自ら行く

こんにちは。
今日も快晴。
窓開けていても今日は風がなく暑いです。


金曜日の夜から、夫の実家のAppenzell(アッペンツェル)へ帰っていました。
※エキサイトの地図機能は、国内限定でした。残念!

ドイツとオーストリアの国境近くの州です。

やはり北だけあって、涼しかった。
田舎ですが、まるで北海道の美瑛のようなところで、避暑地には抜群。
その話はまた今度。



先日、日本からの船便荷物が6箱、本日3箱届きました。



d0179006_21493985.jpg
早かった!
第一弾は、5月1日に、第二弾は、5月15日につきました。
・大阪の郵便局では、目安は2ヶ月(←まさに!)
・地元の郵便局では、3ヶ月
・ベルギー人の友人からは、4ヶ月(経験談)
と聞いていたので、びっくりです。
船便は、5キロで4500円程度で、これだけ早いなら安くてお手軽です。
こんなに早くつくなら、食料品いれておけばよかった。
何を思ったのか、片栗粉とわかめとかつおぶししか入れていませんでした。


その第一弾の荷物ですが、家にもってきてくれたみたいですが、どうやら掃除機をかけていて気づかず。
不在票がはいっていたのですが、日本ではまた連絡したら届けてくれるので、どこにその番号が書いてあるのか探してみても‥ない。

結局、最寄の郵便局までとりに行かなければならないと判明しました。
え?!大変。
車ない人(たぶん皆持っている)や高齢の方なんかはどうするんだろう。
しかもあいている時間が、午前中と、午後2時から夕方6時くらい。
働いていたら‥無理ですよね。
どういう仕組みなのか。
また聞いてみます。
結局、金曜日に車でとりに行きました。


そんな経験があったので、今日はすかさずインターホンにでて、第二弾は持ってあがってもらいました。
郵便局員さんも、スリッパにTシャツとカーゴパンツにサングラスと‥ラフ。
とはいえ、丁寧に対応していただき、助かりました。




自分で行くという言う意味では、粗ごみ捨てるのも同じ。
回収のようなサービスがないことが判明。



d0179006_2211988.jpg
正確には、その自治体に何箇所か、粗ごみステーションのような場所があり、そこに捨てにいかなければならないというもの。
ペットボトル、ボロ布、ガラス、アルミ等がその対象です。



d0179006_2265640.jpg
ちなみに、私たちの村には、(村といっても結構広いんですが)2箇所しかない。
私は、日本ではマンションに住んでいたので、マンション所定のゴミ捨て場に出しに行くというのが当たり前だったので、またまたびっくりです。
でも、こちらではそれが当たり前のようで、逆に驚かれました。




d0179006_2285814.jpg
ガラスは、ガラスの色によって捨てる場所も分けてありました。









日本では、やはりいろいろとサービスが充実しているというか、便利すぎるというか。
その生活があたりまえだったので、今は、ゴミ捨て一つをとっても新鮮です。



ではでは、すてきな時間をお過ごしください☆
by ca_rino | 2010-07-05 22:15 | せいかつ