本の桜満開がみれなかったのは残念だけど、黄世界です!

d0179006_2211034.jpg
こちらは実家のすぐ裏の草原。もともとは湿地帯だったとか。日本での結婚式にきていただいた方には、ちょうど5年前、2006年5月末のこのまったく同じ景色をカードにしたものをお渡しさせていただきました。今年はやはり暖かかったようで、約1ヶ月も早く黄色世界。来週あたりには黄色満開になるそうです。
その頃は、私たちは新緑の日本です♪


d0179006_2222257.jpg
こちらは、翌日25日月曜日。前日の曇り空とはうってかわって、一面に青空。
すると、前日よりも黄色絨毯が広がっていた!!
たんぽぽの花がさらに開いていました。
数えていたわけじゃないですけど(笑)、目に見えてわかる変化!
見慣れているはずの夫でさえも、「おおおー」っというほどの驚き。

光にむかって、ぐっと花をひらいている姿をみると、今の日本の姿に重なりました。
d0179006_2234756.jpg
d0179006_225186.jpg

光にむかって、ゆっくりと歩んでいこう。


これからブログでは、日常のことも書きながら、継続して知る限りの支援の情報もご紹介できればと思います。言葉にできなくても、誰もが忘れることができない状況。
言葉足らずの微力な私のブログではありますが、少しでも何かのお役に立てればと、そんな想いを忘れずにこれからもほそぼそと書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!


by ca_rino | 2011-04-28 22:32 | わたしのこと

想いと支援の連鎖

今朝、高濃度放射線が飛散していることを知った。
このたびは、身体に影響があるぐらい高濃度とのこと。
恐れていたこと、そして絶対あってほしくないと祈っていたことが、起こりはじめています。


ただ、そんな状況下でも原発の安全性を高めようと必死に回復作業に取り組み続ける方がいること。
自分も被災していながらも、ボランティアとして現地で支援を行っている方がいること。
約1万人が安否不明となっていた同県南三陸町で今までひたすら生き抜くために救助を待っておられ、15日救助された2000名の方々。
そしてその救助に懸命に取り組まれている方々。
書ききれないほどの、人々の想いの強さと、生きる力の連鎖が生まれていることを改めて感じます。



この数日、ひたすらニュースを追っていました。
心配して毎日連絡をくれるスイスやイタリアに住む親族に、日本の報道で得た最新の情報をお伝えしながらも、ひたすら被害が拡大しないこと、死者が増えないことを願いながら情報を得る日々でした。

昨日、ドイツ語の授業でしたが、家を出る前はちょうど福島原発の燃料棒が再度むき出しになったという発表があったところ。「皆知っているだろうけど、今の状況をクラスメートで唯一日本人の私は伝えなければ」と思いながらも、重い足取りで授業に向かったわけです。
レッスンが始まる前、思わず泣いてしまいました。
地震当日に泣いて以来、絶対泣かないと心に決めていたのですが、本当に思わず流れていましました。
嬉し涙でした。
すでに来ていたクラスメートがすかさず私の周囲の人々の安否を聞いてくれ、クラスメートの一人のイタリア人のおっちゃんが「日本でこの地震が起こったと知ったとき、きみのことをすぐに想ったんだよ。そして、きみの身の回りの人たちはもちろん、日本にいる全ての人々の無事を願っていたんだよ‥」と。そして皆が口々に「日本人は、忍耐があって結束力が強い。あんたたちは絶対やってのけるよ。」と言ってくれたのでした。
「みなさんの心遣いと、各国の支援、ありがとう。絶対忘れません。」と言うのがやっとでした。


この時から、私は元気でいなければならないと気づいたのでした。
心は痛み続け、日本のことは片時も頭を離れることはありませんが、何ができるかといえば、被災地に笑顔が戻るように、私がまず笑顔でいれるような日々を築いていかなければならないということ。
そしてその元気をもって、できることをこちらで行い、それを何らかの形で被災地に届けること。
近所に住む日本人のお友達と、地域で私たちができること、考えはじめたところです。
ドイツのまさみさんはすでに具体的に動き始めておられ、そちらの情報も参考にしながら。
この想いとパワーを微力ながらも形にしていこう!と。


そして、「日本大震災を受け、県内各地では13日、本格的な支援活動が広がった。阪神大震災の教訓を生かそうと、住民ボランティアは不足する物資の提供を周辺住民に呼びかけ、神戸大学生らは被災地入り。神戸市なども追加支援を行った」(http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110314ddlk28040181000c.html 毎日新聞 2011年3月14日 神戸版より)とのこと。私の地元の方々も動いている。私もこちらでがんばらなければ。



