ビッグイベント3日目後半☆スイスからちょっとドイツへ

8月の親戚チームの旅日記。
3日目でとまっていました。。。
今回、帰国の際に母からも「あの旅日記、どうなってるの?って知人からも言われたよ」と言われ、ちょっと再開しなくちゃ…というわけで、懐かしい夏を思い出して、更新します。

さて、
2010年8月20日





St.Gallen(サンクトガレン)の後は、ボーデン湖の向こうの、Lindau(リンダウ)という町へ。
この町は、スイスではなく、ドイツなんです。

ボーデン湖岸の町、Rorschach(ロールシャハ)から
d0179006_0461492.jpg


船に乗り、ボーデン湖の対岸ドイツへ。
d0179006_291436.jpg


船の所要時間は1時間程。
天候もよく、光がきつい。
ヨーロッパの人は心地よさそうに日光浴。
一方で、こんな怪しい集団が…
d0179006_27201.jpg

写真だけ撮って、他人のふり(笑)して去りました。


d0179006_295148.jpg

そして、ボーデン湖に浮かぶ島、Lindau(リンダウ)へ。
ヴェネツィアはアドリア海に浮かぶ島、リンダウはボーデン湖に浮かぶ島。
d0179006_2131249.jpg
それらが共通しているのか、主のように見守るライオンの像。何か関連あるのか…?!
塔の上のニコちゃんマークがかわいい☆

島に到着して、解散。各自自由行動。
そんなわけで、私は夫と夫父と町の中と散歩。

町全体が文化財保護の対象となっているというリンダウ。
そんなわけで、町では壁がキャンバスになったような建物がみえる。
d0179006_2101322.jpg
こちらは16世紀にできたとされる市庁舎。


d0179006_211698.jpg
d0179006_2112518.jpg

すると
d0179006_2125589.jpg
ケバブを食べる従弟2人を発見!


実は、私たちには翌日の結婚式までにやり遂げないといけないミッションがあったのです。
というのも、従弟・地球服に教会婚の署名人をお願いしようと思っていたのですが、まだ本人に頼んでおらず、式までにお願いしなくては、というもの。

教会婚でも署名人が必要なのですが、今回無宗教の私を教会での式を了解してもらい、「ということで、署名人もカトリックの人ではなくてもいいですか?」というと、そこも快くOK。
そんなわけで、私は日本から来てくれる従弟にお願いしたいと思い、神父さんとの打ち合わせでも彼の名前を勝手に書いてしまったわけですが、お願いするのは電話ではなく、対面でお願いしたいという私たちの想いで事前にお願いしていなかったのですが…気づけば前日?!するとその従弟に遭遇!しかも、もう一人の従弟セイがお手洗いに行きたいということ+夫父がベルトをみたいということで、一瞬私と従弟と夫の3人に!
今しかない!!
d0179006_2104955.jpg
ということで、この市庁舎裏の下で、お願いをして、OKしてもらいました☆
ほっ。よかった☆


その後また、集合して船に乗り込む。
従弟とくとくのお嫁さんの下調べ情報では、ここではハンドクリームが激安でおみやげにはぴったりとのこと。何も買ってない。残念。

青春、夫父
d0179006_213261.jpg
の横で…

辞書のイタリア語+ドイツ語会話で盛り上がる私たち3人…。
d0179006_213445.jpg


その後は、ロールシャハの湖沿いのレストランへ。
ここが、結婚式ゲストである私の友人達との待ち合わせの場所。
前日に別れたミネラル+misavvyはチューリッヒから、大学の先輩チームはTGVでフランスより。プラザの先輩チームはドイツの旅を経てサンクトガレンから。
友人夫婦であり、イタリアでヴェネツィアングラスの工房l'alberoを営むKanaeさん+Piさんはベルニナ急行の旅を経て。
みなさん、無事到着!!ようこそ☆
d0179006_2135936.jpg


飲んで食べてとわいわいした後、夫父の友人達が迎えにきてくれた車でホテルへ。
この日からホテル(というかペンション)を全部貸していただくことになっていたので、まさに合宿のような感じ。

そして夜は夫実家に、打ち合わせに行ったのですが…
まだ1つだけ準備が終わっていない私たちは、落ち着かない。。。

d0179006_2141745.jpg

先輩なおさんとリサさんが持ってきてくださった梅干し。
大好物…。「一日一個にとどまります!!」と大宣言したのに、4日間で食べきりました(笑)
かっぱえびせんもびっくりです(笑)
by ca_rino | 2010-11-02 13:40 | いべんと