イタリア×スイス、列車の謎

たまりたまった旅行記、さてどこから書こうか‥
ということで、直近から書くことにします!記憶に新しい‥
d0179006_2243928.gif

先週の木曜日の夜、急遽ヴェネツィアに行くことに決めました。
出発は翌日金曜日の夕方、帰宅は日曜日の午後。まさに弾丸。

私のイタリア兄さんに早速連絡をとると‥なんと週末は不在とのこと。ガク‥
とはいえ、イタリア兄さん宅の合鍵は手元にあるので、行けるときに行こう!と無理に決行!


金曜日の朝に、夕方のチケットを購入しにいくと、
「たぶんこの列車遅れるよー。いつも遅れるからリスク高いわよ!」という、窓口でのアドバイス。(いつも遅れるのに改善されないってねぇ‥)
親切な窓口の女性は、その前後の列車の時刻表も印刷してくれ、さらには、「もし一本早い電車に乗れそうなら、無料でチケット変更するように一言かいておくから、これを窓口で見せればいいわ!」と。親切すぎる!!
(列車の遅延によるチケット変更はもちろん無料です!)


そして、夕方、夫が仕事を終えて、荷物をもって予定の電車に乗ろうとすると‥
d0179006_212447100.jpg
でたーーー。
20分遅れ
ミラノ乗換え時間15分だったため、予定の乗り継ぎは無理‥ということで、ミラノーヴェネツィア間のチケットをスイスで変更。
結局は25分遅れで到着。

さて、いつもEuroCityに乗るときに出てくる謎。
(もし間違っていたらご指摘ください!)
EuroCityという特急列車は、イタリアでは座席予約が必須とされるようです。
なので、イタリアとスイスの国境のChiasso(キアッソ)から乗るときも、すでに座席指定があり、そこに座る‥という流れ。

一方で、スイス国内は基本指定席ありません。
なので、特急に乗ろうが、ローカル線に乗ろうが一等席か二等席かという指定は必要ではあるものの、座席指定は必要ありません。

では、次の場合はどうなるんだろう??
EuroCityチューリッヒ~ミラノ
(停車駅、チューリッヒ‥ベッリンツォーナ‥ルガーノ‥キアッソ‥ミラノ)
 ※途中省略しています。

~Aさんの場合~
 ・【行き先】チューリッヒ~ルガーノ
  ⇒EuroCity乗車であれ、スイス国内は座席指定必要ないため、好きなところに座れる。
 ・【座席】4車両目の25番席が空いていたため、着席。

~Bさんの場合~
 ・【行き先】ベッリンツォーナ~ミラノ
  ⇒EuroCityでイタリアにそのまま入国するため、すでに座席指定。
 ・【座席】4車両目の25番席指定。

Bさんがベッリンツォーナで乗車すると、すでにAさんが座っている。
とはいえ、Bさんは座席指定を持っているので、優先。
Aさんは席が空いていたら他にうつり、空いていなければ立ったまま?!
まさに、新幹線の「自由席」チケットの扱い?!
スイスでも「座席指定希望」といえば、座席指定になるんだろうか???


よくある最悪のパターンは、
ChiassoからEuroCityに乗車すると、私の指定席にすでに人が座っている。
というわけで、チケットを見せて「申し訳ないけど、ここは私の席なので」と言うと、

「今日は、座席指定解除されたから、空いているところに座るように言われた。私たちだって、もともと他の席をとっていて、そういわれてここに座っているので、今日はそういうことらしいわ」
という、なんとも理不尽な話。


ところが、このパターン、EuroCityにChiassoから乗ると毎回生じています。私の場合‥
座席指定解除ってどういうこと???
何のために、座席指定のお金を払っている(というか自動的に払わないといけなくなっている)の??

本当に意味不明です。
もしご存知の方いたら、この謎をといてください。お願いいたします。


ミラノは30分遅れで到着。
d0179006_21261014.jpg

ミラノの駅もお店が充実(特に本屋が入ったのがうれしい♪)してきたので、本屋で時間をつぶしヴェネツィア行きへ。

電車がここ数年代わり、内部もゆったりとした感じに。
d0179006_21272781.jpg


予定到着時間に1時間遅れて、23時頃到着。
d0179006_21285220.jpg


ちなみに、帰りは予定どおりに発車したものの、ひどい嵐に見舞われ、スローダウン。
そのまま12、3分送れて到着。
ミラノでの乗り換え時間が15分だったため、夫と猛ダッシュで走り、ぎりぎりセーフ。
いつもイタリア×スイスのEuroCityにはひやひやさせられます。
by ca_rino | 2011-09-22 22:03 | りょこう