最後に。
私にとって大切な人が作成し、彼女がスイス人、ドイツ人、イタリア人の知人にメールしたものを添付します。最後に日本語訳をつけてみましたが、これはイタリア語が第二言語である彼女のイタリア語を、イタリア語が第二言語である私が日本語に訳し、一部は私なりに意訳しています。原文のドイツ語とはもしかしたら直訳は異なっているかもしれませんが、彼女とは電話で何度か話しているので、意味はそれほど外れていないかと思います。ご了承ください。)


==================================================
Die wundersame Macht der guten Gedanken

Die aktuellen Geschehnisse in Japan machen alle betroffen. Natürlich wollen wir informiert sein. Aber anstatt nur den Berichterstattungen folgen und erschüttert zu sein, können wir noch mehr tun.
An der Oberfläche betrachtet ist es nicht viel, was wir für die Menschen in Japan tun können: Ich kann an die betroffenen Menschen denken und versuchen gute Gedanken und positive Energie zu erzeugen, denn „Gedanken werden zu Worten und Taten!“

Es ist nicht viel, was wir tun können, aber wir können JETZT damit beginnen Gedanken von Frieden, Liebe und Vertrauen zu denken. So tun wir etwas Gutes für uns selbst -und für die ganze Welt!

„Energie fliesst, wohin unsere Aufmerksamkeit gerichtet ist“

Jeder gute Gedanke zählt, auch deiner! Darum schick dieses Mail an alle deine Freunde! Danke!

===============================================
La miracolosa potenza del bene pensieri
Le notizie di Giappone fanno tristi tutti. Naturalmente vogliamo tutti essere informati. Ma invece seguire solo la copertura di notizie ed essere colpiti, possiamo fare di più: Sulla superficie, non è molto che potremmo fare per il popolo giapponese. Posso pensare alle persone e cercare di creare pensieri buoni e energia positiva; "pensieri diventano parole e fatti!".

Non è molto che possiamo fare, ma si può cominciare a pensare i pensieri di pace, amore e fiducia. Così stiamo facendo qualcosa di buono per noi e per il mondo!

"L’energia va dove la nostra attenzione è rivolta"!

Ogni pensiero buono conta, anche il tuo! Per quello manda questa e-mail ai tutti i tuoi amici! Grazie!


===============================================
想いがもつ奇跡的な力

日本からの知らせは、私たちみんなを悲しくさせました。
当然ながら、私たちは、すべての情報を共有していきたいと思います。
とはいえ、ただ情報の表面だけを追い、そこから影響を受けるだけではなく、私たちはもっとできることがあるんじゃないだろうか。
日本国民(や日本に住む人々)に直接的にできることはそんなに多くない。ただ、(日本のことや)日本の人々のことを想い、ポジティブな想いとパワーをつくろうとすることが私にはできるのではないか。
「想いは、言葉となり、そして現実となる。(⇒想いというのは、その相手にしっかり届くもの)」

できることは多くはない。とはいえ、平和、愛、信頼のことを考えはじめることはできるはず。
こうして、私たちは自分たちのためにも、そして世界のためにも何かできることを行いはじめているのじゃないのかと。
「パワーは私たちが想いをむける場所へと向かう!」

すべての想いは重なりあって、より強くなっていくもの。あなたの想いもその1つ。
だから、このメールをあなたの友達に送って(想いをつないで)いこう。ありがとう。

===============================================

「あの友達どうしているだろう。連絡してみようかな」と思って連絡してみると、「実は私も連絡しようと思っていたところだったの。」というような経験ってないですか?
私は、結構あります。
相手のことを想う時、お互いに想いをキャッチしているのかなと。

できることから、少しずつ!






by ca_rino | 2011-03-15 19:17 | わたしのこと

日本の地を踏む日@2011

ついに、日本行きのチケット!購入しました!!


5月1日着、20日発で帰ります♪
今回は祖父の1周期がちょうどこの期間にあたるので、もともとこの時期の帰国を考えていたのですが、それにしても楽しみ。
夫と国際線に乗るのも、実はこれが初めて。
私は一人でも飛行機結構楽しめてしまう派なのですが、それでも旅のお供がいるというのはこれまた楽しみです。


飛行機ですが、前回購入できなかったE社が購入できました。
やはり、エコノミーで荷物30キロまでというのは、魅力です!!

