より多くの人へ届け-スイスの中学生によるメッセージソング-

昨日、母から「日曜日の夜にNHKで世界の動画を紹介するコーナーで、日本語を知らないスイスの中学生たちが東日本大震災で被害にあった人達のために日本語で歌を歌っている動画が紹介されていて、とても感動した」というメールが入りました。

早速調べてみると、"震災復興のためのメッセージソング"「未来の友達」というタイトルでYouTubeで紹介されていました。
まずは、ぜひお聴きください。


SwissInfoでも12月に紹介されており(記事「スイスから日本に届け、「未来の友達」!」2011年12月10日付け)、すでにご存知の方も多いかもしれませんが、私はまったくしりませんでした。
音楽教師でもあるパスカル・ケーザーさんが制作し、スイス・ベルン州オースタムンディゲン(Osterm­undigen)市のデニコフェン(Dennikofen)中学校の生徒たちが、東日本大震災で被災した方々に向けて歌ったもの。
しかも全部「日本語」。もちろん彼らは日本語話者ではないのです。

聴いてみて、彼らの日本語がとても美しいことにもびっくりしましたが、何よりも元気をもらい、またとても心強く思いました。
時間が経ち、スイスで震災について取り上げられることも少なくなっている今だからこそ、この「忘れない」という気持ち、そして「これから」という前向きな気持ちにぐっときました。

YouTubeのコメント欄には制作関係者の方から「Facebook, Twitter, Mixiやブログなどで是非シェアしてください。よろしくお願いいたします。」と書かれていたので、こちらでもシェアさせていただくことにしました。

より多くの人にこのメッセージが届きますように‥
by ca_rino | 2012-01-19 02:30 | おねがい