想いと支援の連鎖

今朝、高濃度放射線が飛散していることを知った。
このたびは、身体に影響があるぐらい高濃度とのこと。
恐れていたこと、そして絶対あってほしくないと祈っていたことが、起こりはじめています。


ただ、そんな状況下でも原発の安全性を高めようと必死に回復作業に取り組み続ける方がいること。
自分も被災していながらも、ボランティアとして現地で支援を行っている方がいること。
約1万人が安否不明となっていた同県南三陸町で今までひたすら生き抜くために救助を待っておられ、15日救助された2000名の方々。
そしてその救助に懸命に取り組まれている方々。
書ききれないほどの、人々の想いの強さと、生きる力の連鎖が生まれていることを改めて感じます。



この数日、ひたすらニュースを追っていました。
心配して毎日連絡をくれるスイスやイタリアに住む親族に、日本の報道で得た最新の情報をお伝えしながらも、ひたすら被害が拡大しないこと、死者が増えないことを願いながら情報を得る日々でした。

昨日、ドイツ語の授業でしたが、家を出る前はちょうど福島原発の燃料棒が再度むき出しになったという発表があったところ。「皆知っているだろうけど、今の状況をクラスメートで唯一日本人の私は伝えなければ」と思いながらも、重い足取りで授業に向かったわけです。
レッスンが始まる前、思わず泣いてしまいました。
地震当日に泣いて以来、絶対泣かないと心に決めていたのですが、本当に思わず流れていましました。
嬉し涙でした。
すでに来ていたクラスメートがすかさず私の周囲の人々の安否を聞いてくれ、クラスメートの一人のイタリア人のおっちゃんが「日本でこの地震が起こったと知ったとき、きみのことをすぐに想ったんだよ。そして、きみの身の回りの人たちはもちろん、日本にいる全ての人々の無事を願っていたんだよ‥」と。そして皆が口々に「日本人は、忍耐があって結束力が強い。あんたたちは絶対やってのけるよ。」と言ってくれたのでした。
「みなさんの心遣いと、各国の支援、ありがとう。絶対忘れません。」と言うのがやっとでした。


この時から、私は元気でいなければならないと気づいたのでした。
心は痛み続け、日本のことは片時も頭を離れることはありませんが、何ができるかといえば、被災地に笑顔が戻るように、私がまず笑顔でいれるような日々を築いていかなければならないということ。
そしてその元気をもって、できることをこちらで行い、それを何らかの形で被災地に届けること。
近所に住む日本人のお友達と、地域で私たちができること、考えはじめたところです。
ドイツのまさみさんはすでに具体的に動き始めておられ、そちらの情報も参考にしながら。
この想いとパワーを微力ながらも形にしていこう!と。


そして、「日本大震災を受け、県内各地では13日、本格的な支援活動が広がった。阪神大震災の教訓を生かそうと、住民ボランティアは不足する物資の提供を周辺住民に呼びかけ、神戸大学生らは被災地入り。神戸市なども追加支援を行った」(http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110314ddlk28040181000c.html 毎日新聞 2011年3月14日 神戸版より)とのこと。私の地元の方々も動いている。私もこちらでがんばらなければ。



最後に。
私にとって大切な人が作成し、彼女がスイス人、ドイツ人、イタリア人の知人にメールしたものを添付します。最後に日本語訳をつけてみましたが、これはイタリア語が第二言語である彼女のイタリア語を、イタリア語が第二言語である私が日本語に訳し、一部は私なりに意訳しています。原文のドイツ語とはもしかしたら直訳は異なっているかもしれませんが、彼女とは電話で何度か話しているので、意味はそれほど外れていないかと思います。ご了承ください。)


==================================================
Die wundersame Macht der guten Gedanken

Die aktuellen Geschehnisse in Japan machen alle betroffen. Natürlich wollen wir informiert sein. Aber anstatt nur den Berichterstattungen folgen und erschüttert zu sein, können wir noch mehr tun.
An der Oberfläche betrachtet ist es nicht viel, was wir für die Menschen in Japan tun können: Ich kann an die betroffenen Menschen denken und versuchen gute Gedanken und positive Energie zu erzeugen, denn „Gedanken werden zu Worten und Taten!“

Es ist nicht viel, was wir tun können, aber wir können JETZT damit beginnen Gedanken von Frieden, Liebe und Vertrauen zu denken. So tun wir etwas Gutes für uns selbst -und für die ganze Welt!

„Energie fliesst, wohin unsere Aufmerksamkeit gerichtet ist“

Jeder gute Gedanke zählt, auch deiner! Darum schick dieses Mail an alle deine Freunde! Danke!

===============================================
La miracolosa potenza del bene pensieri
Le notizie di Giappone fanno tristi tutti. Naturalmente vogliamo tutti essere informati. Ma invece seguire solo la copertura di notizie ed essere colpiti, possiamo fare di più: Sulla superficie, non è molto che potremmo fare per il popolo giapponese. Posso pensare alle persone e cercare di creare pensieri buoni e energia positiva; "pensieri diventano parole e fatti!".

Non è molto che possiamo fare, ma si può cominciare a pensare i pensieri di pace, amore e fiducia. Così stiamo facendo qualcosa di buono per noi e per il mondo!

"L’energia va dove la nostra attenzione è rivolta"!

Ogni pensiero buono conta, anche il tuo! Per quello manda questa e-mail ai tutti i tuoi amici! Grazie!


===============================================
想いがもつ奇跡的な力

日本からの知らせは、私たちみんなを悲しくさせました。
当然ながら、私たちは、すべての情報を共有していきたいと思います。
とはいえ、ただ情報の表面だけを追い、そこから影響を受けるだけではなく、私たちはもっとできることがあるんじゃないだろうか。
日本国民(や日本に住む人々)に直接的にできることはそんなに多くない。ただ、(日本のことや)日本の人々のことを想い、ポジティブな想いとパワーをつくろうとすることが私にはできるのではないか。
「想いは、言葉となり、そして現実となる。(⇒想いというのは、その相手にしっかり届くもの)」

できることは多くはない。とはいえ、平和、愛、信頼のことを考えはじめることはできるはず。
こうして、私たちは自分たちのためにも、そして世界のためにも何かできることを行いはじめているのじゃないのかと。
「パワーは私たちが想いをむける場所へと向かう!」

すべての想いは重なりあって、より強くなっていくもの。あなたの想いもその1つ。
だから、このメールをあなたの友達に送って(想いをつないで)いこう。ありがとう。

===============================================

「あの友達どうしているだろう。連絡してみようかな」と思って連絡してみると、「実は私も連絡しようと思っていたところだったの。」というような経験ってないですか?
私は、結構あります。
相手のことを想う時、お互いに想いをキャッチしているのかなと。

できることから、少しずつ!






by ca_rino | 2011-03-15 19:17 | わたしのこと