前回のトラブル(こちらの記事の下部です)の原因ですが‥
どうやら、なんらかの手違いということでした‥。

※「往復チケットを購入し、その片道を放棄したからといって、次回のフライトの予約ができないことはない」とのこと。→もちろん、罰金が科せられる可能性はあります。その旨は表記もありましたので。

※問い合わせフォームの返事がない→何かの手違いしか考えられない
⇒電話での問い合わせが一番ということで、スカイプから日本支社に連絡したらなぜかつながらなかったのですが、電話での問い合わせが確実なようです。


というわけで、前回はもろもろついていなかった模様。
今回は、とりあえずチケット購入まではなんとか無事に!

d0179006_1985722.jpg



こちらは、2008年度のグッドデザイン賞にも選ばれた「カモ井加工紙株式会社」のマスキンテープの1つ!
d0179006_18544192.jpg

カモ井のテープは、数年前から私も使っていたのですが、日本に全部おいてきてしまった。
こちらはレターセットや便箋もシンプルなものが多いので、忘れてきたのは残念‥
と思っていたら、12月に遊びに来てくれたFuちゃんのお土産の1つにこちらが入っていました!
Japaneseバージョン!
こちらでは、うけそうですね。ちょくちょく使っています☆

そして、カモ井テープ。
なんと、こちらでも売っていました!!
和柄が多かったかな‥やっぱり。
デザインの楽しさは、海を越えていた!
私は日本まで我慢です。

公式HPも見ているだけで楽しいです♪
カモ井加工紙株式会社 マスキングテープ
by ca_rino | 2011-03-10 19:22 | わたしのこと

今日は(日本はすでに4日ですが)、ひなまつりでしたね~。
今日は一人なので(夫はゴミになりにいきました‥)、ちらし寿司を作るのもな‥という感じです。
は、は、歯‥?
じゃなくて、はまぐりのおすまし!飲みたい‥。

日本から送った荷物の中に、雛人形をイメージした手まりをいれていたのですが届かず。
ということで、気持ちだけでもこちら!
d0179006_2165463.jpg


本日のイタリア語の授業で読んだのが、「縁起かつぎ」。
イタリアでは、アーティスト、特に舞台に立つ人々は色を気にするとか。
舞台が失敗したときに着用していた服、靴、帽子、およびその色は、「不運をもたらす物・色」として、その後は目にふれないようにするとか。逆に大成功を収めたときは、その日からラッキーカラーに変わると。
日本で縁起のいい色といえば、おめでたい赤と、純をあらわす白なんでしょうね。
数字は、どうやら奇数の1、3、5、7がいいとか。
今日3月3日もそういう思想からお祝い事をするようになったのだろうか?

d0179006_2115331.gif

さて、昨日の記事で1.5キロ増(戻ったけど)と書きましたが、そうそう、ティラミス2切れだけではそんなに増量しないですよね‥。
なぜ1.5も(戻った!!)増えたかというと、原因は
d0179006_226268.jpg

先週からはまっている、ビスコッティ作りも一因じゃないかと‥。

○コーヒーや紅茶と一緒に口に入れたくなるもの
○甘すぎず
○アレンジ自由自在
○簡単
ということで、ためしにやってみたらはまってしまいました。
いやー、お菓子作りなんてしちゃうなんて。「味見専門」だったのに。
こちら、バターの代わりに「オリーブオイル」を使っております。
香りがまたいいです♪

d0179006_21387.gif

というわけで、第一弾を先週の月曜日に、ドイツ語の先生Annaにプレゼントしたわけです。
というのも、その前日の日曜日が先生のお誕生日だということを知ったので。

で、今週の月曜日の授業が終わり、家に帰って夕食の準備をしていると、夫が「cArINo宛に電話だから早く出て!!」とのこと。
というわけで電話に出てみると、「誰???」っていうくらいかわいらしい声。
するとAnnaでした。

「邪魔してごめんなさいね。実は今日授業終わってからお礼をいいたかったんだけど、あなたすぐに帰ってしまったでしょ??ごめんなさいね。本当においしかったわよ。うれしかった!その事を伝えようと思って。お邪魔してごめんなさいね。」

という、お礼の電話。
喜んでもらえてうれしい☆
でもわざわざ、それを伝えるために、電話までしてきてくれたの?!

後々、考えてみました。
こういう気持ちというのは、すぐに伝えることが大切だなと。
「今日伝えられなかったけど、また再来週(来週はお休み)会うから、その時に伝えよう!」じゃなくて、喜んでもらえたことももちろんうれしかったし、「今日なんとか伝えたい」と思ってもらえたその気持ちももっとうれしかった☆
ちょっとしたことなんだけど、こういう心遣いがとってもうれしい!
私もできるようにしたいなぁ~。


d0179006_245356.gif

当分私のビスコッティ作りは続きそうです‥
試したのは、
○レーズン
○レーズン×アーモンド
○ココア
○チョコチップ
○黒ゴマきなこ
○ハチミツ
○シナモン

次は
○抹茶
○アールグレイ
をしてみようかと。

何かおすすめあったら教えてください!
え、また戻るよって?
リンダさんも歌っているじゃないですか。「もおどおにも止まらない~♪」って。
私はやってみたいという熱が上がりやすいので、ちょっと様子みておいてください(汗)
by ca_rino | 2011-03-04 02:52 | わたしのこと